トップ 自動車保険に関する用語集 ノンフリート多数割引

ノンフリート多数割引について (自動車保険用語集)

ノンフリート多数割引【のんふりーとたすうわりびき】

家族で複数の車を所有している場合、それら自動車保険を一つの保険会社に“おまとめ”することで割引が受けられます。
それを「ノンフリート多数割引」と言います。
契約者を家族の誰かにして、保険期間と保険会社を揃えることが条件です。


ノンフリート多数割引【のんふりーとたすうわりびき】の詳細について

自分の所有する自動車が複数ある、あるいは家族で複数の自動車を所有しているという家庭は少なくありません。
そのような方に対し、保険会社の多くはまとめて契約することで保険料を割引にするという特約を設けています。
その1つがノンフリート多数割引というものです。

この割引の大きな特徴としては、自動車の所有台数が3台以上の場合に適用されるという点にあります。
2台の場合はセカンドカー割引や複数契約割引などがありますが、ノンフリート多数割引は3台以上9台以下というケースに当てはめることができるのです。
そして、その対象は契約者だけでなく、配偶者や同居する親族も該当するという点が大きいでしょう。
たとえば配偶者や息子が、それぞれ自動車を所有しているならば、ノンフリート多数割引の対象として一括して保険に入ることができます。
割引率は3台から5台で3%、6台以上の所有で5%とされますが、管理がしやすいという割引以外のメリットも見逃せないでしょう。

よく聞かれる点として、この割引を利用するとそれぞれの等級に影響があるのでは、という疑問があがります。
しかし、この点は問題ありません。
仮に自分が交通事故を起こして等級ダウンと保険料の値上がりを受けるとしても、配偶者や息子の保険には何の影響もないのです。

ただ契約者が1人になる以上、支払うのも契約者からということになります。
もし銀行などの口座から支払う場合は、契約者がほかの人の分まで払うことになるので、よく確認すべきでしょう。
もちろん、家族間でよく話し合い、合意の上であれば、管理の点からも有効だと言えます。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


保険料の割引に関する用語


上に戻る