保険金について (自動車保険用語集)

保険金【ほけんきん】

自動車事故により損害が生じた場合に、保険会社が被保険者に支払うお金をいいます。

保険金【ほけんきん】の詳細について

保険会社から支払われるのが保険金ですが、どのような形で、どのくらいのお金が支払われるかは、保険の種類によって大きく変わります。その保険の種類としては、たとえば相手方への補償としては対人、対物賠償保険があり、自動車によるケガの補償であれば搭乗者傷害保険などがあるでしょう。自動車そのものを保障する車両保険などもあわせると自動車保険には膨大な数がありますが、どの案件でも保険会社から契約者に支払うものを保険金というわけです。
また、自動車事故にあった際、保険金が支払われるのは自動車保険だけかというと、そういうことはありません。事故の状況や被害の規模によって対象となる保険は変わりますが、自動車保険以外の生命保険や医療保険なども対象となるのです。もちろん、きちんと保険に入っておくことが前提ですが、どのようなときにどんな保険金が入るのか、あらかじめ知っておくのも大事でしょう。

それと、自動車保険の保険金は、どのような形で支払われるかによって、課税の対象となるかが変わります。まず、自賠責保険や対人、対物賠償保険で受け取った賠償保険は、すべて非課税です。しかし、傷害保険の場合は医療や後遺障害なら非課税ですが、死亡保険金であった場合、支払うケースによって相続税や贈与税、所得税がかかる可能性があります。また、無保険車傷害保険に対する保険金は非課税ですが、いずれにしても保険金を受け取る際は、きちんと確認を取るほうが賢明でしょう。

ちなみに、似た言葉で保険料というものがありますが、こちらは保険の契約者が保険会社に支払っているお金のことを言います。掛け金とも言うので、間違えないようにしましょう。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の仕組み

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート