2016.11.02

「第一種運転免許」について~僕がモテないのはそれを持っていないからというテイで~

そこの“一種”ってどういう感じよ。ネーミングの分かりづらさ、マンモス級につき。


ついこの間ハタチになったばかりの大学生の僕は、とにかくモテない。
どれくらいモテないかと言うと、ある日学校の廊下を歩いている時に前の女子大生いわゆるJDがイヤリングを落とし、僕がそのイヤリングを拾い、彼女に手渡そうと肩を叩いたのだが、振り返った彼女は僕を見て叫んで逃げていったくらいである。
僕はモンスターではないがイケメンでもないので、黄色い叫びの線はほぼない。

けれども、努力だけはしてみようと思い立ち、ふと考え至ったのが免許を取ってカッコいい車で登校することだ。
現状、教習所に通うお金も車を買うお金もないが、そんなものは強い想いさえあれば後から付いてくるはずである。
夏でも冬でも割と窓はオープンにし、颯爽と校門をくぐるイメージだ。
そうすれば少しは艶やかな視線にさらされることであろう。

早速、運転免許について調べてみるとしよう。


運転免許とは


ということでおさらいですが、運転免許証というのは、自動車や原動機付自転車の運転が許可されていることを示す公文書です。

その基準は道路交通法に基づいており、免許更新などの業務は警視庁及び各都道府県の警察本部が行っています。

そして、免許取得までの一般的な流れですが、教習所に入り、座学と運転実技を学び、修了検定を経て仮免許交付、公道での運転技能検定を受けて合格、それから運転免許試験場での学科試験合格の後に、ようやく免許が交付されます。
なお、視力は満18歳以上で片眼で0.3、両眼で0.7以上(コンタクトまたは眼鏡使用可)が必要です。

第一種運転免許は9種類

第一種運転免許は9種類


そもそもの自動車運転免許は大きく分けて、「第一種運転免許」「第二種運転免許」「仮運転免許」の3種類です。


●第一種運転免許
私的な移動目的で使用するための免許

●第二種運転免許
タクシーやバスなど、客を乗せて仕事として運転するための免許
※旅客目的でない場合は第一種免許でOK


●仮運転免許
これから自動車運転免許を取得する人が公道で運転練習するために必要な免許



そして、今回の主役、第一種運転免許は以下9種類に分かれます。
※“:”の左側は、運転免許証に記載の文言

◆大型:大型自動車免許

以下に当てはまる自動車。

◇車両重量が11,000kg以上
◇最大積載量が6,500kg以上
◇乗車定員が30人以上



◆中型:中型自動車免許

以下に当てはまる自動車。

◇車両重量が5,000kg以上11,000kg未満
◇最大積載量が3,000kg以上6,500kg未満
◇乗車定員が11人以上29人以下


◆普通:普通自動車免許

大型特殊自動車、特定二輪車を含む自動二輪車、小型特殊自動車のいずれにも該当せず、以下に当てはまるもの。

◇車両重量が5,000kg未満
◇最大積載量が3,000kg未満
◇乗車定員が10人以下


◆大自二:大型二輪免許

総排気量400ccを超えるオートバイを運転するのに必要な免許。

◆普自二:普通二輪免許

総排気量が50cc超400cc以下のオートバイを運転するのに必要な免許。

◆大特:大型特殊免許

ショベルカー、フォークリフト、クレーン車など、特殊な用途のために特殊な形状構造をした自動車を運転するのに必要な免許。なお、作業には別途作業免許が要るので、あくまでも走行移動させるためだけの免許。

その他、大型トラック、ダンプカー、タンクローリー、生コンミキサー車などが該当。

◆小特:小型特殊免許

車体の長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2m以下の特殊自動車で、時速15kmオーバーを出すことができない構造のもの。

例えば、築地などの市場で見かけるターレット、農業用の小型車、コンバイン、トラクターが該当。

◆原付:原動機付自転車免許

総排気量が50cc以下の二輪、また総排気量が20cc以下の三輪以上の自動車を運転するのに必要な免許。

◆け引:けん引免許

車両の後ろに750kgを越える車両を連結器で接続し、引っ張りながら運転する場合に必要な免許。

例えば、大きめのキャンピングカーや大型トレーラーが当てはまる。


※<関連>職業と必要免許

※<関連>職業と必要免許


せっかくなので関連知識として、いくつか職業ドライバーが必要な免許を示します。


《運送業(トラック運転手)・引越し業》
中型一種

《土木・建設業》
大型一種、大型特殊

《路線バス・観光バス運転手》
中型二種、大型二種


最後に │ 何事も“普通”はもうダメなのかもしれない


まあ結局のところ、普通免許で通常の生活は十分事足りる。
しかしながら、仕事や趣味の都合で特殊な車を運転する場合には、別に免許を取得する必要があることが分かった。


普通に普通免許を取得し、普通に車で登校して、普通にブイブイ言わせて、普通に振り向いてもらおうと思っていた僕だが、普通のことをしていては、普通にモテない気がしてくる。
普通免許など、あくまでも普通なのだから。

そんな人間はこれからの時代、間違いなく普通に埋もれて、普通に淘汰されていくだろう。



ということで、手始めに小型特殊免許でも取得してやろうではないか。

なんのこっちゃ。







NEXT/STORY