保険金額について (自動車保険用語集)

保険金額【ほけんきんがく】

保険金額とは、保険契約において約束されている金額のことをいい、事故があった際には、この金額を限度に保険金が支払われます。

保険金額【ほけんきんがく】の詳細について

自動車保険では対人賠償保険や対物賠償保険、車両保険などさまざまな保険がありますが、それぞれに支払うべき保険金額は決まっています。注意したいのは、保険金額とはあくまで支払うべき限度額であり、設定した金額を必ず払うわけではない、ということです。
たとえば、対人賠償保険で保険金額を1億円に設定し、5000万円の損害額が発生しても、支払われるのは5000万円であり、1億円ではないのです。逆に、この場合は損害額が2億円だとしても、支払うのは保険金額で設定した1億円ということになります。基本的には、低いほうの金額を払うことになる、と考えておけばいいでしょう。

ただ、対人、対物賠償保険では保険金額を無制限とするのが一般的で、保険会社によっては自動的に無制限とするところもあります。一方、人身傷害保険なら、重度の後遺障害を負った場合、保険金額の2倍を上限として支払うことはあります。無制限にすれば支払額の上限を気にする必要はなくなりますが、どのような保険で保険金額をどう設定すべきか、事前に確認するのが大事なのです。

それと、車両保険についてはほかの保険と違い、自分で保険金額を設定することができません。車両保険の保険金額は、契約する自動車の車種や年式といった時価によって算出されます。ただ、車種が同じなら支払う保険料も同じかというとそうでもなく、人によってかなり差があることは覚えておきましょう。また、この時価というのは定期的に見直され、変わっていくことも注意すべきです。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

契約前の確認事項

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート