トップ 自動車保険に関する用語集 弁護士費用特約

弁護士費用特約について (自動車保険用語集)

弁護士費用特約【べんごしひようとくやく】

示談交渉の際、弁護士に交渉を委託するための費用が支払われる特約です。
契約している車以外でも、自分が持っている車の全てが対象になります。


弁護士費用特約【べんごしひようとくやく】の詳細について

自動車事故で恐ろしいのはもらい事故、つまり自分に過失がなく、相手の一方的な行動で事故に遭うようなケースです。
信号待ちをしていて後ろから追突されるなど、自動車に乗っていれば誰でも起こり得るものでしょう。
そして、そのようなもらい事故の場合、被害者に過失がないというのは当然ですが、それがもめる原因ともなります。

このようなケースで意外にあり得るのが、相手方が非を認めない、加害者が被害者の側にも非があると主張するケースです。
何より困るのは、このようなもらい事故の場合、被害者の保険会社は示談交渉ができないのです。
そのため、あまりにもめるようであれば弁護士に交渉を委任することになります。
これによって公正な判断が期待できるわけですが、訴訟費用や調停費用など、各種の弁護士費用もかかることでしょう。

そこで、弁護士費用特約を利用することができれば、その弁護士費用を自動車保険で補償してもらうことができるというわけです。
相場としては1回の事故で300万円前後ですが、保険会社によっては10万円ほどの法律相談費用も補償してくれることがあります。
ちなみに、もらい事故の確率はおよそ3件に1件というほどで、自動車事故の割合としてはかなり高いと言えるでしょう。
万が一を考えれば、こうした特約も考える余地は大いにあると言えます。
ただし、この特約は被保険者に重大な過失があると認められる場合や、天災による事故などの場合、利用できないこともあるので注意しましょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


主な特約・サービスに関する用語


上に戻る