トップ 自動車保険に関する用語集 車両入替

車両入替について (自動車保険用語集)

車両入替【しゃりょういれかえ】

保険期間の途中で、ご契約されているお車を新たに取得されたお車に入れ替える変更のことをいいます。車両入替の手続きをされなかった場合には、保険金が支払われないことがあります。


車両入替【しゃりょういれかえ】の詳細について

なぜこのような手続きが必要なのかというと、自動車保険は契約する車に対してのみ発揮される保険であるという点が重要になります。
このため、新たに取得した自動車があるとしても、入れ替えの手続きをしないと、既存の自動車保険は適用されないことになるのです。
被保険自動車の入れ替えは通知義務があるので、自ら保険会社に連絡して手続きを行うことが必要でしょう。

ただ車両入替の手続きは、どんな自動車でも行えるというわけではありません。
入れ替え後の自動車の所有者が記名被保険者かその配偶者、あるいは親族であるなど、いくつかの条件を満たす必要があります。
この点は保険会社ごとに条件が異なる場合もあるので、しっかりと確認すべきでしょう。
また、中古自動車を購入した場合は業者が入れ替え手続きを行ってくれることもありますが、これも業者により差があります。
基本的には自分が行うものと考え、新規の自動車の取得前に確認をしておくのがいいでしょう。
自動車の大きさによっては保険料の違いが生まれることもあるので、この点も要確認です。

そして、上記にもあるように、車両入替の手続きをしていないまま、新たに取得した自動車で事故を起こすと、自動車保険に入っていないものと見なされます。
ただ、これは例外もあり、車両入替の自動補償特約が適用されるならば話は別です。
この特約は車両入替をせずに新規の自動車で事故を起こした場合でも、一定の期間内であれば前の自動車と同等に扱ってくれるというものになります。
ただし、この特約を使用する場合の車両保険の補償額は、新しい自動車が何であれ前の自動車の補償額が適用されるので、覚えておきましょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


契約中の変更や手続きに関する用語


上に戻る