2017.07.07

私、ご案内ロボットのミツモッターです。見積もりドリヴンで参らせていただきます。

ある日、俺は猛烈に引っ越したくなって、物件探しに出かけた。









不動産屋にて



コンシェルジュ





こういったのは、いかがでしょうか。

お客様の空気感と言いますか、目力との相性も良さそうですが。




俺





そうですか。

まあ、目は関係ないと思いますけど。




コンシェルジュ





失礼いたしました。

しかし、ここはオススメですよ。
他のところには、まず出回ってないはずです。




俺





お、そのレア度は刺さりますねぇ。


たしかに、見た感じ、スゴくいいですよね。
欠点という欠点はひとつもなさそうですし、オシャレ感もあって。

ただね、もう1グレード上の方がいいんですよね。
さらに欲を言えば、角部屋がいいんですわ。




コンシェルジュ





お、その感じは、お客様、成功者ですねぇ、いやらしいですねぇ。


そうなると、ちょっと待ってくださいね。
他にめぼしい物件があったと思いますので。
とっておきのがあったかと。




俺





ん、はいはい。



コンシェルジュ





・・・・・



俺





・・・・・



コンシェルジュ





うっわ。


スゴいの、ありました。


これ。


これは、だいぶ気に入ってもらえるんじゃないかと。




俺





ほぅ。



コンシェルジュ





ね、いかがですか?



俺





なるほどぉ。

なんか、メロウやね。




コンシェルジュ





ですよね、ですよね!

じゃあ、見に行きましょう。
すぐ見に行きましょう。
もう、すぐさま内見に参りましょう。




俺





うん、ちょっと待ってくださいね。
まだ見てるので。




コンシェルジュ





ちなみに、この物件はハイレベルすぎて、案内は私ではなく、それ用の専門がおりますので。

少々お待ちを。




俺





へぇ、そうなんですか。

しきりに面白いですね。




コンシェルジュ





えぇ、私では完全に分不相応なので、コイツに任せることになってるんですよ。



ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。






ミツモッター登場





俺





・・・・・



コンシェルジュ





コイツがお客様をご案内いたします。



俺





・・・・・



ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。




コンシェルジュ





では、出発しましょうか。



俺





いやいやいや。



コンシェルジュ





はい。



俺





めっちゃ気持ち悪くないですか?
クセ出すぎちゃいます?

あとね、お兄さんが“コイツ”って呼んでて、いきなり丁寧な感じがどっか行ってもうてるのが、だいぶ不穏ではあるよね。




コンシェルジュ





そうですか?



俺





うん、ドチャクソ気色悪いよ。
外見もさることながら、発する言葉も、全部が気持ち悪いね。

そのデザイナーってどんな人?




コンシェルジュ





たしか、森さんっていう方だと聞いてます。

なんか、会う人会う人に『これ今日○○meets森じゃん!○○さんミツモリだね!!』って言うのが口癖のようでして。

それもあって、コイツの名前もミツモリ的な響きになったっていう、もっぱらの噂です。




俺





めちゃめちゃ気色悪いやん。
相当なイカレポンチやん。

もう、それですやんか。
そこが震源地ですやん。
森氏の要諦でトータルコーディネートされてもうてますやん。




ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。




俺





ていうか、これ、さっきからずっと同じことしか言ってないけど、大丈夫ですか?



コンシェルジュ





はい、そこはご心配なさらず。
物件の敷地内でしっかり機能するように、プログラムされてますので。




俺





いや、そういうことじゃなくて。



コンシェルジュ





さあ、準備も整いましたので、行きましょうか。



俺





・・・・・



コンシェルジュ





・・・・・



俺





車ですか?



コンシェルジュ





そうですね、だいたい15分もあれば。



俺





了解です。





一同、物件へ






マンション到着



コンシェルジュ





到着しました!

いかがですか、この煌き。
ハンパじゃないでしょう。




俺





これは、オーラというか佇まいがエグいですねぇ。

こんなマンション、日本で建てちゃうんですか。
しかも、ここらへんって、環境いいですよね。





コンシェルジュ





そうですね。

コンビニ、スーパー、銀行、公園、美しい人、ほぼほぼ揃ってますしね。




俺





まあ、美しい人、大事ですよね。

コンビニの本棚に並ぶ女性誌の割合が20%超えてるような場所って、治安もいいって言いますしね。




コンシェルジュ





さすが、お目が高いですけど、お客様は女性ではないので、特にそのようなことを考える必要性は、どこにもございません。



俺





いや、お兄さんが振ってきたから、乗っただけやがな。



ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。




コンシェルジュ





では早速、そこのエントランスからは、コイツがご案内差し上げますので。



俺





ちょっと。

え、お兄さんは来ないんですか?




コンシェルジュ





来ないですよ。



俺





いやいや、来たらよろしいやん。
せっかく、ここまで来てんねんから。

しかも、このロボットだけじゃアカンでしょ。
バグったら、どうしますの。




コンシェルジュ





そうなったらそうなったで、適宜で考えるようにとマニュアルに記載がありまして、基本的にはコイツとお客様の二体で見るという決まりになってます。



俺





マニュアルあんのかいな。

いや、ほんなら、別に俺一人でいいですよ。
ザっと見るだけで、分かりますし。
ロボットなんて意味ないというか、時間も余計にかかって、効率悪そうですやんか。




ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。




コンシェルジュ





いえ、大家さんが、どうしてもそこは、ということなんですよ。
もし、そこが無理というのであれば、そんな人間は入れたくないとおっしゃってまして。

コイツとの内見が居住するうえでの条件みたいになってるんです。




俺





・・・・・



コンシェルジュ





鍵やら何やら、すべてコイツが出してくれますので。



俺





いや、えっと、その大家さんに会えたりしますかね?

写真でもいいんですけど、ここ住むとしたら、どんな人か知っといた方がええなと思って。




コンシェルジュ





それは、残念ながら、大家さんが現在KLの方にお住まいでして、私も顔すら見たことないんですよ。



俺





ケ、KL??

マレーシアのクアラルン・プールですか?




コンシェルジュ





あぁ、音が違います。
クアラルン・プールではなく、クアラ・ルンプールですね、正確には。
英語で見ると分かりますよ。
Kuala Lumpurですから。

もれなく日本人全員が間違えるということで、大家さんからも、そこは徹底的に訂正するようにと言われてまして。




俺





そんなん、どうでもええがな。



コンシェルジュ





厳しいようでしたら、振り出しに戻しましょうか?



俺





いや、まあ、ここまで来たし、行きますわ。

お兄さん、ここで待機ですか?




コンシェルジュ





おっしゃる通りです!!



俺





テンションの抑揚、おかしいでしょ。

絶対に帰らんといてくださいよ。




コンシェルジュ





もちろんです。
行ってらっしゃいませ。




俺





まあ30分もかからんと思うんで、なんかあったら、すぐ戻ってきますわ。



ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。






内見開始




内見開始




ミツモッター





私、ご案内ロボットのミツモッターです。
見積もりドリヴンで参らせていただきます。




俺





もうええねん、しつこいねん。
なんや、そのフレーズ。
そもそも、“見積もりドリヴン”ってなんやねん。


まあ、オマエじゃ分からへんか。
どっちか言うたら、被害者やもんな。




ミツモッター





それでは、エレベーターの方で、14階まで上がらせていただきます。



俺





イヤやわぁ。
ホンマにちゃんとできんのかいな。




ミツモッター





エレベーターの方で、14階まで上がらせていただきます。



俺





はい、よろしく。



ミツモッター





エレベーターの方で、14階まで上がらせていただきます。



俺





はよ行けや。



ミツモッター





エレベーターの方で、14階まで上がらせていただきます。



俺





え!?
ボタン、俺!?
手動、俺!?

こんなにシンプルなお荷物ってどないやねん。




ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

14階でございます。
高度、約42メートルでございます。
大阪府吹田市、万博記念公園、岡本太郎作、太陽の塔、と同じぐらいの高さでございます。




俺





分かりづらいな、おい。
ていうか、高度の情報いらんねん、ポンコツが。

もう案の定、邪魔くさいやないか。




ミツモッター





・・・・・



俺





・・・・・





部屋へと向かう






ミツモッター





それでは、お部屋の方、入らせていただきます。



俺





いちいち宣言せんでええねん。
はよ入れ。




ミツモッター





それでは、靴をお脱ぎください。



俺





脱ぐわい。



ミツモッター





27cmでございます。



俺





・・・・・



ミツモッター





服をお脱ぎください。



俺





え?



ミツモッター





服をお脱ぎください。



俺





は?



ミツモッター





服を脱ぎなさい。



服を脱ぎなさい





トイレへ



ミツモッター





続きまして、トイレでございます。
ドアの方、開けさせていただきます。




俺





はよ開けろ。



ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

小の水量、約4リッター。
大の水量、約5リッター。
ウォシュレット、良好。
蓋、自動開閉。
床、大理石でございます。




俺





いや、床は、これ大理石ちゃうやろ。
そういうデザインやろ。




ミツモッター





・・・・・



俺





うっとうしいわぁ。

こんなん、他の情報も正しいかどうか分からへんな。




ミツモッター





・・・・・



俺





気色の悪いロボットやなぁ、マジでよぉ。



ミツモッター





おタバコはダメでございます。

例えば、喫煙所で便をされたら、どう思いますでしょうか?
どのような感情になるでしょうか?

それと同じでございます。




俺





タバコは吸わへん。



ミツモッター





おタバコはダメでございます。

吸ってそうな顔をしておられます。
あなたの顔から見積もらせていただきました。

もはやタバコを吸うための顔立ちと言っても過言ではございません。
もはや顔がタバコでございます。




もはや顔がタバコでございます





浴室へ



ミツモッター





続きまして、浴室でございます。
ドアの方、開けさせていただきます。




俺





はよ開けろ。



ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

シャワー、水圧良好。
鏡、ラージ。
浴槽、やや洋風。
床および壁、大理石風でございます。




俺





大理石風か。



ミツモッター





風でございます。



俺





ええやんけ。
ガチの大理石やったら、変に気遣うしな。




ミツモッター





見積もらせていただきましたところ、あなたは気を遣う顔ではございません。
気を遣われる顔でございます。




俺





やかましいんじゃ、ボケ。
どんな顔じゃ。

すっぽん付けたまま何を言うとんねん。
ことごとくダサいヤツやな、オマエは。




ミツモッター





おタバコはダメでございます。

例えば、喫煙所でシャンプーされたら、どう思いますでしょうか?
どのような感情になるでしょうか?

それと同じでございます。




俺





タバコは吸わへん言うとるやろが、おら。



ミツモッター





おタバコはダメでございます。

吸ってそうな顔をしておられます。
あなたの顔から見積もらせていただきました。

もはやタバコを吸うための顔立ちと言っても過言ではございません。
もはや顔がタバコでございます。




俺





アカン。

早くも、イきよったか。




ミツモッター





テンドンというパフォーマンスでございます。
同じことを繰り返すというやつでございます。
故障したように見せかけるやつでございます。




故障したように見せかけるやつでございます





ウォークインクローゼットへ



ミツモッター





続きまして、ウォークインクローゼットでございます。
ドアの方、開けさせていただきます。




俺





はよ開けろ。



ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

ジャケット類、30。
パンツ類、40。
Tシャツ類、50。
下着類、70。
帽子類、30。
ネクタイ類、100。
アクセサリー類、無数。
その他諸々、一杯。




俺





おい、待て待て。

個人のアンバイやないか、それは。
アイテムによってもサイズが変わってくるやろが。




ミツモッター





上から下まで、私のサイズ感でございます。



俺





オマエの?



ミツモッター





さようでございます。



俺





さようでございます、ちゃうんじゃ。

それこそ、センサーか何かで、俺のサイズ感で見積もらんかいや。
洗いざらいアホやな、オマエ。




ミツモッター





おタバコはダメでございます。

例えば、喫煙所で服を着替えられたら、どう思いますでしょうか?
どのような感情になるでしょうか?

それと同じでございます。




俺





こんな衣裳部屋で、タバコ吸うヤツが、どこにおんのじゃ。



ミツモッター





おタバコはダメでございます。

吸ってそうな顔をしておられます。
あなたの顔から見積もらせていただきました。

もはやタバコを吸うための顔立ちと言っても過言ではございません。
もはや顔がタバコでございます。




もはや顔がタバコでございます





キッチンへ



ミツモッター





続きまして、キッチンでございます。
ドアの方、開けさせていただきます。




俺





ドアなんてあらへんやないか。
ほんで、トロトロすんなよ、オマエ。




ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

下部に洗濯乾燥機が備え付けられておりまして、ドイツのミーレ社製の最高級品でございます。
よって、独立した洗濯機置き場はございません。
現在お持ちの洗濯機は必要ございません。
ウォッシングしながらのクッキングが可能でございます。
絵に描いたようなワンストップでございます。

あとは、食器洗浄乾燥機もございますし、コンロはIH的なクッキングヒーターでございますし、全体的にハイスペックでございますし、説明不要でございます。




俺





説明の割合がカスやな。

洗濯乾燥機に対する思い入れが強すぎるやろ。




ミツモッター





なお、換気扇はございません。



俺





はぁ?

ええ加減にしとけよ、オマエ。
換気扇がないなんて、あり得へんやないか。

代替で最先端のシステムとか、何かあんのか?




ミツモッター





おタバコはダメでございます。

例えば、喫煙所で料理されたら、どう思いますでしょうか?
どのような感情になるでしょうか?

それと同じでございます。




俺





換気扇の下でタバコ吸う人は結構おるやないか。

いや、そんなんどうでもええんじゃ。




ミツモッター





換気扇の下でタバコを吸うなど、姑息でございます。

やましい気持ちが見え隠れし、正々堂々と吸っていない時点で、人間失格でございます。




俺





タバコのくだりが真新しいし、もはや一介のロボットの語彙力ちゃうやないか、オマエ。

どんな設計されとんねん。
ディープ・ラーニングか。




ミツモッター





シャロウ・ラーニングでございます。
ディープではございません。

そんなことも見積もれないあなたは、人間失格でございます。




そんなことも見積もれないあなたは、人間失格でございます





リビングへ



ミツモッター





続きまして、リビングでございます。
ドアの方、開けさせていただきます。




俺





キッチンから続いとるわ、アホンダラ。



ミツモッター





それでは、見積もらせていただきます。

約32平米でございます。
ユカボウでございます。




俺





ユカボウ?



ミツモッター





ユカボウでございます。



俺





ユカダンちゃうんかい。
床暖房のことやろが。

もう、自分で全部確かめるから、黙っとけオマエは。




ミツモッター





そちら、ラーニングさせていただきます。



俺





・・・・・



ミツモッター





・・・・・



俺





・・・・・



ミツモッター





コンプリートでございます。

ユカダンでございます。




俺





怒涛のアホやな、オマエ。



ミツモッター





おタバコはダメでございます。

例えば、喫煙所でゆっくりゆっくりくつろがれたら、ゆっくりゆっくり談笑されたら、ゆっくりゆっくり男女の愛を確かめられたら、どう思いますでしょうか?
どのような感情になるでしょうか?

それと同じでございます。




俺





3つ目は、ロボットのイマジネーションをはるかに越えとるな。

ゴリゴリの人間の妄想やないか。




ミツモッター





言うなれば、ボリュームゾーンでございます。
人類とのコミュニケーションにおいて、非常に気高いパートでございます。
人類と麗しい関係を構築するためのコンポーネントでございます。




俺





表現のクセが変態やな。

どっからどう情報を引っ張ってきとんねん、オマエ。




ミツモッター





・・・・・



俺





・・・・・



ミツモッター





それでは、最終見積もりでございます。



俺





・・・・・



ミツモッター





最終見積もりの結果を発表させていただきます。



俺





・・・・・



ミツモッター





茶番は終焉でございます。



俺





・・・・・



ミツモッター





おめでとうございます。



俺





・・・・・



ミツモッター





合格でございます。
つまりは入居OKでございます。

流れるような反射神経や状況把握が見積もられ、知能レベルが相当高いと判断されましたので、入居OKでございます。

キレのある蹴りや腕っ節の強さが見積もられ、肉体レベルが相当高いと判断されましたので、入居OKでございます。



まさかの合格かよ。
もう私スクラップだ。




もう私スクラップだ





内見終了



コンシェルジュ





お帰りなさいませ!
いかがでしたか?




俺





えげつなかったよ。



コンシェルジュ





そうですか!
コイツは、いかがでしたか?




ミツモッター





・・・・・



俺





最後に合格って言うてたわ。



コンシェルジュ





ワオ!

では、こちら契約書一式、お渡ししますね。
だいたい1週間以内に揃えていただきましたら、お手続き開始いたしますので。




俺





・・・・・



ミツモッター





・・・・・



コンシェルジュ





・・・・・



俺





にしても、オチが難しいよな、これな。

ややこしいのもウザいし、ちょっとでも筋違えたら大変なことになるやろうから、全員で記念撮影とかで晴れやかに終わろか。




ミツモッター





ワ、ワタグジ、ゴ、ゴアンダイ、ロボ、ロボッドノ、ミヅ、ミツモッター ▽ ♪ ※ # △ $ ☆ % × ○ & ※ ◎ ¥ ☆ ◎ $ ♪ × ¥ & % # ? ・・・






全員で記念撮影


A DAYDREAM