2017.12.20

三森ミッドタウン(MITSUMORI MIDTOWN)

Grand Opening!!!










三森ミッドタウン



俺





(へぇ、なんか新しい商業施設できとるやん、MITSUMORI MIDTOWNか、最近こういうの増えてきとるな、ちょっと覗いてみよか)












入店




俺





・・・・・



コンシェルジュ





いらっしゃいませ!



俺





・・・・・



コンシェルジュ





そして、おめでとうございます!



俺





え?



コンシェルジュ





あなたは、三森ミッドタウンのグランドオープン以来894人目の記念すべきお客様となりますので、本日限定で使用できる特別優待パスの方、お渡しさせていただきます!

なお、ご優待内容につきましては、パス裏側に記載がございますので、お目通しいただけますでしょうか!

こちら、日本初上陸ブランドの店舗もたくさん入っておりますので、存分にお楽しみください!




俺





ちょっと、声うるさいですね。



コンシェルジュ





おめでとうございます!



俺





うるさいですって。



コンシェルジュ





どうぞ!



俺





いやいや。




三森ミッドタウン




コンシェルジュ





どうぞ!



俺





・・・・・



コンシェルジュ





おめでとうございます!



俺





・・・・・



コンシェルジュ





おめでとうございます!!



俺





近い近い。



コンシェルジュ





おめでとうございま~す!!



俺





何しとんねん!!



コンシェルジュ





・・・・・



俺





何をしとんねん、さっきから。



コンシェルジュ





ですから、あの、こちら、この世で1枚しかない特別優待パスでございます。



俺





いらん。



コンシェルジュ





い、いらない?



俺





いらん。



コンシェルジュ





え、いらないんですか?



俺





いらんて。



コンシェルジュ





そ、それは、なぜでしょうか??

何がしかの理由がおありでしょうか??

お客様ほど慎ましい人間は非常に珍しいので参考までにご意見いただけますと幸いです!!!

弊社一丸となって改善して参りたく存じますので!!!




俺





じゃかしい!!!



コンシェルジュ





・・・・・



俺





落ち着け。

な?



その優待券みたいなやつ、894人目の客に渡すんかい。




コンシェルジュ





さようでございます。



俺





・・・・・



コンシェルジュ





・・・・・



俺





893人目には渡してへんのか。



コンシェルジュ





はい、お渡ししておりません。



俺





895人目には。



コンシェルジュ





お渡しする予定はございません。



俺





1人目には。



コンシェルジュ





記憶にございません。



俺





894人目には?



コンシェルジュ





お渡しします!!!



俺





きっしょ!!!



コンシェルジュ





・・・・・



俺





むちゃくちゃやん。
そのパス、なんやねん。
なんで、894やねん。




コンシェルジュ





申し訳ございません。
なぜというのは、存じ上げません。




俺





存じ上げない?



コンシェルジュ





ここだけの話、私、今日だけヘルプで入っている身分でして。



俺





・・・・・



コンシェルジュ





ですので、損することは絶対にございませんし、とりあえず受け取っていただけますでしょうか。

私の面目も一応ございまして、実は、嫁の方が収入がスゴく高くてですね、もうこれ以上毀損されるのはちょっと、というところもありまして。




俺





知らんがな。
アホか、オマエ。


再確認やけど、ホンマに894人目に渡せって言われてんのか?




コンシェルジュ





はい、決起集会的な場でも、そのように言われました。



俺





誰に。



コンシェルジュ





上層部です。



俺





ディベロッパーの人か。



コンシェルジュ





はい、そういう風に見えました。



俺





見えた?



コンシェルジュ





どうぞ。




三森ミッドタウン





俺





・・・・・



コンシェルジュ





・・・・・



俺





次寄って来たら、どうなるか分かってんねやろな。



コンシェルジュ





なんとなく分かりますが、まだ困ります。

始まったばかりですし。




俺





いや、ほんで、さっきから俺の後ろ、お客さんがどんどん入っていってるけど、全部無視してるよね。



コンシェルジュ





はい、当然です。
894人目以外は特に何もございませんので。




俺





いや、だから、なんで、894なんじゃ。



コンシェルジュ





いや、だから、それは存じ上げません。



俺





いや、だから、ちゃうんじゃ。
安定して腹立つな、オマエ。




コンシェルジュ





・・・・・



俺





どうやねん。



コンシェルジュ





どうと言われましても、本当に存じ上げないんです。
仕方がないんです、こればっかりは。




俺





は?



コンシェルジュ





はい。



俺





はい、やあらへんがな。



コンシェルジュ





・・・・・



俺





ていうか、事情はどうでもええけど、それ、1,000人目とか10,000人目に渡した方がええんちゃうんけ。

そしたら納得感も多少あるやろ。
894の意味が分からへん。




コンシェルジュ





まあ、私に一切の裁量権がないので、やはり何とも言えないんです、そこは。
各方面いろいろとお考えがあってのことかとは思うのですが。




俺





いや、ちょっと、上の人というか責任者、呼んでもらってええか。



コンシェルジュ





はい、私が責任者です。



俺





あ?



コンシェルジュ





この場合の責任者は私です。



俺





この場合?



コンシェルジュ





私で相違ございません。



俺





いや、ほんなら、俺はいらんから、他の人に渡せ。

以上。




コンシェルジュ





いえ、ですから、そこの権限は私にはございません。



俺





いや、責任者なんやろ?



コンシェルジュ





はい、レッキとした責任者でございます。



俺





じゃあ、ゴチャゴチャ言うな。
まだるっこしい。

しれっと上手いことやっといてくれ。
俺はいらんから、そういうの。
特に買いたいもんもないし、暇潰しで軽く見るだけやから。




コンシェルジュ





でしたら、より受け取っていただいた方がよろしいかと。



俺





・・・・・



コンシェルジュ





確実に。



俺





何を言うとんねん、オマエ。



コンシェルジュ





要するに、そういう全く購買意欲のないお客様にこそ、必要なパスなのかなと。
言い切れます、そこは。




俺





・・・・・



コンシェルジュ





スペシャルですので。



俺





底気味悪いやっちゃな。

ずっと目バキバキやないか、オマエ。




コンシェルジュ





少々お手を煩わせてしまいましたが。



俺





少々?



コンシェルジュ





多々ってほどではないかと。



俺





・・・・・



コンシェルジュ





いってらっしゃいませ。



俺





なんじゃ、オマエ。





コンシェルジュ





・・・・・





俺





・・・・・







三森ミッドタウン





俺





なんや、これ、気色の悪い。





ん、ん!?

値段を見積もって、ピタリ賞でプレゼント?

全店舗、全商品、全サービス対象?






フロア女性





・・・・・



俺





あ、お姉さん、ちょっと。



フロア女性





はい、どうなさいました??





三森ミッドタウン




俺





これ、知ってます?



フロア女性





あー!
見積もりパスでございますね!
本日限定のスペシャルパスです!

お客様スゴいですよ。
ひとりだけだったはずですよ、そのパスを貰えるのは。




俺





やっぱ、そうなんですか。

ほんで、ここに書いてあるんですけど、商品の値段とか見積もって、当たったら、それタダでくれるってホンマですか?




フロア女性





そのようですね。

この機会に企業がこしらえたゲーミフィケーションの一種です。




俺





説明のクセ。

頭は良さそうやけど、スゴいクセやな。




フロア女性





クセ?



俺





いや、でも、オモロすぎますわ。
よう稟議通りましたね、こんな施策。

ただ、ほぼ当たりませんよね、これ。
1円単位で当てないといけないんでしょ?




フロア女性





はい、ニアピン賞などは、ご用意ないですね。



俺





ですよね。



フロア女性





しかし、難易度が極めて高いからこそ大きな話題になる、という側面もございますので。

また、お客様に死ぬほど楽しい時間を過ごしていただきまして、各種SNSに投稿していただくことを期待しております。
特にピンタレストですね、弊社がこのところ比重を置いているのは。




俺





比重を置くSNSのクセ。
いぶし銀。




フロア女性





ありがとうございます。



俺





いや、褒めてはないです。
ていうか、こんな訳の分からんパスの写真撮ってピンしたとて、誰もピンとこうへんでしょ。




フロア女性





お、お上手ですね。



俺





別にそうでもないと思いますけど、逆にスベるんで、やめてもらっていいですか。



フロア女性





あの、もしよろしければ、名刺交換させていただけませんでしょうか。



俺





はい?



フロア女性





実は弊社、センスメイキングが巧妙でかつ論理も鋭いような、つまりは右脳ベースで左脳も機能しておられるような、変な人材を確保することに長らく苦戦しておりましてですね。
あなたを弊社幹部に推薦できたらなと、胸騒ぎがしてしまいまして。




俺





・・・・・



フロア女性





すみません、いきなり言われても悩まれますよね。
喫緊というわけではございませんので。




俺





いや、悩んではない。
だいたい、推薦する張本人が、変な人材って言うてる時点で、反りが合わんやろが。




フロア女性





いえいえ、とんでもございません。
ちゃんと胸騒ぎいたしましたし。




俺





言いたいだけやないか。
しかも本来は悪い意味で使うねん、胸騒ぎは。

そもそもね、名刺交換なんか、ほぼ価値ないですからね。
ホンマに興味のある人間とは、個人の電話番号とかLINEとか、そういうしっかりしたもんを交換した方がいいですよ。




フロア女性





おっしゃる通りでございます。
それでは、ご実家のお電話番号よろしいでしょうか。




俺





実家の電話番号??

なんでやねん。




フロア女性





強いて言いますと、それが双方にとって有益だからです。



俺





いや、強いて、とかじゃなくて。

なんで?




フロア女性





まあ、あまり大きな声で言えることではないのですが、その方のご家族の受け答えや会話の雰囲気などで、推し量れる部分もございますので。



俺





おい、リファレンスのクセ。

いや、それ、タレントプロダクションとかが子どもを面接するときのやつやろが。
親を見て、子どもがどう成長していくか判断するみたいな感じのやつやないか。
そんなもん、普通の企業の採用でやったとて、しゃあないやろ。




フロア女性





ええ、ジョークです。



俺





いや、遊び心のクセ。
むちゃくちゃやん、ジブン。


もう、ちゃいますやん、何のくだりでしたっけ、今これ。




フロア女性





見積もりパスに関してですよ。



俺





せやせや、せやがな。
ですよって、おたくが変な角度から変なん放り込んでくるからでしょ。


だから、えっと、その会社の狙いからしたら、見積もりパス与えるのひとりって、おかしいですからね。
もっと配布した方が生産的やっちゅう話でしょ。




フロア女性





たしかに、そうなんですよね。
なぜ1名なのかは、謎ですね。




俺





あー、もういいですわ、どうでも。


とりあえず、欲しいもんあったら、これ使わせてもらいますんで。




フロア女性





はい、是非是非。


あ、ちなみに、見積もりが外れるとアレですので。




俺





うわ、倍の金額で買わされたりします?



フロア女性





いえ、ちょっと軽率なタメ口で接客されます。



俺





なんやねん、それ。



フロア女性





相手がキレるかキレないかぐらいの絶妙なタメ口感で接客しなさい、ということになっております。



俺





なんや、それ。
めちゃめちゃ度胸とスキル問われるやん。
むしろ、そっちサイドの罰ゲームみたいになってるやん。




フロア女性





そうですね。
なので、この日のためだけに、先週、全従業員を対象に、秀逸タメ口講座という名の研修を開催いたしました。




俺





気持ち悪いな、おい。

いや、ウソでしょ。




フロア女性





いえ、ホントです。

およそ半日に渡るカリキュラムです。




俺





・・・・・



フロア女性





講師も、ミツモラザール・オエナイ氏という実績豊富で才能あふれるユニークな方に務めていただきまして、三森ミッドタウンとして圧倒的な統一感を出そうとする企業努力とでも言うのでしょうか、他社には決して真似できない一貫性は、弊社の自信とプライドの表れでございます。



俺





え、え?
なんて?
講師、誰って?




フロア女性





ミツモラザール・オエナイ氏です。



俺





誰やねん。
むちゃくちゃやん。
前半まだマシやけど、後半エグいやん。




フロア女性





そういったテイストで、これまでもやってこられた方なのかなと。
さすがに、本名というのは疑わしいですが。




俺





疑わしいちゃうねん、絶対ないねん。
キモすぎるやろ。

あと、そこまでいったら、“オエナイ”じゃなくて“ヲエナイ”の方がキャッチーやろ。
なんで、“ヲ”だけ、いじっとんねん。
ていうか、そんなテイストで仕事してるヤツ、ロクな人間ちゃうやろが。




フロア女性





それ、最初、私も強く感じました!



俺





いや、強く感じました!ちゃうねん。

お姉さん、何してる人なん?




フロア女性





何もしておりませんよ。



俺





何もしてへんねや。
スゴいな、それ。

見た目シュッとしてはるし、ずっとボケ倒してる感じあるのに、何もしてないんや。




フロア女性





ボケるなんて、そんなそんな。
素地を持ち合わせておりません。
それに私、俗に言う帰国子女なので、日本のお笑いは全然。


あの、そろそろ仕事に戻らないといけませんので、よろしいでしょうか。




俺





素地って、持ち合わせた言葉のクセ。
ほんで、何もしてへんのに、仕事に戻んのかい。

ずっと、めちゃくちゃやな。




フロア女性





引き続き、お楽しみくださいね。

楽しいこと請け合いですし。




俺





・・・・・



フロア女性





・・・・・



俺





・・・・・







三森ミッドタウン



俺





背筋、伸びとるなぁ。







俺





(まあ、せっかくやし、試しにどっか店入ってみたろか、お、食品系の店や)







三森ミッドタウン



後輩店員





いらっしゃいませ。



俺





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





結構いろいろ売ってはるんですね。



後輩店員





はい、栄養価の高いオーガニック食材を中心に、世界中から厳選した良質な商品を取り揃えております。

食品だけでなく飲料や日用品も置いておりますので、気になるものございましたら、お声掛けください。




俺





そうですか。

ちなみに、どれも値段が書いてないですね。




後輩店員





あ、はい。

あいにく、オープン初日のみ空気を読みつつ、値札を外すように言われておりまして。

三森ミッドタウン全体の高級感を演出するブランディングの一環みたいなことなのかもしれません。




俺





いや、そんなカッコええもんちゃうと思いますよ。

このパス使えますよね?




後輩店員





うっわ!
お客様これ!
使えます使えます!
使えますとも!
当たり前だす!




俺





あからさまに変なモード入ったな。
だす、言うてもうてるし。




後輩店員





申し訳ありません、こういうの初めてなので。



俺





そりゃそうやろが。
こっちのセリフやろ。



じゃあ早速、このチョコレート、いいですか。
カカオ99%の。




後輩店員





かしこまりました。
お待ちください。

お値段の方、確認しますね。
ほとんど覚えてないので。




俺





ほとんど覚えてないんかい。
3割ぐらいは覚えとけや。
オープン初日やろが。




後輩店員





よし、確認完了です。

では、どうぞ。




俺





税込みで?



後輩店員





はい、税込みでお願いします。



俺





1,980円。



後輩店員





じゃんにぇん!
1,634円!




俺





はい、刻んだ。

案の定、やっとんな。
当たらんな、これ。




後輩店員





やらせていただいてます、るよ、この野郎!
新入りなのに、いきなり任せてもらって、この野郎!




俺





いや、オマエ、タメ口ごっつ下手や、ん??



後輩店員





・・・・・



俺





・・・・・



後輩店員





さあ、どうしよう!
次やろうか、この野郎!




俺





おい。



後輩店員





はい。



俺





顔、やめろ。



後輩店員





え?



俺





タメ口とかどうでもええぐらい、なんや、その顔。



後輩店員





顔?





三森ミッドタウン




俺





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





タメ口の研修みたいなんがあったとは聞いてるけど、そんな顔も教わるんか?



後輩店員





いや、自前です。



俺





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





どうなりたい?
オマエの中の全オーガニックをノンオーガニックにしたろか?




後輩店員





い、いや、このターン終わらないと、どうともならない感じが。



俺





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





これ。

はよせえ。

このヨーグルト。




後輩店員





それは覚えてます。
割と好きです。




俺





知らんわ。
745円。




後輩店員





ブッブゥ!!
30,000円!!




俺





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





意味が出てくるから、やめろ。



後輩店員





意味が出てくる?



俺





趣旨とちゃうやろが。
皆ここまでやってきとんねん、バトン繋いで。

軽々しく離れんなや、見積もりパス周りから。
ましてやオマエごときの下っ端が。




後輩店員





・・・・・




三森ミッドタウン




後輩店員





・・・・・



俺





・・・・・



先輩店員





お疲れ。



後輩店員





あ、先輩!



先輩店員





どう、調子は。



後輩店員





それが、あの、例のお客様です。
お見積もりの。




先輩店員





あー!



後輩店員





はい!



俺





・・・・・




三森ミッドタウン




先輩店員





・・・・・



後輩店員





・・・・・



俺





おい、手前。

オマエ、何してんねん。




先輩店員





あい?



俺





まだ見積もってもないぞ、対オマエでは。
たかだか中堅がいちびりやがって。





三森ミッドタウン




先輩店員





・・・・・



俺





・・・・・



店長





お疲れ様。



先輩店員





・・・・・



店長





どうかした?



先輩店員





あ、店長!

いえ、何も問題はありませんので、そろそろフラッシュで。




店長





あら、やけに早いわね。



俺





フラッシュ?



先輩店員





というのも、こちら、例のお客様です。
お見積もりの。




店長





あら、じゃあモブね。



俺





モブ?



先輩店員





まあ、テナントはしっかり考えて出店しましたし、マーチャンダイズも練りに練った成果が出ているのかと。



店長





なるほど、とっても好発進。



俺





フラッシュモブ?



店長





好!



先輩店員





発!



後輩店員





進!



店長 先輩店員 後輩店員





三森ミッドタウン!!!

満員御礼!!!




俺





うおー!!!





三森ミッドタウン




店長





はい終わり!!



俺





も、もう終わり!?



店長





有終の美を飾って!!!



俺





まだ早いって!!!



先輩店員





しめて!!!



俺





早い早い!!!



後輩店員





おとして!!!



俺





まだ踊れる!!!



店長 先輩店員 後輩店員





早く!!!



俺





大丈夫!!!



店長





しんどいって!!!



俺





こっからやって!!!



店長 先輩店員 後輩店員





顔がつる!



俺





そりゃダメだ!!!



店長 先輩店員 後輩店員





こりゃ限界だ!!!!



俺





という、当代随一のインプロビゼーション!!!!!




三森ミッドタウン





このストーリーは、ほぼほぼフィクションです。

登場する人物・団体・名称等は架空であり、
実在のものとは関係ありません。

その点、お見積もりください。





◇Illustration by Kusuo Morii