慰謝料について (自動車保険用語集)

慰謝料【いしゃりょう】

事故の被害者が受けた精神的・肉体的苦痛に対して支払う賠償のことをいいます。

慰謝料【いしゃりょう】の詳細について

自動車保険で考えられる慰謝料というと、やはり交通事故が発生した際に生じる慰謝料のことでしょう。基本的には加害者が被害者ないし被害者の親族などへ支払うものとなりますが、具体的にいくら払うかというのは状況によりさまざまです。しかし、一定の基準というものはあり、それに基づいて慰謝料が算出されることになります。

たとえば、自動車保険のなかで必須となる自賠責保険での慰謝料の基準です。これは1日あたり4200円を基準とし、実際に治療で入院や通院をした実治療日数の2倍、あるいは治療にかかったトータルである総治療期間、このどちらか少ないほうを適用します。実治療日数が10万円、総治療期間が12万円ならば、実治療日数に基づく10万円が慰謝料ということになるのです。また、自賠責保険の慰謝料は傷害に限られ、120万円くらいが限度となっています。

それ以上の慰謝料を求めるのであれば、任意の自動車保険に入っていることや、弁護士を通じて請求する、支払うということになるでしょう。ただ、どのようなケースであれ、精神的な苦痛などを理由に高額な慰謝料を請求しても、満額が通るとは限りません。任意の自動車保険は保険会社によって細かな算出方法が異なり、一概にいくらとは言えませんが、一定の基準があるという点では自賠責と同じでしょう。
慰謝料が発生するような状況では、加害者も被害者も平常心を失うことが多いものですが、慰謝料に関してはある程度の枠があるということを覚えておくべきだと言えます。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

事故関連

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート