2015.11.10

【難しすぎる女心を徹底解剖】連れてったら、ほぼ100%フラれがちなデート場所WORST3

気になる女心をリサーチしてみた(その4)

付き合いたての恋人同士にとって、初めてのデートは、その後を左右する岐路になると言っても過言ではありません。
そして、男性は基本的にリードを任されることが多いので、デートプランを練る立場になることは多いはずです。

そんな折、肝に命じておいてほしいことがあります。
「相手の女性は、俺と一緒なら、どこに行っても楽しいはずだ♪」は相当マズイということですね。
木村拓哉さんレベルの男性であれば、そういう攻め方で通用するかもしれませんが、ほぼほぼアウトです。

「好きな人と一緒なら、どこへ行っても楽しい♪」みたいな天使のような女性も中にはいますが、それはやはり少数派になります。


女性は基本的に、リアリストで合理的な生き物であり、デート中の男性の態度や判断力、金銭感覚やサービス精神などで、相手が自分の将来の伴侶になり得る人間なのかどうかを測っていますから。

ですので、付き合いたてのうちは特に、相手を落胆させてしまうようなデートは、極力避けていただきたいのです。


そんな訳で、初めてのデートで連れていったら、女性に「この人とは無いな」と思われてしまう可能性大のデートスポットを、アンケート結果と共に紹介していきます。

パチンコや競馬などのギャンブル場

まずは誰もが納得の埒外(らちがい)スポットが選出されました。
パチンコ店や競馬場などは、連れの女性がよほど興味があるとかでない限り、全力で避けなければならない場所ですね。


嫌な理由として

『オジサンばっかりいるし、ムードもへったくれもない。』
(20代/OL)

『パチンコ店うるさいしタバコの煙も嫌だし論外。』
(20代/フリーター)

『この人、完全にあたしのこと喜ばす気がないんだな、自己中な人なんだなって思う。』
(30代/メーカー勤務)

などなど


中でも多かったのが

『ギャンブル好きっていうだけで、経済的な感覚がまともだとは思えない。』
(30代/主婦)

という類の意見でした。


ギャンブルを嗜む側からすれば、生活が破綻しない範囲内で趣味として楽しんで何が悪い!と言いたくなるのも分かりますが、女性側からすれば、相手のことをよく知らないうちに、ましてやデート時にギャンブル場に連れていかれたら、「この人は結婚したら家庭を顧みずギャンブルに没頭して身を滅ぼすタイプかも…」となってしまうのも無理からぬことですね。

とりあえず、ここは避けた方がよさそうです。

山、川、海といったアウトドア

アウトドア好きな男性は多いと思います。

そういった男性たちに、アウトドアデートをチョイスする理由を聞くと、「彼女に釣った魚を食べる喜びとかを教えてあげたい」や「青空の下で飲むコーヒーの味を教えてあげたい」などといったことを陶酔感でもって語ってくれます。

確かに女性にとって、普段はなかなか行かないような自然豊かな場所に連れていってもらったり、アウトドアでの遊びを教えてもらうことは刺激的ではあるのですが、そういったデートは、それなりに仲良くなってから、しかも了承を得てから実行していただきたいデートプランだというのが本音です。

山、川、海といったアウトドアスポットに行くのは、初めてのデートとしてはハードルが高過ぎる模様です。


理由として

『外が寒かったり暑かったりで、面倒くさいし気が進まない。』
(20代/営業)

『山の中とか歩いたら靴とか汚れるじゃん。せっかくオシャレしてるのに。』
(20代/フリーター)

『自力で帰れないとこに連れていかれると不安になる。』
(30代/看護師)

など


そして、最も多かった意見は

『アウトドアスポットでトラブルに巻き込まれたら対処に困る。』
(20代/学生)

的なものです。


自然豊かな場所は、景色が良くて、空気も美味しいですよね。
一方で、そういった場所の天気は変わりやすかったりして、何の準備もせずにアウトドアデートに連れていかれてしまうと、服が汚れてガッカリしてしまったり、気温の寒暖差で体調が悪くなってしまったりなんてことも大いにあり得ます。

仮に、彼女をアウトドアデートに連れて行くとしても、了承を取ってからにすべきで、「彼のことまだあまり知らないのに、遠出とかして事故に遭ったらどうしよう…」と彼女が気苦労しないように、補償がしっかりした保険に入っておくことなども、できれば考えるようにしたいところです。

温泉や夜景などの下心丸出しスポット

どんな場面でも、とにかく「相手の気持ちを思いやること」は大事ですよね。
いくら男性側が盛り上がっていても、女性側はまだまだ好きになり始めている段階!みたいなことはよくあることです。

そんなタイミングでムードたっぷりの場所に連れていかれたり、泊り前提の場所に連れていかれると「なんかギラギラしてるし、イヤだわ~」と悲観的な展開になってしまうかもしれません。


『はじめのうちのデートで温泉とかあり得ない。展開が早いわ!ってなる。』
(20代/フリーター)

『昼間は普通にデートしてたんだけど、夜になって、いきなり夜景に連れていかれた時は引いた。何を期待してんの?ってなった。』
(30代/主婦)

『夜景見て「きれいだね~」って彼の方を向いたら、タコ口でキスしようとしてきて、普通に突き飛ばしちゃったことはあった。』
(20代/学生)


ということで、男性側にそんなスケベ心はなかったとしても、温泉などの宿泊前提の場所や、ムードたっぷりの夜景スポットなどは、女性側にそれ相応の警戒心を抱かせてしまいます。

そういった場所は、完全に彼女の気持ちを奪いきってからが吉です。

まとめ

以上が、ほぼ100%フラれがちなデートスポットWORST3です。

総合的に鑑みると、ダメなのは、相手への気配りや思いやりが感じられない場所ですよね。
さらに言うなら、デートするにあたって、何か問題が起きても余裕で大丈夫な場所が無難ということですね。

ドライブデートをするにしても、車の温度調節や相手の次の日の予定の把握、それに合わせた時間調整、トラブル対応のチェックや自動車保険の加入、といったところまで忘れないようにしたいところです。



とにもかくにも、どうか大切な人との大切な時間が、素晴らしいものとなりますように。




**************************
調査方法 :インターネットリサーチ・取材
調査期間 :2015年9月10日~9月11日
調査対象 :全国20~30代女性
集計対象数 :50名
**************************

<文/前川優香>





NEXT/STORY