トップ 保険料を抑える「運転者限定特約」とは?自動車保険の割引制度

保険料を抑える「運転者限定特約」とは?自動車保険の割引制度

自動車保険に加入する際には、必要な補償をしっかりと組み込みながらも、保険料はできるかぎり抑えたいものです。自動車保険には、保険会社が用意しているさまざまな割引がありますが、その1つが、補償される運転者の範囲・補償内容を限定する「運転者限定特約」です。この記事では「運転者限定特約」とはどのような割引制度なのか、また、どのような場合に割引を受けられるのかについてわかりやすくご紹介します。

INDEX
  1. 運転者限定特約で保険料が抑えられる?
    1. (1)本人に限定する場合
    2. (2)夫婦に限定する場合
    3. (3)家族に限定する場合
    4. (4)限定しない場合
  2. 運転者限定特約を見直すタイミングは?

  3. こんな場合どうする?運転者限定特約の注意点
    1. 運転者限定特約を設定後、家族や知人が運転するとき

まとめ

運転者限定特約で保険料が抑えられる?

運転者限定特約は、自動車保険で補償される運転者の範囲を「本人だけ」「夫婦だけ」「家族だけ」など、限定する特約です。運転者の範囲を限定するほど事故のリスクは低くなるので、この特約を付帯することで保険料の割引を受けることができるのです。

補償される範囲の区分は、保険会社によって異なりますが、以下の4つから運転者の範囲を選べる場合が多いでしょう

補償される運転者の範囲の分類

※上記の分類は保険会社によって異なります。

選択した運転者の範囲から外れる方が事故を起こした場合、補償は受けられません。車の使用状況に合わせて、運転者の範囲を限定することが重要です。それぞれの細かな条件について詳しく見ていきましょう。

(1)本人に限定する場合

上の図でご紹介した4つのうち補償範囲が最も狭いのは「本人限定」です。「本人限定」は、記名被保険者(契約の車を主に運転する方)が運転して、自動車事故を起こした場合しか補償されません。補償範囲が狭くなることによってリスクも低くなり、保険料も最も低くなります。したがって、記名被保険者だけが車を運転する場合には、「本人限定」を選ぶと、保険料を抑えることができるでしょう。

ただし、「本人限定」を選択した場合には、記名被保険者(主に契約の車を運転する方)以外が運転して自動車事故を起こしたときには補償は受けられません。実際の車の利用状況を考えたうえで選択する必要があります。保険料をできるだけ抑えることを優先してしまい、万が一の事故の際に補償が受けられないということがないように注意しましょう。

(2)夫婦に限定する場合

「本人限定」の次に運転者の範囲が狭いのが「夫婦限定」です。「夫婦限定」では、記名被保険者とその配偶者に運転者を限定します。ここでいう配偶者には、内縁関係も含みます。記名被保険者とその配偶者しか運転しない場合に選択できます。

ただし、「夫婦限定」を選択すると、同居の親族、別居の未婚の子などであっても補償は受けられません。これらの方が運転する可能性がないことを確かめてから選択しましょう。

(3)家族に限定する場合

「家族限定」は、家族しか運転しない場合に適しています。ただし、家族の範囲には注意が必要です。家族の範囲は以下のように定められています。

【例】「家族限定」の範囲

記名被保険者またはその配偶者の同居の親族とは、同一住居に居住している親族(6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族)です。一般的に、生計の同一性や扶養関係は問われません。

2世帯住宅の場合は、住宅の構造により同居と判断されるケースと別居と判断されるケースにわかれます。保険会社が判断するので、個別の確認が必要です。集合住宅(マンション・アパートなど)で別々の部屋に住んでいる親族は別居とみなされます。運転者限定特約が定める家族には含まれません。

別居の未婚の子とは、別の住所に住んでいる未婚の子どものことです。ここでいう“未婚”は、婚姻歴がないことを意味します。離婚歴がある子どもは未婚の子に含まれません。つまり、現在は結婚していなくても、運転者限定特約が定める家族には含まれないのです。「家族限定」を選ぶときは注意しましょう。

なお、「家族限定」は、単身世帯や核家族の増加などの影響で契約数が減少していることをうけて、廃止する保険会社が近年増加しています。選択できない場合もあるので、注意しましょう。

(4)限定しない場合

4つの運転者の範囲の中で、補償範囲が最も広いのは「限定なし」です。運転者を限定しないので、同居していない親族や友人、知人であっても補償を受けられます。これらの方が車を運転する可能性がある場合は、運転者の範囲として「限定なし」を選択するのがよいでしょう。

一方、記名被保険者、記名被保険者の配偶者、保険会社が定める家族しか運転しない場合には不適切です。「限定なし」は割引率が最も低いからです。車の使用状況に合わせて、運転者の範囲を設定しましょう。

運転者限定特約を見直すタイミングは?

まずは現在の限定状況が、現在の状況と合っているか確認しましょう。そして、運転者限定特約を見直す最適なタイミングとしては、家族のライフステージが変わったときなどがあげられます。家族が運転免許を取得して車を運転する方が増えたとき、家族が独立して車を運転する方が減ったときなどに見直すと、必要な補償を受けられ、過剰に保険料を払うことがなくなります。

【例】運転者限定特約の見直しのタイミング

運転者限定特約は、家族で車を運転する方に変更が生じたときに見直すとよいでしょう。

こんな場合どうする?運転者限定特約の注意点

最後に、運転者限定特約の設定において、とくに間違いやすい点や、よくある疑問についてご紹介します。

運転者限定特約を設定後、家族や知人が運転するとき

「本人限定」「夫婦限定」「家族限定」など、運転者の範囲を限定すると、保険料を抑えることができる点は大きなメリットです。しかし範囲外の運転者は補償されなくなるため、運転者限定特約はよく検討してから選択しなければなりません。

しかし「本人限定」で設定したのちに「補償範囲に含まれない方」が一時的に車を運転する必要がでたときはどうすればよいでしょうか?具体的には、保険会社に連絡をとり、運転者の範囲を実際の状況に合わせて変更するとよいでしょう。そのほかにも、状況によって利用できる方法として以下があります。

(1)ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)
ドライバー保険とは、自動車を所有していない人が、他人の自動車を借りて運転している間に起こした事故に対して、保険金を支払う保険です。1年単位で加入するものが一般的なので、何度も運転する場合に向いているかもしれません。

補償内容は主に「対人賠償」「対物賠償」「自損事故」などになります。ただし、借りた自動車に対する損害賠償や、同居の親族が所有する自動車を運転しているときに発生した損害および傷害などは補償の対象にはなりませんので、友人・知人などが運転する場合に適しているでしょう。

(2)1日自動車保険(1日単位で契約できる自動車保険)
1日自動車保険は、その名のとおり1日単位で契約できる自動車保険です(名称は保険会社により異なります)。補償内容は、「対人賠償」「対物賠償」「自損事故」のほか、「車両保険」についても選ぶことができるケースが多くなっています。別居で既婚の子どもが帰省して、親の車を運転する場合などに活用できるでしょう。

まとめ

「運転者限定特約」は、補償される運転者の範囲を限定することで、事故のリスクが下がり、保険料の割引がされるしくみです。選択できる運転者の範囲については、保険会社によって異なりますが、「本人限定」「夫婦限定」「家族限定」「限定なし」の4つから選択できるケースが多いといえます。

この特約を設定する際の注意点としては、「特約をつけると、どのような場合に補償されなくなるのか」をしっかり理解しておく、ということでしょう。なぜなら、選択した範囲から外れる運転者は補償を受けられなくなってしまうからです。単純に保険料が安くなるからといってよく考えずに割引の大きい特約を設定してしまうと、万一の際に、大きな負担がかかるケースがでてきてしまいます。実際の車の利用状況に合わせて正しく選択しましょう。

下記のリンクから一括見積もりをすることができます。
一括見積もりなら、入力は5分ほどでできますので、ぜひ気軽にお見積もりをしてみてくださいね。

自動車保険一括見積もり

いかがでしたか?

自動車保険は種類が多いので、この記事を読んでそれぞれの特徴をつかんでみましょう。
基本的な知識を身につけて、保険料金が割安なダイレクト型自動車保険を検討してくださいね。

\最短5分から/
1番安い自動車保険を見つけよう!

無料一括見積もりスタート