2015.08.20

【ドライブで行く】富山の人気観光スポット~絶景♪ドライブでしかいけない富山の海岸~

富山の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた

富山県の地理的な特徴は、その高低差にある。

県の中央部には、複数の河川が作った富山平野があるが、富山湾には浅瀬がほとんどなく、大部分は水深300m以上で、最も深い場所は1,000mを超える。

3,000m級の立山連峰から一気に最深部まで、4,000mもの峡谷と言える地形なのだ。
そして、この高低差は見事な景観を作り出し、様々な自然現象を生み出す。

富山湾では、暖流の対馬海流に乗った温暖な海の魚が近場まで来て、旅人を迎えてくれるだろう。

富山の絶景スポットをドライブで巡り、おまけに季節の海の幸を味わえる贅沢な旅をしてみたい。

雨晴海岸(富山県高岡市)

県中央部の富山市から、少し能登半島寄りに走った高岡市の海岸は、富山湾を手前に配した立山連峰の姿が望める絶景ポイント。

岩を持ち上げて、その陰で雨宿りをしたという義経伝説が残る「雨晴海岸」には、絶景を求めて多くのカメラマンが集まる。

世界的に見ても、海を挟んで3,000m級の山々を眺められるポイントはここだけだろう。
立山連峰から上る朝日、雪を抱いた山々の荘厳な姿は、一見の価値ありだ。

晩秋や冬の穏やかに晴れた朝には、川から流れ込んだ冷たい水が、暖かい海に流れ込むことで発生する霧が「けあらし」と呼ばれる神秘的な光景を作り出す。

雨晴海岸(富山県高岡市)

雄大な立山連峰を望む景観に、「おくのほそ道」風景地として、国の名勝に指定された女岩がアクセントを添える。


・アクセス
北陸自動車道小矢部砺波JCT→能越自動車道高岡北IC→県道32号線→国道415号線

・営業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
21台(無料)

・住所
富山県高岡市太田

・URL


宮崎・境海岸<ヒスイ海岸>(富山県朝日町)

立山連峰や美しい富山湾を堪能した後は、少し足元にも目を向けてみよう。

新潟県との県境近くの朝日町の海岸線、幅200m、東西約4kmの「宮崎・境海岸」は、ヒスイの原石が打ち上げられることから「ヒスイ海岸」と呼ばれている。

日本で宝石質のヒスイが採取できるのは、この朝日町から新潟県糸魚川市にかけての海岸線だけ。

波の荒い日の翌日には、トレジャーハンターたちが海岸線に集まる。
また、海水浴場百選、日本の渚百選に選ばれているだけあり、夏の海水浴にも最適だ。

海岸近くの飲食店で出される名物タラ汁も絶品で、至れり尽くせりの海岸となっている。

宮崎・境海岸<ヒスイ海岸>(富山県朝日町)

ヒスイが見つからなくても、美しい海岸の石はキラキラした宝石のよう。


・アクセス
北陸自動車道朝日IC→国道8号線→県道60号線

・営業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
50台(無料)

・住所
富山県下新川郡朝日町宮崎

・URL


二上山万葉ライン(富山県高岡市)

海岸からの絶景を楽しんだ後は、山に登ってみるのがいい。

高山市にある標高274mの二上山は、古代から神の山として崇められており、観光スポットが点在している。
その山腹を走るのが「二上山万葉ライン」だ。

山並みを巡り、国道160号線から伏木地区を結ぶコースは、気軽なドライブが楽しめるとあって人気がある。

当然ながら、山頂からの眺望は雄大で、能登半島から富山平野、富山湾、立山連峰を一目に楽しめる。

観光スポットは、高岡市制80周年を記念して建てられた平和観音像、守山城跡、当地を愛した大伴家持像、平和の鐘、高さ20m・直径40mの仏舎利塔などがあり、山々の自然と共に、訪れる者の好奇心を満たしてくれるだろう。

夜には、漁火ゆらめく富山湾が美しく広がるので、夜景ドライブもオススメだ。

二上山万葉ライン(富山県高岡市)

銅器生産日本一の高岡産の、重さ11トンもある「平和の鐘」の大梵鐘。誰でもつける鐘としては、国内で最大級の大きさ。


・アクセス
北陸自動車道小矢部砺波JCT→能越自動車道高岡北IC→県道32号線→国道160号線

・営業日
※冬期(12月~3月)はゲート封鎖

・営業時間
24時間

・駐車場
各所にあり
無料

・住所
富山県高岡市

・URL


最後に

雨晴海岸やヒスイ海岸など、富山県では趣の異なる海岸を楽しむことができる。

立山連峰をバックにした富山湾は、是非とも観ていただきたい。
海と山々が作り出す、白と青のコントラストが美しく、富山のドライブでは見逃せない絶景スポットだ。

季節や時間帯を狙っていくことで、幻想的な霧「けあらし」や、運が良ければ富山湾名物の蜃気楼に遭遇するかも。





NEXT/STORY