2015.08.24

砂糖水よりも、塩対応よりも。「たんこぶ」には冷た~い応急処置が効く!


夜中にトイレに行く途中、暗がりの中でゴンッ!
よそ見をしながら歩いて、電信柱にゴンッ!
我が子に固いもので叩かれて、ゴンッ!

不意にアナタを襲う、頭の痛み。

そしてその後に出来るのが「たんこぶ」です。
かわいらしい名前をして、やけに目立つし、本当に困ったものですね。

そんな「たんこぶ」には、とにかく冷た~い対応が効くのです。

「たんこぶ」って、そもそも何モノ?

頭には、ヒトのカラダの中で最も大切な「脳」があり、これを守っているのが「頭蓋骨」だということは、皆さんご存知ですよね?

頭の皮膚には細かい血管がたくさんありますが、強い衝撃を受けることで、これが破けて出血します。
さらに、その辺を流れているリンパ液もジワジワと出てくるのです。

これにより、頭の皮膚がド~ンと腫れ上がってくるのが、「たんこぶ」の正体です。

たんこぶが出来たら、その日から一週間は、吐き気や強い頭痛がないか、気を付けておきましょう。

特に、幼児の場合、頭を打ってから48時間は、機嫌やこぶの出来具合、手足の動きに異常がないか、おう吐がないかをしっかりと観察します。
1歳くらいまでの赤ちゃんに、直径5㎝以上のたんこぶが出来たら、迷わず救急車を呼びましょう。

「たんこぶ」には、とにかく冷たい態度が正解。

イイ大人に「たんこぶ」が出来たら、やるべきことはひとつです。
とにかく冷やすこと!

冷やし方は人それぞれですが、

1.小さなビニール袋に氷を入れる
2.水が漏れないように、しっかりと袋の口を縛る
3.たんこぶに当てる

基本的には、この一連の流れです。


そして、たんこぶが出来た当日は、スポーツや入浴、アルコールなど、カラダを温めてしまうことは極力避けましょう。

なお、高齢者と幼児の場合、いずれも、頭の中の症状が重くなる可能性がありますので、十分に気をつけてください。

もしも、血が出たら

ぶつけた衝撃で、皮膚が裂けて、出血することがあります。
ごく小さな傷ならば、キレイな布を当てて、しばらく押さえていれば止まります。

しかし、ダラダラと出血が止まらないような場合は、病院に行くのが正解です。

ほとんどのケースは救急車を呼ぶほどではありませんが、場合によっては頭の中の検査をした方が良い場合もあります。

特に、交通事故などの場合は、後々の補償の内容も変わってきますので、すぐに病院へ行くことをオススメします。

「たんこぶ」に砂糖水?本当に効く?

時々、『たんこぶには砂糖水が効く』と耳にします。
しかし、これには賛否両論があります。

砂糖水で冷やす方が、より良く治るという確かな証拠はありません。
経験上そうだった、ということはあるかもしれませんが、たんこぶと砂糖の関係は、未だよく分かってはいません。

なお、頭に強い衝撃受けると、多くの場合は「たんこぶ」だけで済みますが、中には脳内へも衝撃が伝わり、そこで出血していることもありますので、要注意です。




以上、たんこぶが出来たら、とにかく冷やす!
もしも目の前にかき氷があったら…
シロップのかかっていない部分の氷で冷やすのが正解ですね。


以上、たんこぶについてのティップスでした。





NEXT/STORY