あて逃げ/当て逃げについて (自動車保険用語集)

あて逃げ/当て逃げ【あてにげ】

車対車の衝突あるいは接触事故で、相手方が確認できない場合をいいます。(相手方自動車のナンバーや運転者の氏名などがわからない場合などがこれにあたり、エコノミー車両保険では補償されません)

あて逃げ/当て逃げ【あてにげ】の詳細について

自動車事故を起こした際、運転者や同乗者というのはその事故について警察へ報告し、被害にあった人がいれば救助するなど、適切な行動を取ることが求められます。しかし、なかにはそうした行動を怠り、その場から立ち去る人もいるでしょう。このようなケースで、被害にあったのが人ではなく物、つまり物損事故に限定されるのが当て逃げということになります。被害にあう人がいれば、それはひき逃げだということです。

こうした当て逃げというのは自動車事故において意外に多く、必ずしも相手が見つかるとは限らない、という点で厄介です。自動車を停車して離れている間にぶつけられたというケースはもとより、運転中にぶつけられて話し合おうと、路肩に寄せて自動車から降りたところ逃走する、ということもあるといいます。もし運転中に当て逃げにあったという場合は、ナンバーを控えるなど相手がわかる情報を早めに確認しておきましょう。

また、こうした当て逃げで自動車保険がどうなるか、というのは気になるところです。該当するのは自動車保険のうち車両保険になるでしょう。一般の車両保険なら適用されるはずですが、相手が特定されないと使えないタイプの車両保険では適用することができない、ということになります。ただ、保険が適用されるのも考えものです。当て逃げで凹みなどを修理するとなると、自動車保険は3等級ダウン扱いとなり、場合によっては自己負担にしたほうがいいということになります。理不尽な話ではありますが、当て逃げにあった際、自動車保険を使うかどうかはよく考えるべきでしょう。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

事故関連

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート