2016.01.12

【堺屋大地のモテ必勝テク】2016年モテ投資!サークルの代表になるのが手軽でいい


こんにちは。
恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

今回は新年最初ということで、「好きな女性を口説き落とすための投資戦略」をテーマに語らせていただければと思います。

恋愛ヒエラルキーで自分より上位の女性を口説くには?


さてさて、『好きな人に振り向いてもらえない…』とお悩みの方に、いきなり厳しいことを言います。

あなたが振り向いてもらえない理由は、相手の方が恋愛ヒエラルキーにおいて、あなたよりも高位置にいるからです。

もちろん、いろんな条件が絡まり合ってはいるのですが、全部ひっくるめて、お互いが違う世界を生きているからと思ってください。


例えば、小・中学生時代を思い出してみてください。
足の速い男子や運動部のキャプテンばかりがモテていませんでしたか?
そして、クラス一番人気の美少女はたいてい、そういった男子とカップルになっていませんでしたか?

こういう恋愛ヒエラルキーの仕組みは、社会人になっても基本的には同じことで、当然ながら、ヒエラルキーが同ランクの男女が結ばれやすい訳ですが、恋愛序列で自分より相手女性のランクが高い場合は、どんなに誠実に、かつアクティブに女性のハートを射止めようと頑張っても、見向きもされないなんてことはよくあることです。
残酷ですが、それが現実です。

ちなみに、恋愛漫画、映画やドラマのラブストーリーでは、しばしば恋愛ヒエラルキーにおけるランク違いの恋が成就していますね。
誰もが知る例を挙げるとすれば、「のび太君」と「しずかちゃん」でしょうか。
そういうのを見て、恋愛ヒエラルキーなんて関係ないと思うのは、早計です。
確かに、漫画や映画などでは、身分違いの男女が結ばれる物語がありますが、それは漫画や映画の題材になるほどドラマチックだからです。
現実ではほぼあり得ない奇跡的な展開だからこそ、物語として盛り上がるのです。
要するに、フィクションなんですね。
しかし、僕たちが生きるのはノンフィクションの世界で、そんな都合よくは進んでくれません。


ということで、ここからが本題。
どうすればランク違いの相手と付き合えるようになるか。


毎日メールしたり話しかけたりしてマメにアプローチ?
違います。

積極的に食事やデートに誘う?
違いますね。

功を焦って、やみくもに攻めるのはセクシーじゃない!


答え!!
自分よりランク上位の相手と付き合いたいのであれば、自分自身のランクを上げる。
結局これしかないのです。


ただし、恋愛ヒエラルキーのランクは、『よ~しっ、明日からランクを上げちゃうぞっ!』って、すぐに上がるようなものではありません。
一朝一夕でランクが上がるなら、誰だってモテまくっちゃいますからね。


ですので、2016年の1年間という長期スパンで考えて、じっくり自己投資していきましょう、ということになります。

※大人の恋愛は“肩書き”で決まりがち


イイ感じの流れの中、釘をさすように言い放ちますが、大人の恋愛ヒエラルキーは、その人の“肩書き”で決まると言っても過言ではありません。

でもだからと言って、政治家になろうとか、芸能人になろうとか、誰もが知る大企業に就職しようとか、出世しようとか、そういうベクトルで肩書きを引き上げようと思っても、すぐに上がるなら苦労しません。
実現するまで何年も何十年もかかってしまうかもしれません。

じゃあ、どうすればいいかと言うと、肩書きを作ってしまえばいいのです。
瞬間風速的な力技ですが、これでも問題ありません。


中でも今回は、社会人サークルを立ち上げてみるというのを提案しましょう。


これは比較的容易に肩書きが手に入る方策なのです。
もちろん、代表はあなた自身で、「○○サークル代表」という肩書きが得られますよね。
女性からすると、どんなコミュニティであっても、そのトップに立つ男性は頼もしく見えるものなので、イベントなどをテキパキと仕切る代表や長は、自然とモテる訳ですよ。

例えば、昨今ブームになっているグランピングのサークルを立ち上げるなどいかがでしょうか?
グランピングとは、“グラマラス”と“キャンピング”の造語で、ラグジュアリーな設備でバーベキューやキャンプといったアウトドアレジャーを楽しむやつですね。
なお、もう少し庶民的な路線がいいなら、テレビ番組でも流行っている「ローカル路線バスの旅」や「朝までハシゴの旅」みたいなユルイ感じで旅するサークルを作ってもいいと思います。


余談ですが、僕のチャラい友人は、正式にサークルにはしていないようですが、「ジビエ食べ歩き会」とか「グルメフェス便乗会」という訳の分からんことをやっていて、男女問わず人脈を広げています。

いざ、社会人サークルを立ち上げる

社会人サークルの“自己投資的”立ち上げ方


という訳で、社会人サークルを立ち上げる流れを説明します。

ここで大切なのは、何でもかんでも形から入ることです。
モテるための肩書きという意味では、何より形が大事ですからね。



はじめに、どんなサークルを立ち上げるか、何をするかを決めましょう。
自分の趣味の範囲内でキャッチーなもの、ありそうでないような珍しいもの、オシャレなもの、シュールに面白いものなど、いろいろと考えてみてください。
需要がありそうか、盛り上がりそうかどうかも合わせて考えると、なおよしですね。


そこがしっかり決まれば、ここからが肝心。


まず、ネット上にホームページを作りましょう。
自力でブログやFacebookを使って簡易版サイトを作ってもいいのですが、10万円ほどかけて専門業者にホームページ制作を依頼して、なるべく見栄えのいいホームページを作ることをオススメします。
ガッツリ形から入ってください。
サイトが今風でオシャレなら、興味も持たれやすくなりますし、かなり敷居が下がります。

また、モテ投資的には、名刺も作るべきです。
ガッツリ形から入ってください。
勝手に自分に権威を与えてください。

ここまで準備ができたら、活動実績もないがしろにはできませんので、とりあえず友人を何人か誘って、『○月○日にグランピングするから一緒に行かない?』などと、SNSなどのネットワークで声を掛けていってもらいます。
このとき、「女性の参加費は1人1,000円で激安」や「女性無料」と大々的に謳ってもいいかもしれません。
そうすれば、女性の参加者が増えますし、女性参加者が増えれば自ずと男性参加者も増えていきますので。
ここは、去年ブームになった「相席居酒屋」のシステムを真似るイメージですね。

ちなみに、女性の参加費を激安、もしくはタダにした場合、その分の負担はどうするかと言うと、合コンみたいに、シンプルに男性参加者の参加費を吊り上げてもいいのですが、未来への投資という意味では、自分個人で全部負担しちゃっていいと思います。
例えば、本来1人5,000円の費用がかかるところに、10人の女性が参加してくれたとすると、5万円自腹を切るつもりでいてください、ということですね。
なぜなら、タダで参加できる女性の満足度が高くなることはもちろんですが、自分の参加費のみを支払えばいいというだけでも男性参加者も満足するので、次回、次々回と、人が集めやすくなります。

また、サークル初開催のときに、皆が楽しんでいる様子を軽くでも動画撮影しておくのもミソです。
スマホでサクサクっと綺麗に編集したりして、そのムービーをホームページで公開すれば、だいぶサマになりますから。
ガッツリ形から入ってください。



こうして、今年2016年中にですね、3回か4回ほどサークルのイベントを開催できれば、年末にはどこに出しても恥ずかしくない「○○サークル代表」の肩書きが箔のあるものになり、恋愛ヒエラルキーのランクもほぼ確実に上がっていることでしょう。






<文・イラスト/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析する。『女子SPA!』にて女性向けの恋愛コラムを連載中。その他、『BusinessJournal』『AOLNews.』などのメディアでも活躍。







NEXT/STORY