2016.03.31

【富士川サービスエリアに行っちゃお。】「下り線」のおすすめグルメ&お土産5選

絶景と共に遊び尽くそう。食べ尽くそう。《Part2 下り》


東名高速道路上にあるサービスエリア(※以下SA)の中でも、雄大な富士山のパノラマを眺められると話題の、富士川SA。


前回は、上り線(EXPASA富士川)の人気グルメとお土産を取り上げた。




そして下り線の方は、上り線と違い、EXPASA(エクスパーサ)ではないのだが、上り線に負けず劣らず人気のドライブスポットとなっている。

ショッピングコーナーには、富士山グッズが多数取り揃えられている他、日本の職人によるモノづくりを楽しめる“日本百貨店”の出張店舗や、ご当地特産品の販売所も24時間営業しているので、昼夜問わず買い物を楽しむことができる。


『富士川SAの下り線は、外国人旅行客にも人気です。位置的にも山梨県に近いので、“信玄餅”などの山梨県のお土産も販売されていますし、駿河湾で採れた海の幸もお土産にできるスポットです。また、お土産の中には、富士川SAのオリジナル商品も多数あるので、探し出してみてほしいですね。』


今回、富士川SA下り線のオススメ情報を教えていただくのは、本企画ではお馴染み、東名高速道路を管轄する中日本エクシスの広報担当・若林俊二さん。


上り線のEXPASA富士川は当然スゴイですが、下り線もスゴイですよ!と断言する若林さんに、オススメショップのグルメ&お土産を5つ紹介してもらった。

<金目鯛の煮付け定食>by パノラマレストラン

金目鯛の煮付け定食


富士川SA下り線の中で、最も富士山を眺めやすい場所に位置するのが、『パノラマレストラン』だ。
新鮮な地元食材を多用した和食を中心に、いろんな種類の料理が味わえるので、デートにもオススメできるんだとか。


(若林さん)
――特にオススメしたいのが「金目鯛の煮つけ定食(1,340円)」です。金目鯛を丸々一匹、贅沢に煮つけにしてあって、柔らかく上品な仕上がりです。ホクホクの身がご飯とものすごい合うんですよ。小鉢などには、駿河湾で採れたしらすや桜えびを使っています。



その他にも、9種類もの刺身が日替わりで選ばれる「刺身定食(1,700円)」も人気メニューだそう。
『パノラマレストラン』で富士山を眺めながら、駿河湾の海の幸を味わうという至高を、是非とも堪能してみては?



●お店
パノラマレストラン

・定休日
無休

・営業時間
平日 11:00~20:00
土日祝 11:00~21:00

・URL

・TEL
0545-81-0750
※日の丸サンズ(株)


<富士山クリームパン>by 富士川ベーカリーショップ

富士山クリームパン


富士川SA下り線は、朝の時間帯には『富士川ベーカリーショップ』の焼きたてパンのイイ匂いに包まれる。
店舗で丁寧に焼き上げられた、富士山をモチーフにしたパンの数々は、目で楽しめて味も抜群という、一度で二度美味しい逸品。


(若林さん)
――特に人気なのが「富士山クリームパン(206円)」です。中にはたっぷりの濃厚カスタードクリームが入っていて、富士山頂の雪化粧をシュガーデコレーションで表現しています。サクサク感と滑らかクリームの組み合わせは、本当に美味ですよ。



この富士山クリームパンには型がないため、毎日手作りするというコダワリっぷり。
他にも、“富士川”と焼き印が入った「富士山あんぱん(185円)」も人気商品となっている。



●お店
富士川ベーカリーショップ

・定休日
無休

・営業時間
8:00~20:00

・URL

・TEL
0545-81-0750
※日の丸サンズ(株)


<駿河湾産 釜揚げしらす丼>by 山海亭

駿河湾産 釜揚げしらす丼


富士川SA下り線のフードコートには5つの店舗があり、その中で、丼や定食、そばなどのメニューを中心に提供しているのが『山海亭』。
このお店は、小鉢を追加で付けられる仕組みを採用しているので、自分の好きな食材で、定食や丼をカスタムできるのがいい。


(若林さん)
――『山海亭』の一番人気メニューが「駿河湾産 釜揚げしらす丼(760円)」です。駿河湾産のしらすは桜えびと同じく名物なのですが、それを白ご飯の上に豪快によそえば、磯の香りを存分に味わえる逸品の完成です。塩がしっかり効いているので、醤油をかけすぎずにお召し上がりください。



他にも、富士山麓にある朝霧高原で採れた卵を使った「朝霧高原卵のカツ丼(790円)」や「朝霧高原卵の親子丼(730円)」など、地元で採れた食材をふんだんに使ったメニューも豊富なので、目移りしてしまう。



●お店
山海亭

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・URL

・TEL
0545-81-0750
※日の丸サンズ(株)


<富士山赤辛ラーメン>by 富士山ラーメン

富士山赤辛ラーメン


『山海亭』と同じく、フードコートの一角にある『富士山ラーメン』。
いろんな種類のラーメンが用意されているのが魅力で、ミニカレーセットやミニチャーハンセットなどの、セットメニューがあるのも男性客には嬉しいポイント。
特に、ミニカレーのルーは、野菜が溶け込むまで煮込んだ深い味わいとスパイスが人気で、固定ファンも多いそう。


(若林さん)
――『富士山ラーメン』で男性客に不動の人気を誇るのが、「富士山赤辛ラーメン(890円)」です。静岡県側から見える富士山の特徴は、宝永山の稜線なのですが、その宝永山が1707年に大噴火を起こした姿をモチーフにしたラーメンになっていて、ラー油と辛みそを溶かし込んだ豚骨醤油スープは、ピリ辛ながらに奥深い味わいです。季節問わず人気のメニューとなっています。



ちなみに、「富士山赤辛ラーメン」の辛みそ抜きバージョンが「富士山ラーメン山頂盛(770円)」で、豚骨醤油スープに高く積まれた野菜が特徴的で、こちらもその名の通り量が多め。
食べきれないという女性客などには、ほどよい量の別メニューも豊富に揃えられているので心配ご無用。



●お店
富士山ラーメン

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・URL

・TEL
0545-81-0750
※日の丸サンズ(株)


<富士宮焼きそば>by 富士宮焼きそば

富士宮焼きそば


富士川SAのある富士市の隣の土地、富士宮の地元食として名高いのが、富士宮焼きそば。
富士宮焼きそばは、水分量を抑えたコシのある麺とイワシの削り粉が、美味さの秘訣。


(若林さん)
――もちろん、EXPASA富士川<SA上り線>でも販売していますが、下り線でも「富士宮焼きそば(550円)」は購入可能です。たっぷりかかったイワシの削り粉を、麺にまぶして食べると、普段食べ慣れているソース焼きそばとはまた違った味わいですよ。



他に、ブラックペッパーが効いた「牛串(500円)」などのメニューも人気だそう。
「富士宮焼きそば」と一緒に買って、縁日気分で楽しむなんてのもアリだろう。



●お店
富士宮やきそば

・定休日
無休

・営業時間
8:00~20:00

・URL

・TEL
0545-81-0750
※日の丸サンズ(株)


最後に


富士川SA下り線のフードコーナーには、土日祝限定で、黒はんぺんなどが入った「富士川おでん(一串100円)」を販売している『富士川茶屋』などもあり、どのお店も各々の魅力で身も心も満たしてくれること必至。


東京から愛知の小牧へと向かう東名高速道路下り線の中でも、屈指のビュースポットでもあり、グルメやお土産も豊富な、富士川SA下り線。


ドライブデートでも、家族旅行でも、何でもフィットしてしまう国内随一のSAだ。



※価格は全て税込表記です

文/牛嶋 健(A4studio)





NEXT/STORY