2015.05.29

【保険一括見積もりサイトを利用すべし】「見積もり結果」を扱う際のポイントは?


皆さん、こんにちは。
私、ペーパードライバーになりつつある、いや、なってしまったか?のノドカです。
そろそろ厳しいです。
運転しないと…


と言いつつも、今回は保険一括見積もりサイトについて考えてみました。


参照ページ:


保険一括見積もりサイトの落とし穴?

ネット上には、お家にいながら様々な保険会社の見積もりを比較できる、保険一括見積もりサイトが数多く存在しています。
とても便利なサービスで大変結構なのですが、気をつけなければならない落とし穴があるようです。

それは…
「同じ条件で算出しているとは限らない!」
という点です。

保険の一括見積もりをした後、保険会社各社から送られてくる見積もり結果は、当然皆さんが入力した条件を元に保険料などが算出されている、と思う訳ですが、実はその条件が反映されていない場合もあるようです。

というのも、保険会社は、保険料を算出する際に、算出に必要な最低限の情報のみを抽出している、とのことです。
そして一部の項目は、それぞれの保険会社によって独自に設定された条件にのっとって算出されてしまうため、入力した通りの条件で見積もり結果を正確に比較することは難しいのです。

同じ条件にするためには、保険会社のウェブサイト上で見積もりを修正しなければならないようです。
修正方法は、基本的に、保険会社ごとに送られてきた見積もりメールに記載されています。

ただ、当然ですが、自力で全ての保険をふるいにかけて比較するよりも、一旦、一括見積もりサービスを利用して、そこから自分が良いと考えた保険を選択した方が、はるかに効率的であることに変わりはありません!

押さえましょう。保険一括見積もりのポイント!

各保険会社の保険内容の全部を比較することは、ほとんど不可能です。
自分がどこを最重要視するか、そこはハッキリしておかないといけません。
闇雲に比較するのではなく、絞ることが大切!

では具体的に、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。
私が考える、見積もり時に注意すべきポイントは以下です。


■車両保険と傷害保険の内容をチェック!

車両保険:自分の車に対する補償
人身傷害補償保険:自分や家族のための補償で示談成立前に補償を受けられる

見積もりの中には、車両保険が入っていなかったり、エコノミータイプだったりと、対象外になっている場合があります。
それによって、保険料が安く算出されていることが多いので、安さに惑わされることなく確認を怠らないようにしましょう。


■特約内容が希望通りかチェック!

見積もりをする際に、保険会社各社は最低限の特約で算出していることが多いです。
自分が必要とする特約があるか確認しましょう。


■保険対象者の条件をチェック!

保険の対象となる運転者の年齢条件が、実際に家族に当てはまっているか、しっかり確認しましょう。
蓋を開けてみたら、まるっきり補償されていない!なんてこともありますので、入念にチェックしましょう。
また、年齢条件が各社で異なっていることもありますので、合わせてチェックが必要です。

安さだけに囚われないで!

チェックのポイントを見てきましたが、ここで言いたいのは、安さだけで判断しないでほしい、ということになります。
基本的に、安いということは、どこかを削っているから安くなっていることが多いものです。

自分が求めている保険なのかどうか、見積もり結果に対して、疑いの目をもって入念にチェックしましょう!


余談ですが、私は家の車の保険対象外年齢なので運転していません。
できません。
危ないですから。
年齢条件を変えれば済む話なのですが、なぜ変えないのか。
条件を変えたら高くなってしまうからです…
単純です…

ですので、レンタカーに乗るのです…
結果、ペーパードライバーになってしまいがちになるのです…

保険料を安くすることにこだわると、補償内容が不十分ということになり得ますし、本末転倒になってしまうだけでなく、私の家のように、未来あるドライバーの芽を摘んでしまう可能性もあります!
お気をつけください!!

…マイカー欲しいなぁ…


以上、保険一括見積もりについてでした!
ではまた♪





NEXT/STORY