2015.05.01

【ドライブで行く】香川の人気観光スポット~うどんでお腹を!自然で心を満腹に!~

香川の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた

そう、香川県の公式観光サイトは「うどん県旅ネット」と名付けられているくらい、まさに、うどんの県である。
不思議にも何杯でも食べたくなるから、効率的にうどん巡りをするには車が不可欠になる。
なんせ、名店は往々にして駅から遠いのだ。

そして、美味しいうどんでお腹を満たした後は、瀬戸内海の穏やかな気候のもと、変化に富んだ自然で目を楽しませて心も満たすのがいい。

今回は、そんな香川県の心を満たせるスポットを紹介しよう!

五色台スカイライン(香川県坂出市~高松市)

坂出市と高松市にまたがる「五色台」。
瀬戸内海から突き出たような紅峰、黄峰、黒峰、青峰、白峰という標高400~500mの連峰が五色であったことから「五色台」と呼ばれる。

その「五色台」を、市境を縫うように走るのが「五色台スカイライン」だ。
もともとは有料道路だったが、1997年に無料開放されて県道281号線となっている。
元有料道路だけに展望台などの施設が併設されており、瀬戸内海に浮かぶ島々と「瀬戸大橋」の雄大な景色が楽しめる。
また、道中には「瀬戸内海歴史民俗資料館」、「香川県自然博物館」、「休暇村讃岐五色台」など観光スポットが点在しているのだ。

五色台スカイライン(香川県坂出市~高松市)

長い直線からヘアピンカーブまで道路も多彩。スピードに注意してドライブを楽しもう。


・アクセス
高松自動車道坂出北IC→県道186号線→県道180号線→五色台スカイライン(県道281号線)

・駐車場
展望台、各所に無料駐車場あり

・URL


琴弾公園・銭形砂絵(香川県観音寺市)

「琴弾公園」は観音寺市の北部、財田川の河口から琴弾山、海に面した有明浜までの一帯の風光明媚なスポットだ。
象徴的なのは、松林に囲まれた松原中央部に砂で描かれた「寛永通宝」!
「銭形砂絵」と呼ばれる巨大な銭貨は東西122m、南北90mの楕円形で周囲は345mもある。
琴弾山の展望台から見下ろすと円形に見えるのだが、その砂絵を見ると、健康で長生き、しかもお金に不自由しなくなると伝えられている。
最近では、金運アップのパワースポットとしても人気だ。
砂で出来た巨大な銭貨。
ご利益の塊。
夜のライトアップでは、幻想的にその姿が浮かび上がる。

琴弾公園・銭形砂絵(香川県観音寺市)

年2回、秋と春に「砂ざらい」が行われる。風雨で砂が流された時にも補修される。


・アクセス
高松自動車道大野原IC または さぬき豊中IC→観音寺市街地を越え琴弾公園へ

・営業日
無休

・営業時間
夜間照明時間 日没~22:00

・駐車場
山頂展望台、琴弾公園に無料駐車場あり

・住所
香川県観音寺市有明町

・URL


小豆島エンジェルロード(香川県土庄町)

瀬戸内海の島では、淡路島に次いで2番目に大きな島の「小豆島」。
高松港からフェリーに乗り約1時間で行ける小豆島には、「二十四の瞳映画村」や山頂に巨石が重なったパワースポット「重岩」など、魅力的な観光スポットが満載だ。
そして、今最も注目されているのは、映画やテレビドラマのロケ地として有名になった「エンジェルロード」だ。
干潮時に大小4つの島をつなぐ砂の道が現れ、この砂の道を大切な人と手を繋いで渡ると、幸せの天使が舞い降りて、願いが叶うそうだ。
願いが叶った暁には、「約束の丘展望台」で幸せの鐘を鳴らそうではないか。

小豆島エンジェルロード(香川県土庄町)

最大干潮時刻の前後約3時間に砂の道が現れる。潮見表で事前にチェックしておこう。


・アクセス
土庄港から国道436号線へ

・営業時間
案内所 9:00~17:00(干潮時刻によって多少前後、時間外でもエンジェルロードは通行可)

・駐車場
22台、無料

・住所
香川県小豆郡土庄町銀波浦

・URL


最後に

以上、香川のドライブスポットを紹介したが、3つ目の、小豆島へのフェリーは、高松港のほか、岡山港などからも乗船することができる(だいたい1時間に1便)。

ドライブ観光にフェリーを利用すると、旅の幅が一段と広がるから、こちらも是非チェックしてみてはいかがだろうか。





NEXT/STORY