2016.01.20

【ドライブで行く】宮崎の人気観光スポット~グルメに神話に、オツな南国ドライブ♪~

宮崎の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた


宮崎県といえば、冬も暖かい穏やかな土地のイメージがあって、地鶏や宮崎牛、日向夏など、食や美味しい特産品を思い浮かべる人が多いだろう。

ということで、ドライブ観光も、のんびりゆったり行きまっしょい♪というのはやや早計。

ドライブコースとして人気の日南海岸は、砂浜あり、リアス式海岸あり、断崖絶壁の絶景あり、と非常に変化に富んだ景観を提供してくれるし、山の中に入れば古代信仰の痕跡が残るスピリチュアルスポットが点在していたりと、とてもエキサイティング。

ここは、東九州自動車を軸にドライブでしか行けない人気観光スポットへ向かってみよう。

日南海岸(宮崎県宮崎市)

宮崎自動車道の宮崎ICを降りて、国道220号線を南下、それから縁結びで有名な「青島神社」を過ぎ、「堀切峠」を越えると、いきなり視界が広がって、真っ青な太平洋と空が飛び込んでくる。
フェニックス並木が、これぞ南国という景観を作り出し、眼下には“鬼の洗濯板”と呼ばれる波状の岩礁が臨める。

かつては、新婚旅行のメッカとして名を馳せたこの海岸は、現在でも九州随一の人気ドライブコースだ。
当時の面影を残す「フェニックスドライブイン」は現在、「道の駅フェニックス」として営業されており、日向夏ソフトクリームが大人気。
四季を通して咲き誇る南国の花々も美しいので、カメラやスマホを用意しておくと、なおよし。

日南海岸(宮崎県宮崎市)

国道220号線はトンネルに入るバイパスが整備されているが、せっかく観光で走るなら、海岸線沿いの旧道へ。絶好ビュースポットを逃さないように!



・アクセス
九州自動車道えびのJCT→宮崎自動車道宮崎IC→国道220号線

・休業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
各所にあり

・URL

・住所
宮崎県宮崎市折生追


クルスの海(宮崎県日向市)

リアス式海岸が続くことから、絶景ポイントが連続する宮崎県の海岸線の中でも、日向市の「クルスの海」や「馬ヶ背」、「日向岬」はかなり印象深いスポットだ。

クルスの海は、柱状岩が波の浸食によって十文字に削られ、東西に200m、南北に220m、高さ10mの溝が作り出されているという、自然の芸術とも言える光景を提供してくれる。
そして、馬ヶ背や日向岬は、日本最大級の柱状節理が続く絶景ポイントで、有名な福井県の「東尋坊」にも匹敵する壮大さ。

各所には、駐車場や展望台が備えられているので、ドライブの休憩にも適している。
なお、クルスの海の展望台には「クルスの鐘」があり、絶好の記念ショットポイント。

クルスの海(宮崎県日向市)

クルスの海は“願いが叶う海”としても知られている。柱状岩が、十字架(クルス)に、あるいは「叶」という字に見えることから名付けられたという。



・アクセス
東九州自動車道日向IC→国道327号線→県道15号線

・休業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
あり/無料

・URL

・住所
宮崎県日向市細島


高千穂峡(宮崎県高千穂町)

宮崎の高千穂の観光スポットは、天岩戸神社が人気。
天照大神が天岩戸に籠ったという神話はよく知られたところで、その天岩戸を祀る神社として有名だ。

また、高千穂は天孫降臨で神々が降り立った地と伝えられており、「国見ヶ丘」、「高千穂峡」、「高千穂神社」など伝説の地が点在し、まさに“神話の里”と呼ばれるにふさわしく、高千穂峡の渓谷では、長い時間をかけて刻まれた、自然の刻印とも言える景観に触れることができる。
この渓谷は、阿蘇山の噴火で流れ出た溶岩が、数万年かけて浸食されてできたもので、今でも神々が棲んでいそうな厳かな雰囲気を醸し出している。

高千穂峡(宮崎県高千穂町)

高千穂峡には遊歩道が整備されており、駐車場から歩いて散策可能。貸しボートに乗って、水面から絶景を見上げるのもオススメ。



・アクセス
東九州自動車道→延岡南自動車道→延岡自動車道→延岡JCT→北方延岡道路→国道218号線→県道203号線→県道50号線

・休業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
あり/有料

・URL

・住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井


最後に

今回ご紹介した観光スポットは、宮崎県を訪れたなら必ず赴いてほしいスポットばかりで、どこもカメラマンたちに人気の九州を代表するビュースポットなので、カメラを携え、ひとっ走りしてみてほしい。

景観よし、歴史よし、グルメよし。
三方よし。

そんな宮崎県は、ドライブスポットとして万能と言える。





NEXT/STORY