2015.09.18

【そうだ、海老名サービスエリアへGO!】下り線☆お土産BEST5

首都圏近郊屈指の超人気サービスエリア、それが海老名♪

東京と愛知を結ぶ日本の大動脈のひとつである東名高速道路上で、東京に一番近い位置にある海老名サービスエリア(SA)。

愛知方面から東京方面に向かう方には最後の休憩場所として、東京方面から愛知方面へ向かう方には最初の小休止の場所として喜ばれているサービスエリアだが、実はこの海老名サービスエリアは日本全国でも屈指の人気スポットなのである。

上下線を合わせた利用客は毎日約5.3万人、年間で約1,950万人を超えるほどで(2014年度実績)、全国のサービスエリア売上ランキングの1位と2位を、上り線と下り線で独占しているというから驚きだ。


前回は、海老名サービスエリアの上り線の美味しいグルメをご紹介したが、今回は下り線だ。


今回も、海老名サービスエリアを管轄している中日本エクシスで広報を担当されている若林俊二さんに、再度ご登場いただいた。



(若林さん)
ーー東京や神奈川にもほど近く、人気観光地のお土産を取り扱っているため観光客の方からも人気で、フードコートも充実しているので海老名サービスエリアで一息入れるという方も多くいらっしゃいます。それに、最近では海老名サービスエリアに来ることを目的としてドライブにいらっしゃるお客様も多いんですよ。




ということなので、若林さんに伺った、東京方面から愛知方面へと向かう「海老名サービスエリア下り線」の人気お土産BEST5を大公開!

第5位 <雄華樓のシューマイ> @ えびな蔵市

雄華樓のシューマイ 雄華樓のシューマイ

海老名サービスエリアの『雄華樓』と言えば、ご当地グルメとしてその場で食べられる真っ黒い皮の「黒肉まん(100円)」でも有名だが、お土産ランキング5位には「シューマイ」がランクイン!


(若林さん)
ーー雄華樓さんのシューマイは東名高速が開通して以来、販売され続けている長寿ヒット商品なんです。お味もプリプリとした食感の餡は豚の旨味が凝縮されていてバッチリです。




雄華樓のシューマイにはいくつか種類があるが、常温でも持ち運べるように真空パックされた「真空シューマイ(720円)」が21個入りで一番人気。

他にも冷蔵での取り扱いになるが「えび/ほたてシューマイ(648円)」はプリプリの海老と旨味がぎっしり詰まった帆立の二つの味を楽しめるのも嬉しい。


●店舗
雄華樓
(※紹介したシューマイなどのお土産商品は『えびな蔵市』で販売)

・定休日
無休

・営業時間
8:00~19:00

・URL

・TEL
046-233-7888

第4位 <新宿カリーあられ> @ えびな蔵市

新宿カリーあられ 新宿カリーあられ

東京駅や羽田空港など限られた場所でしか販売されていない『新宿中村屋』の「新宿カリーあられ」がランキング4位。

多い時には1日1,000個近く売れることもあるという、海老名サービスエリアの定番商品だとか。


(若林さん)
ーー日本で初めてインドカリーを販売した『新宿中村屋』秘伝のカリー粉と、ガラムマサラをはじめとした各種スパイスを使った「新宿カリーあられ」は、カリっと軽く、ついつい手が出てしまう美味しさです。こちらの商品も老若男女に喜ばれるお味ですね。




“新宿カリーあられが、カリッと…”とダジャレかと思えてしまうが、実際に食べてみると本当にカリっとした食感で、止まらなくなる美味しさ。

8袋入りが600円、14袋入りが1,080円と、サイズを選べるのだが、気が付くと全部食べちゃったみたいなこともあるほど、ヤミツキになる味なので、大きいサイズがオススメ。


●販売店
えびな蔵市

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・URL

・TEL
046-231-4368

第3位 <シュガーバターサンドの木> @ シュガーバターの木

シュガーバターサンドの木

今や、東京土産の定番となった「シュガーバターサンドの木」が堂々の3位にランクイン。

こちらも東京駅の構内や、都内の百貨店を中心に販売されている商品なのだが、都内で人気のお土産がズラリと並んでいるのも海老名サービスエリア(下り線)の特徴のひとつ、だという。


(若林さん)
ーー香ばしさを極めたライ麦や全粒粉など、厳選された素材で作られたシリアル生地は軽やかな歯ざわりで、ちょっとした間食にピッタリです。「シュガーバターサンドの木」はそのシリアル生地の間にミルキーなホワイトショコラが挟まれていて、女性にも喜ばれる味ですね。




濃密なミルク感を味わえるホワイトショコラは、性別や世代を問わず子どもから大人まで虜にするような上品な甘さで、「シュガーバターサンドの木」がお店の中でもベストセラー商品というのも納得。

ちなみに、7個入りが535円、14個入りは1,029円となっている。

それに「シュガーバターの木」は東京近郊以外では、大阪・梅田と福岡・博多にしか店舗がないそうなので、レア度という観点からも、中部地方へ向かう際のお土産としてはうってつけかもしれない。


●販売店
シュガーバターの木

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・URL

・TEL
046-231-4368

第2位 <海老名メロンパン> @ ぽるとがる

海老名メロンパン

“海老名サービスエリア名物”との呼び声も高いのが、第2位にランクインしてきた『ぽるとがる』の「海老名メロンパン(220円)」だ。

これまで幾度となくテレビ番組などのメディアで紹介されてきた逸品なので、ご存知の方も多いはず。


(若林さん)
ーー元々、観光バスなどのガイドさんたちに人気の商品だったんですが、彼女たちの口コミにより、人気にさらに火がついて行列ができるほどのお土産となりました。「海老名メロンパン」は『ぽるとがる』のNO.1人気メニューで、3個入りのセットも販売しており、普通に3つ購入するよりも10円お得となっています。




「海老名メロンパン」の外側の部分は、砂糖がまぶされたしっとりとしたクッキーのような生地で、中身はメロンの風味がフワっと香る緑色の生地。
サイズも大きく、ひとつ食べれば確かな満足!

ちなみに、「海老名メロンパン」以外では、北海道・富良野の完熟メロン果汁を生地に練りこみ、北海道産の練乳を加えた「プレミアムメロンパン(280円)」なども人気だそうだ。


●販売店
ぽるとがる

・定休日
無休

・営業時間
6:00~20:00

・URL

・TEL
046-231-4368

第1位 <東京ばな奈シリーズ> @ シュガーバターの木・えびな蔵市

東京ばな奈シリーズ

栄えある人気お土産ランキング第1位は、「東京ばな奈シリーズ」。
東京土産の定番中の定番と言えるだけあって、その人気は不動のものとなっているようだ。


(若林さん)
ーーノーマルの「東京ばな奈」以外にも、とら猫柄の「東京ばな奈がぉーキャラメル味」や、菜の花柄の「東京ばな菜の花バナナシェイク味」、さらに2015年7月には最新作でハート柄の「東京ばな奈ハートメープルバナナ味」が『シュガーバターの木』に登場しました。東京らしいお土産と言えばコレで間違いありません!




今や、知名度も抜群となり、いろんな味が登場している「東京ばな奈シリーズ」。
最新作の「東京ばな奈ハートメープルバナナ味」は、かわいらしいハートが描かれたふわふわのスポンジケーキに、メープルシロップ入りのバナナカスタードが絶妙にマッチしている。

4個入りが560円、8個入りは1,080円、12個入りは1,595円となっている。
4個入りを各種の味の分だけお土産にするというのも、バラエティ豊かで喜ばれそうだ。


●販売店
シュガーバターの木

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・URL

・TEL
046-231-4368

最後に

東京方面から愛知方面へ向かう下り線だけあって、やはり東京土産が人気の様子。
しかし、海老名は神奈川県ということだけあって、神奈川名物のお土産もたくさん取り扱っているのが海老名サービスエリアの特徴のようだ。

海老名サービスエリアに立ち寄って、もしもお土産に迷ってしまった際は、このランキングを是非ご参考に♪



※紹介した商品価格は全て税込表記

□文/牛嶋健(A4studio)





NEXT/STORY