2017.09.06

【ドライブ女子の休日】割と秘密にしておきたい海外リゾートのようなスパ

Vantage Trip:Gotta Go


さて、皆さん!
女性の皆さん!
ストレス、溜まってませんか?
いや、溜まってないわけないですよね?
語弊を気にせず言えば、生活の8割方はストレスですよ。


ほい、だから。
自分に定期的な癒しをプレゼントしてあげましょう。
何事も、溜め込まずに発散するが吉。


ということで、ここで月並みですが、ドライブ&旅行のご提案。
向かうは湘南のR134。

かつ、クルマであれば、ひとりでもシャシャッと出かけられるのが嬉しい。
もちろん、友人、家族、彼、夫が一緒でも、カジュアルな空間で気軽にお喋りできる点がいい。
しかも、公共交通機関を使わないということは、スパ帰りのツルピカ肌のうえに、いちいちメイクする必要もありません。


とにかく、カラダもココロもキレイになって、日頃の疲れをおもいっきり吹き飛ばしましょう。


そんなことで、いつもガリガリ頑張っている女子たちに、女前なドライブスポットをご紹介!

癒しの理想郷へ

癒しの理想郷へ



さあ、ドライブとなると、やっぱり海は外せない。


でも、アクティブ女子は、海沿いを走るだけじゃ物足りない。


美食に、温泉に、エステに、なんやらかんやら。




ということは、全部取りのスパで決まり。


江の島アイランドスパ

江の島アイランドスパ


“Top10 SPA of JAPAN”を5年連続受賞している、『江の島アイランドスパ』通称『えのすぱ』。

江の島弁天橋を渡り最初に見えてくる青銅鳥居の右側にあるものの、参道から1歩奥まったところにエントランスがあるために、気付かずに素通りしてしまう人も多い隠れ家的スパ。



夏に大混雑する湘南ビーチとは別世界の、優雅な空間が広がっています。





はい、いきなりドン。

インフィニティプール



どうですか、このプーーール!!
インスタグラマー垂涎のインフィニティプーーール!!


2Fのスパエリアにあって、海越しに富士山が拝めるということもあり、ヨーロッパなど海外から、これ目的で江の島アイランドスパを訪れる旅行者も少なくありません。
ジャグジーで外国人カップルや家族連れがくつろぐ姿を見ていると、ここは海外リゾートなのか!?なんじゃこりゃ!?という風な感じになってしまうこともあると思いますから。
そりゃ、あるでしょう。


いろいろ妄想しながら、おもむろにビーチチェアに横たわれば、もうそこはワイハ~。
波の音を聞きながら、リゾート地で過ごしているかのような気分になること必至。


なお、スパエリアにはインフィニティ以外にもプールが何種類かあり、季節に応じて水温も調節してくれているので年中楽しむことができます。




そして、意識高い系女子を癒す二大巨頭は?と聞かれたら、ほぼほぼ温泉とエステですよね。


1Fの洞窟エリアには、清泉、洞窟泉、彩色泉、滝、露天泉、寝湯、サウナと、いろいろ盛り沢山。
寝湯でまどろみながら海を眺めるなんてどうでしょう。

2Fの屋外エリアには露天プールに採暖泉、屋内エリアにはジャグジー付きの洗芯泉や落下泉、水と光のウォーターパールショーが行われる天陽泉も。
※11月~3月は一部の浴槽(露天泉、寝湯、彩色泉、洞窟泉)がクローズする可能性あり


エステ



あとは、本館4Fの「弁天スパ」、3Fの「富士海湯」には是非立ち寄りましょう。


弁天スパでは、フェイシャルトリートメント、ボディトリートメント、ヘッドスパ、オーラルケアなど、あらゆる施術を提供してくれています。
60分以上のコースをオーダーすれば、天然温泉とスパプールの利用料が無料になり、さらに地下駐車場の優先利用サービスも。




それから、ドン。

富士海湯


富士海湯。
地下1,500mから湧き出した天然温泉で、相模湾と後方にそびえ立つ富士山を眺めながら入浴することのできる癒し度MAXのホットスプリング。
高温湯、中温湯、炭酸泉に分かれていて、サウナや水風呂も併設されているのがナイス。
なお、施設利用料に含まれるので、入浴自体は無料。



さらに、2Fにある「痩芽身(ゆめみ)」は江の島唯一の整体院で、エステだけでなく、マッサージも欲しいという人にもうってつけ。
また、酸素カプセルもあり、インして眠るだけで頭も身体もスゥーっと軽くなりますよ。
なお、痩芽身も酸素カプセルも、施設利用料とは別途料金がかかります。





それからそれから、旅に絶対的に欠かせないもの。

それは美味しい食事。

アイランドグリル


というわけで、本館4Fにある「アイランドグリル」。
料理はもとより、眺望が日本随一。

富士山と輝く広大な海を見ながら、地場の新鮮な野菜や魚介類を堪能することができます。
当然ながら窓際席は人気なので、事前予約がオススメ。
ちなみに、スパ利用者以外も、レストランのみの利用は可能です。

オーシャンサイド



ちょっと小腹が空いたら、1Fの「ムーンライトカフェ」で軽食やスイーツを。
サザエを丸ごと使った“龍神カレー”、しらすがたっぷり入った“海のパニーニ”、珈琲ソフトクリームに水出しコーヒーなどなど。
オープンサイトは、雰囲気がまた格別です。





極め付きは、別館があり、スパリゾート周辺もレベルが高い。

江の島アイランドスパ周辺



テラス席が人気の「湘南バーガー」や、江の島唯一の回転寿司屋「まぐろ問屋 三浦三崎港 江ノ島店」が、別館に入っています。

スパの外を少し歩けば、しらす丼の有名店や、サザエやハマグリを店頭で焼いているお店がいくつも並び、香ばしい匂いを漂わせています。

また、江の島の頂上までエスカーで登れば、サムエル・コッキング苑内にあるフレンチトーストで有名なカフェや、太平洋をテラスから望めるスタイリッシュなレストランもあります。





一言で、至れり尽くせりです。
もう、説明は必要ありませんね。

いってらっしゃいまし。


最後に


江の島アイランドスパ、美的でしょう。

飛行機に乗らずして海外リゾート顔負けの空間に浸れるわけで、海外に行くことを考えたら、相当リーズナブルで何度でもリピートできてしまいます。

それに、島内や門前町にも海鮮のお食事処や湘南の有名店があまたあって、何を食べるか悩むことが至福の時間だったりします。




おまけに、帰路。
夕陽に染まる江の島を見ながらのドライブが、これまた壮麗なのであります。

夕陽に染まる江の島



INFO


◆江の島アイランドスパ<えのすぱ>

★温泉スパ施設利用料
ワンデイパス:大人2,750円(消費税および入湯税別)
※毎週月曜日はレディース割引1,925円


●住所
神奈川県藤沢市江の島2-1-6


●電話
0466-29-0688


●営業時間
ー3月~11月
10:00~22:00(最終受付21:00)
※スパエリアは21:00終了

ー12月~2月
11:00~21:00(最終受付20:00)


●駐車場
藤沢市観光協会 江の島駐車場
江の島なぎさ駐車場
県営江の島駐車場
※本館温浴施設内で10,000円以上のご利用で4時間サービス
※「弁天スパ」予約時に地下駐車場の事前予約も可能



-----------------------------------


◆湘南バーガー

●住所
神奈川県藤沢市江の島2-1-5 江の島アイランドスパ別館1F


●電話
0466-29-0688


●営業時間
ー3月~11月
10:00~19:00(L.O. 18:50)

ー12月~2月
平日 11:00~18:00(L.O. 17:50)
土日祝 11:00~19:00(L.O. 18:50)



-----------------------------------


◆まぐろ問屋 三浦三崎港 江ノ島店

●住所
神奈川県藤沢市江の島2-1-5 江の島アイランドスパ別館2階


●電話
0466-25-0587


●営業時間
11:00~21:00(L.O. 20:30)








NEXT/STORY