自動車保険の基礎知識

マイカーの損害は車両保険でカバー!

車両保険はマイカーの損害を補償する保険で、自動車保険の中では最も活躍している保険です。
交通事故で車が壊れた時だけでなく、火災や洪水や盗難などによる損害を補償します。車両保険は利用される頻度が高いので、対人、対物賠償責任保険、人身傷害補償保険に比べて保険料が高く感じるでしょう。車両保険に加入するかしないかで自動車保険料が2倍以上になることもあります。とは言え、車両保険があると安心です。過失割合で折り合いがつかずに示談が成立していなくてもマイカーの修理代は支払われますし、自動車ローンを利用して新車を購入した場合には、事故や災害で車を失ってローンだけ残ってしまうようなことも避けることができます。

エコノミー車両保険と一般車両保険

車両保険には大きく分けて2つの種類があります。ひとつは「一般車両保険」、そしてもうひとつは「エコノミー車両保険」です。エコノミー車両保険の最大の特徴は、文字通り一般車両保険に比べて保険料が安く設定されているところです。車両保険の保険料が半額(1/2)位の違いになることがあります。

エコノミー車両保険

エコノミー車両保険は保険会社によって様々な呼称があります。補償の範囲を限定することで保険料を安く抑えているのですが、一般的に「車対車+A」や「車両危険限定特約」などと呼称されており、車対車の事故を中心に「火災・爆発」、「盗難」、「台風・洪水・高潮」、「騒じょう」、「物の飛来・落下」、「いたずら・落書き・ガラス破損」など、注意しても防ぎきれないような自然災害や犯罪被害等もカバーするような内容となっています。(最近では一部の自動車について盗難を補償の対象外とする保険会社もあります)実際のところ補償されない場合について考えていったほうが早いくらいです。

それではエコノミー車両保険では補償されない事故ってどんなものでしょうか?最も典型的なものは車以外のモノとの接触・衝突です。崖からダイブしてしまうような大事故はもちろんのこと、塀やガードレールなどでこすってしまったなど、ちょっとした不注意による事故がこれに該当します。また、車同士の事故の場合には事故の相手方が確認できた場合についてのみ補償されることになっていますので、いわゆる「当て逃げ」で相手のナンバーもわからないような状況では補償を受けることができません。(相手のナンバーと運転者または所有者が確認できることを要件とする保険会社が一般的です) ※一部の保険会社では、エコノミー車両保険で「当て逃げ」も補償しています。

一般車両保険

エコノミー車両保険では補償されない場合に備えるために一般車両保険が用意されています。一般車両保険では、地震や噴火・津波などの特殊な場合を除く、ほとんど全ての損害がカバーされることになっています。東日本大震災前まで地震・噴火・津波による損害を補償する特約が販売されていましたが、現在ではほとんどの保険会社が新規の引き受けを中止しています。新たに地震・噴火・津波によって車が全損になった場合に50万円(車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額が限度)が支払われるという新しいタイプの特約が一部の保険会社から発売されています。)

補償する内容

車両保険には、エコノミー車両保険と一般車両保険の他に、代車特約や新価特約、積載動産特約など様々な特約があったり、免責金額(自己負担額)も細かく設定できたりするので、ちょっと補償内容を見直すと、保険料がかなり変わってきます。面倒くさがらずに自分の補償の必要性を細かく検討してみましょう。

>>自賠責保険では足りない!自動車保険は必須!

なお、「楽天の自動車保険一括見積もりサービス」では、一般車両保険を「充実保障」、エコノミー車両保険を「車同士の事故と災害の一部のみ補償」と表示しておりますのでご注意ください。

車両保険の保険金額の決め方

車両保険の保険金額は、型式・年式・グレードによって「自動車保険の車両標準価格表」で設定できる金額が決まっているので、自分で好きな金額で加入することはできません。ただし、その金額にはある程度の幅があるので、その範囲内では好きな金額で加入することができます。乗用車の場合、車両価格表に載っている価格は、現在から過去8年までの間に新車登録された車の価格ですので、それより古い車になると、中古車相場の金額が参考価格になります。クラシックカーなどプレミアムがついた自動車は一般的には車両保険には加入できないことになっています。車両金額は時価額(その時点でのその自動車の価値)ということになりますが、1年間、契約した時の金額で補償されることになっています。保険期間3年間などの長期契約の場合には、年度ごとに保険金額を調整していきます。

車両保険の免責金額って何?

免責金額とは保険会社が支払いを免れる金額という意味で、保険金を受け取る側から言えば「自己負担額」ということになります。例えば、事故で壊れたマイカーの修理代が30万円だとすると、免責金額0円の場合は30万円支払われますが、免責金額を5万円として車両保険に加入していた場合は、受け取れる金額は5万円差し引かれ25万円となります。不足する5万円は自ら支払うことになります。

免責金額の設定の仕方は、

  • 1回目5万円-2回目以降10万円
  • 1回目10万円-2回目以降10万円

といったように、保険期間中の1回目の事故、2回目以降の事故の金額を設定するようになっています。

ちなみに免責金額は全損の時には適用されません。また、相手のある事故で相手方に過失がある場合には、相手からの支払いから免責金額が相殺されて自己負担額が無くなることもあります。例えば、マイカーの修理代が30万円、相手の過失が2割とすると、相手からの賠償金は6万円となります。仮に免責金額を5万円に設定していたら、それは相手からの6万円で相殺され、自分の車両保険から24万円支払われて自己負担はなくなります。このように、相手方の過失分の賠償金が免責金額以上になると自己負担額は発生しないことになります。

実はこの免責金額を大きくするほど保険料は安くなります。車種や等級などの条件によりますが、免責金額の設定次第で年間で何万円も差が出ることもあります。事故を起こして保険を使うと翌年以降の保険料が跳ね上がりますので、修理代が少額なら保険は使わない方が良いということも多いでしょう。少額なら保険は使わないということであれば、契約する際に免責金額を設定しておくことで保険料の節約が可能です。

保険金が支払われない場合を知っておきましょう

下記のような場合には保険金が支払われません。

  • 被保険者や保険金受取人の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等使用中の運転により生じた損害
  • 競技・曲技のために使用、または競技・曲技を行うことを目的とする場所で生じた損害
  • 戦争、外国の武力行使、革命、暴動、核燃料物質等によって生じた損害
  • 地震、噴火、津波による損害など
  • 詐欺、横領や差押え、没収など公権力の行使
  • 航空機や船舶で輸送中に生じた損害
  • 腐しょく、さびなどの自然消耗
  • 固定されていない部品や付属品に生じた損害
  • パンクやいたずら等によるタイヤの単独損害
    (ホイールや車体の損害と一緒にタイヤにも損害があった場合は保険金が支払われます)
  • 違法改造部品等に生じた損害

車両保険では、保険金が支払われない場合について、他の保険より細かく規定されていますので、注意が必要です。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート