トップ 自動車保険の種類|任意保険ってどんなもの?補償プランを決定する前にチェック

自動車保険の種類|任意保険ってどんなもの?補償プランを決定する前にチェック

自動車保険には、大きく分けて2つの種類があります。法律で加入が義務づけられている 「自賠責保険」と、加入の義務がない「任意保険」です。しかし、万が一の事故の際には自賠責保険の補償だけでは不十分な可能性が高いことから、多くの人は幅広く損害をカバーできる任意保険に加入しています。この記事では、任意保険の種類やそれぞれの補償範囲、加入の際の注意点などについて解説します。

INDEX

自動車保険(任意保険)の種類と対象

相手方への補償(賠償責任保険)

  1. 人に対する補償(対人賠償責任保険)
  2. 物に対する補償(対物賠償責任保険)

自身・同乗者への補償(傷害保険)

  1. 人身傷害補償保険
  2. 搭乗者傷害保険
  3. 無保険車傷害保険
  4. 自損事故保険

車両の補償(車両保険)

自動車保険(任意保険)へ加入しないことのリスク

  1. 賠償額が自賠責保険の補償額を上回るケース
  2. 相手が任意保険未加入のケース

まとめ

自動車保険(任意保険)の種類と対象

法律で加入の義務がない自動車保険の「任意保険」は、損害の補償対象により3つの種類に分けることができます。具体的には、事故で相手を死傷させた、あるいは相手の物を壊して法律上の損害賠償責任を負ったときに補償を受けられる「賠償責任保険」、運転者や同乗者が事故でケガをしたときなどに補償を受けられる「傷害保険」、偶然の事故で契約車両が損害を被ったときに補償を受けられる「車両保険」に分かれます。さらに、賠償責任保険は2つに分かれ、傷害保険は4つに分かれます。それぞれの保険について、詳しい内容を見ていきましょう。

自動車保険の種類 強制保険 任意保険

相手方への補償(賠償責任保険)

事故の相手方に対する補償については、大きく分けて2つあります。「人に対する補償(対人賠償責任保険)」と「物に対する補償(対物賠償責任保険)」です。

相手方に対する補償 人に対する補償 物に対する補償

人に対する補償(対人賠償責任保険)

契約車両の使用や管理などが原因で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負ったときに、自賠責保険から支払われる金額を超える部分に対し保険金が支払われます。相手を損害の補償対象とするので、被保険者や被保険者の配偶者、親、子が事故でケガなどをしても保険金は支払われません。交通事故で他人を死傷させたときに保険金が支払われる点がポイントです。

また、重大な人身事故を起こすと損害賠償金は高額になるため、対人賠償保険の保険金額は無制限が基本となっています。1つの事故に複数の被害者がいる場合、それぞれの被害者に対し設定した保険金額を上限として保険金が支払われます。

物に対する補償(対物賠償責任保険)

自動車の使用や管理などが原因で他人の財物に損害を与えて、法律上の損害賠償責任を負ったときに保険金が支払われます。

店舗や営業車両などに損害を与えて生じた休業損失も、補償の対象としています。他人の財物を損害の補償対象とするので、被保険者や被保険者の配偶者、親、子の財物に損害を与えても保険金は支払われません。したがって、運転操作を誤って自宅の塀を壊しても補償を受けられないので注意しましょう。

事故の相手が店舗や営業車両などの場合だと、損害賠償金額が1億円を超えることもあります。損害賠償金額が大きくなることがあるため、保険金額は対人賠償保険と同様に無制限が基本となっています。

自身・同乗者への補償(障害保険)

自身や同乗者への補償のための傷害保険は、以下の4つに分けられます。

自身や同乗者のケガに対する補償

人身傷害補償保険

自動車に乗車中の人が事故で死傷した場合に、契約時に設定した保険金額の範囲内で実際の損害額(保険の約款に記載されている基準・計算方法で算出)が過失割合にかかわらず支払われます。

相手側との示談成立を待たず保険金が支払われる点がポイントです。人身傷害補償保険は、車内のみを補償の対象にするタイプと、車内と車外を補償の対象にするタイプに分かれます。前者は契約車両に乗車中の事故、後者は契約車両に乗車中の事故と被保険者とその家族においては他の自動車に乗車中の事故、歩行中や自転車に乗車中などの事故を補償の対象とします。補償の範囲が狭い前者の方が保険料は安くなります。

搭乗者傷害保険

契約車両に乗車中の人が、自動車の運行などが原因の急激かつ外来の事故により死傷した場合に、契約時に決めた保険金(=定額)が運転者の過失割合にかかわらず支払われます。契約車両に乗車していた運転者だけでなく、助手席や後部座席に乗車していた人も補償を受けられる点がポイントです。支払われる保険金は、部位別、症状別に決まっていることが一般的です。

無保険車傷害保険

無保険車と事故を起こして運転者や同乗者が死傷し、十分な補償を受けられないときに保険金が支払われます。ここでいう無保険車とは、一般的に以下のいずれかに該当する場合を指します。

・任意の自動車保険の対人賠償保険に加入していない
・任意の自動車保険の対人賠償保険に加入しているが、何かしらの理由で保険金が支払われない
・任意の自動車保険の対人賠償保険に加入しているが、支払われる保険金が被害者の損害額に達しない
・ひき逃げなどで加害者がわからない

自損事故保険

相手に過失がない事故やガードレールに衝突するなどの単独事故で、契約車両に乗車中の運転者や同乗者が死傷した場合に保険金が支払われます。支払われる保険金は、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金、介護費用保険金などです。通常、自賠責保険や人身傷害補償保険などから保険金が支払われる場合は、これらが優先されます。

車両の保険(車両保険)

車両保険は、偶然の事故で自身が契約している車両に損害が生じた場合に補償される保険です。例えば、車対車の事故で契約車両が壊れたときや契約車両が盗まれたとき、契約車両にいたずらをされたときなどが挙げられます。

自身や同乗者のケガに対する補償

車両保険には、幅広い事故を補償の対象とする一般型と補償の範囲を限定することで保険料を抑えたエコノミー型(保険会社により呼び方は異なります)などがあります。補償の範囲を比較すると以下のようになります。

一般型 エコノミー型
他人の自動車との接触や衝突
火災・爆発・台風・洪水・高潮・騒じょう
飛来中または落下中の物との衝突
落書きやいたずら
盗難
単独事故 ×
当て逃げ ×
地震・噴火・津波 × ×

(車両保険は補償範囲によってタイプが異なる)

相手のいない単独事故や当て逃げによる損害は、一般型の車両保険でないと補償されません。また、地震・津波・噴火による損害は、一般型・エコノミー型とも補償の対象外となっています。

自動車保険(任意保険)へ加入しないことのリスク

自動車保険(任意保険)への加入は自身の意思で決められます。ただし、以下のリスクがあるので、自動車を運転する方は契約するべきと考えられています。

賠償額が自賠責保険の補償額を上回るケース

自動車保険(任意保険)に加入しない方の中には、自賠責保険だけで十分と考える方がいます。このように考えている方は、自賠責保険の補償対象と補償上限額を理解しておかなければなりません。自賠責保険が補償の対象とするのは対人賠償だけです。補償上限額は、相手が死亡した場合で3,000万円、相手がケガをした場合で120万円、相手に後遺障害が生じた場合で4,000万円となっています。

以上の金額は、過去の裁判で認定された総被害額を見ると十分ではありません。41歳の開業医が亡くなった事故で認定された総被害額は5億2,853万円、21歳の大学生が後遺障害を負った事故で認定された被害総額は3億9,725万円です。

出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況 2019年度(2018年データ)」

自動車保険に加入していない場合、自賠責保険から支払われる保険金を超える部分は自身で負担することになります。被害者に十分な補償を行えないうえ、事故により人生が一変してしまう恐れがあるため、自動車を運転する方は自動車保険に加入するべきと考えられているのです。ちなみに、自賠責保険は交通事故被害者の救済を目的とする保険なので、対物賠償は補償の範囲外となっています。自動車保険に加入していない場合、物損事故で負った損害賠償金は全額自身で支払わなければなりません。

相手が任意保険未加入のケース

自動車保険(任意保険)に加入しないリスクとして、事故の相手が自動車保険に加入していないケースも挙げられます。特に、注意したいのが自身に過失のない「もらい事故」などです。自身に過失がない場合は、保険会社が示談交渉を代行できないため、自動車保険に加入していない相手と直接交渉することになります。相手が自動車保険に加入していない場合、損害賠償請求をしても損害賠償金を払ってもらえない可能性が考えられます。示談交渉が進まないと、膨大な金額を自身で支払う必要も出てきてしまいます。

任意保険に加入しておけば、契約している人身傷害補償保険や車両保険などから保険金が支払われる可能性があります。また、多くの自動車保険は無保険車傷害保険を自動付帯としているので、こちらから保険金が支払われる可能性もあります。さまざまなリスクに備え、自動車保険(任意保険)に加入しておくべきといえるでしょう。

まとめ

自動車保険(任意保険)には、賠償責任保険、傷害保険、車両保険の3種類があります。賠償責任保険は事故で相手を死傷させたときや、相手の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負ったときに保険金が支払われる保険、傷害保険は事故で運転者や同乗者が死傷したときなどに保険金が支払われる保険、車両保険は偶然の事故で契約車両に損害が生じたときに保険金が支払われる保険です。損害の補償対象が異なるので、内容を理解してから補償プランを選択することが重要です。また、補償の対象、補償の上限額とも限定されている自賠責保険では、あらゆるリスクに備えられません。万一のリスクに備え、任意保険の加入を検討しましょう。

下記のリンクから一括見積もりをすることができます。
一括見積もりなら、入力は5分ほどでできますので、ぜひ気軽にお見積もりをしてみてくださいね。

自動車保険一括見積もり

いかがでしたか?

自動車保険は種類が多いので、この記事を読んでそれぞれの特徴をつかんでみましょう。
基本的な知識を身につけて、保険料金が割安なダイレクト型自動車保険を検討してくださいね。