解決!自動車保険の基礎知識

「人身傷害」と「搭乗者傷害」はどう違う?

車に乗っている人が死傷した場合の2つの補償

対人・対物補償はいずれも「相手」の損害を補償するものですが、自動車保険には自分のケガや死亡に対する補償もあります。

「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」がそれにあたります。

自分のケガのための2つの補償
  人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
どんな時にでる? 車に乗っている人が死傷した時、他の車に乗っている時や歩行中の事故で死傷した時 車に乗っている人が死傷した時
補償内容は? 治療費、通院にかかる交通費、休業損害、遺失利益など 死亡保険金、入院保険金、通院保険金。もしくは部位症状別の一時金

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の違い

「人身傷害補償保険」は自分の過失の有無に関わらず、ケガや死亡による損害分を保険金額内で受けることができます。自分や家族が他人の車に乗っている時や歩行中の事故も補償の対象になっています。

「搭乗者傷害保険」は自動車保険専用の「傷害保険」で、実際の損害額や相手からの支払いの有無に関係なく支払われます。支払われ方は、例えば死亡したら1,000万円、入院したら10,000円といったように定額払いです。この他にもケガの部位や症状に応じて一定額を一時金で支払う「部位症状別」の支払い方もあります。

考え方としては「人身傷害補償保険」に加入し「搭乗者傷害保険」は上乗せ補償として検討しましょう。ちなみに「人身傷害補償保険」は概ね基本補償に含まれていますが、中には特約扱いの保険会社もあります。「搭乗者傷害保険」は基本補償に含まれない保険会社がほとんどです。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート