2015.08.21

【宇宙人に連れ去られたら2億円!?】「宇宙人保険」で目指せ一攫千金?



皆さん、ごきげんよう。
ミズミズです。

突然ですが、宇宙人を信じていますか?

私は信じています。
というより、信じる信じないではなくて、いますよ。
だって、この広い宇宙、知的生命体が我々しかいないと考える方がおかしくありませんか?

そして、知っていましたか?
なんと、アメリカには「宇宙人保険」があるんですよ。

ベストセラー商品の「宇宙人保険」

宇宙人保険


そもそも、宇宙人の実態は不明なので、“宇宙生命体”や“地球外生命体”とも呼ばれています。
しかし、人と同じような見た目をしていると考えると少しファンタジーですよね。

さて、そんな彼らが地球に飛来する時に乗っているものと言えば、UFOです。

しかしこのUFOという言葉、正確には宇宙船に限ったものではありません。
UFO≒宇宙船なのです。

UFOはいわば“未確認飛行物体”。
例えば、国籍不明の戦闘機などもUFOに当たります。

宇宙船の定義は「人が乗れて宇宙に行けるもの」。
ということは、当然スペースシャトルなども含まれます。

ところが、今回紹介する保険の対象は、あくまで「宇宙人(地球外生命体)の保持する宇宙船」に乗っている場合で、「宇宙人(地球外生命体)」とひと悶着あった場合に限ります。


こんな冗談だろと思われがちな「宇宙人保険」、実は2社から販売されています。

ふざけてないです。
本気です。


アメリカのセント・ローレンス・エージェンシー社の「宇宙人保険」は、免責事項として「必ず宇宙船に連れ去られること」とあります。

さらに
「宇宙人に妊娠させられた」
「宇宙人に食べられた」

こんなアバンギャルドな事故に遭った場合、なんと2倍の払い戻しが手に入ります。
なんともギャラクシーな保険です。

こんな保険に加入する人がいるのか?
と疑問に思いますが、実はこの保険、掛け金が年間2,400円とリーズナブルな理由もあり、およそ2万件も売れているベストセラー商品なのです。


どう思いますか?
2万件ですよ。

払い戻し例あり?「宇宙人保険」で一攫千金も?


この保険、アメリカのニューヨーク在住の男性2名が宇宙人にさらわれたとして、実際に払い戻し実績まであります。

残念ながら、どうやって証明されたのか、という点については明らかになっていないそうですが、“MEN IN BLACK”的な組織と共に白熱したストーリーを展開したとか、そんな感じではないかと予想しております。
勝手な妄想が止まりません。

え?
保険会社の自作自演じゃないかって?


むむ、それでは別の例も見てみましょう。


所変わって、イギリス。
トンデモ保険会社としても知られる、ロイズ保険組合でも同様の保険商品を販売していました。
掛け金150ドルで、最大支払い額150万ドル。
日本円にして、なんと約1億7,000万円もの保険金になります。

そして実際に、イギリス男性に8,000万円の払い戻し例があります。
なんと彼は宇宙人に拉致され、宇宙船に40分間監禁されたのちに解放されたと言います。

こちら、“MEN IN BLACK”的な組織によってモミ消されてはおらず、きちんと調査をして、体内に謎の金属が埋め込まれているのが確認されたために、払い戻しされたようです。

金属が埋め込まれたというショッキングな出来事はさておき、40分間拉致されただけで8,000万円払い戻されるのはスゴイです。
ただ、もしも宇宙人に食べられたりして8,000万円だったら、普通に生命保険などに加入していれば充分な気がしますよね。

普通の保険だと、「宇宙人に拉致されて食べられた」では「事故証明不可能」になってしまって支払いできないなど、いろいろと理由があるのでしょうか。





ところで、そもそもの話にはなってしまうのですが、この宇宙人保険、現在では販売が中止されているようですね。




「宇宙人保険」で一攫千金を夢見てしまった方、とりあえずはお預けということになりそうですね。





ただ、実際に宇宙人が存在するならば、こうした保険がまたリバイバルする可能性は大いにあります。



私と同じく、宇宙人肯定派の皆さん、一緒に声を上げてアピールしていこうじゃありませんか!
正々堂々と参りましょうよ!






NEXT/STORY