強制保険(自賠責保険)について (自動車保険用語集)

強制保険(自賠責保険)【きょうせいほけん(じばいせきほけん)】

自動車の運行により生じた人身事故の被害者を救済するため、自動車損害賠償保障法に基づき、自動車を保有している全ての人に対して加入が義務付けられている保険のことをいいます。(法律で加入が義務付けられているため、強制保険とも呼ばれています。)

強制保険(自賠責保険)【きょうせいほけん(じばいせきほけん)】の詳細について

自賠責保険の大きな特徴は、上記の通り自動車を保有する人ならば必ず入らなければならない、強制保険という点にあります。道路以外の場所でしか使わない構内専用車や、農作業用に製作した耕うん機などの例外はありますが、一般的な自動車を所有するなら誰でも自賠責保険には入らないといけません。それと、一般的に知られる任意保険、つまり保険会社が提供する自動車保険と違うのは、補償の範囲が大幅に限定されるということです。

自賠責保険の場合、補償範囲は交通事故で傷害を負わせた相手へ限定されます。相手の車や物、そして自分に対しては一切の補償がありません。任意保険で言うと、補償されるのは対人賠償のみであり、対物賠償や搭乗者傷害、車両保険はつかないことになるのです。
また、相手への補償額というのも大幅に制限され、傷害ならば120万円、死亡事故なら3000万円、後遺障害なら4000万円までとされています。傷害はともかく、死亡事故や後遺障害ならそれなりに補償されているようですが、近年は交通事故における補償の高額化が目立ち、案件しだいでは億単位の請求もあり得るのです。自賠責保険で万が一の補償をすべて賄うのは厳しいと考えるのが現実でしょう。

ちなみに、交通事故に遭って相手の車が自賠責保険に入っていない、あるいは相手が不明で賠償が受けられないというケースもあります。ひき逃げ事故などはその最たる例だと言えますが、そのような場合は、政府の保障事業制度に請求することが可能です。早めに損害保険会社に連絡を取るのがいいでしょう。

※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
 ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

自動車保険の仕組みに関する用語

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート