自動車保険選びのポイント

どこで入る?自動車保険 ~代理店で入る場合

代理店型の自動車保険に加入する場合、もしかすると「どの保険会社に加入するか」よりも重要かもしれないのが「どこで加入するか」というポイントです。以下、 自動車保険に加入する際の代表的な経路についてご案内します。

なお、最近はネットで入れるダイレクト型の自動車保険も着実に増えてきています。
ダイレクト型は保険料も安く、ロードサービスなどが充実している保険会社も多いので、こちらを検討するのもよいでしょう。
ダイレクト型の自動車保険はコチラを参考にしてください。

自動車販売店で加入する

自動車保険に関していえば、おそらく最も代表的な経路は、自動車を買ったお店(ディーラー、整備工場など)で加入するというパターンでしょう。
しかし実際のところ、このケースでは自動車保険はなかなか話題の中心にはなりにくいのではないでしょうか。
これから購入する自動車の値引きやオプションのことなどを考えていると、自動車保険の内容や保険料のことなど正直なところ二の次になっちゃいますよね?

ところで、自動車販売店で保険に加入する場合、そのお店はどこかの保険会社の代理店ということになります。
ここで大手自動車メーカーのディーラーなどを除けば、取り扱う保険会社の数は限られており(もしかすると1社専属ということも)、保険会社を選択する余地はあまりありません。

また、いうまでもありませんが、これらのお店は自動車を売ったり整備したりするのが「本業」で、保険代理店はあくまで副業になりますので(兼業代理店などと呼ばれています)、特に小さな修理工場や板金屋さんなどでは、あまり自動車保険に詳しくない人が担当していたりします。

とはいえ万が一の事故の際に、電話一本で事故の受付から修理や代車の手配が完了して、後はおまかせという感じのワンストップサービスはやはり魅力的かもしれません。

楽天自動車保険一括見積もり スタート まとめて比較! 最短3分で簡単!

車検証・保険証券などを手許にご用意いただくと入力がスムーズです。

勤務先で加入する

勤務先が中小企業などの場合には、(断りにくいという意味で・・・)なかば強制的に保険に入らされることがあります。
団体を維持するための人数が足りないとか、子会社が代理店をやっているとか事情はいろいろ考えられますが、一定の要件を満たす会社であれば、団体扱の対象となって保険料が割引になるメリットがあります。(大企業の場合は30%を超える割引が適用されることも!)また、保険料については、給与天引きが利用できますので、保険料を払い忘れて保険が切れてしまったなどということがなく安心です。

しかし残念ながら、良いことばかりではありません。
勤務先で保険に入っていると、事故を起こした際に会社にそのことがバレてしまうというデメリットがあるのです。
申込の際にはなかなかそこまで気が回りませんが・・・

プロ代理店で入る

最近苦戦を強いられているようですが、文字通り「保険のプロ」です。
プロ代理店は、保険を専門で扱っているだけあって、おしなべてレベルが高く、よく勉強している人が多いです。なかでも経験豊富なベテラン代理店であれば、いろいろな裏ワザをもっている(?)かも知れません。
また、一般的にプロ代理店は自動車保険以外の保険についても知識の豊富な人が多いので、保険の事なら何でも相談できるというメリットがあります。

最後に、ここまで述べてきたことはあくまでも一般論です。
業態に関わらず「自動車保険のプロ」は存在しますので、上記を参考に頼りになるプロを見つけてくださいね。

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

楽天 自動車保険一括見積もり
楽天なら最短3分で複数社の自動車保険見積もりを無料で一括請求!保険料やサービスで比較が出来ます。
自動車保険の満期日をメールでお知らせ
お見積もりはこちらから
はじめて見積もる方
一括見積もりスタート
過去にご利用履歴のある方
履歴から再見積もりスタート