2016.04.20

【堺屋大地のモテ必勝テク】女子をGWドライブデートに誘う鉄板会話メソッド

そのハートが、欲しいか。


こんにちは。
恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。


今回は、ゴールデンウィーク(GW)間近ということで、意中の女性を、振り向いてほしいオナゴをドライブデートに誘うための必勝メソッドを伝授したい所存であります。

ということで、相手の女性を、「“仕事でお疲れ”女子」「“最近失恋”女子」「“家族仲良し”女子」の3タイプに分けまして、それぞれのパターンで最適なスポットとデートに誘うトークテクニックをご紹介していきます。


“仕事でお疲れ”女子/ 《温泉》


まずは、「“仕事でお疲れ”女子」です。

仕事が多忙で、ストレスも溜まり気味っぽい会社の同僚女子なんかを、わざわざGWという金ピカ休暇にドライブデートに誘うのであれば、日々の疲れを癒せるスポットというところは、絶対外してはいけません。
間違っても、アクティブで体力を必要とするところに、連れていっちゃダメです。

という訳で、温泉がベター。


-------------


『ねぇ、最近、仕事めちゃくちゃ頑張ってない?結構、成果叩き出してるよね。』

↓↓↓


『いや~、そんなことないけど、でもありがとう。最近、ちょっと気合い入れて仕事してたんだよね。』

↓↓↓


『だよね。見ててすごいパワフルだったもん。顔色ひとつ変えずに仕事こなしてて、すごいよ。』

↓↓↓


『そんなことないよ。普通に疲れ溜まってるし(苦笑)。』

↓↓↓


『ホント?いつも元気だし、顔にも疲れ出てるように見えないけどね。まあ確かに、あれだけ働いてたら疲れも溜まると思うけど、ストレスも溜まってるんじゃない?』

↓↓↓


『そりゃそうでしょ~。ストレスだらけでしょ~。』

↓↓↓


『そっか。…今、温泉行きたい気分なのって、俺だけ?どっちにしろ、熱海は行かないといけないんだけど。』

↓↓↓


『(笑)。行かないといけないんだ(笑)。…誘い方、セクシーすぎるでしょ。』

↓↓↓


『でもさ、女性同士で温泉行くと、結局お風呂でも友達と一緒だから、一人でゆっくりできなくない?その点、男と行ったら、必然的にお風呂では男女別々だから、温泉を思いっきり満喫できるよね。』

↓↓↓


『(笑)。なるほど~って巧い!』

-------------


みたいな会話の流れで、自然と温泉に誘えちゃう訳ですね。


ここでのポイントは、「疲れてる」というワードを女性側から自発的に言わせることと、言葉遊びです。
思わず笑いが生まれて、かつ男前な誘い文句が言えれば、楽々突破です。

もちろん会話を巧みに誘導している訳ですが、女性は自分から『普通に疲れ溜まってるし(苦笑)』と切り出しているので、その後に男性側から“疲れを癒すための温泉デート”に誘われても、流れとしては自然なので、さほど下心は感じないのです。

さらには、女同士で行くよりも男と温泉に行くメリットも提示できているので、本当に温泉でゆっくりしたいと考えている女性の心を、ガンガン揺さぶれちゃいます。

ちなみに、「温泉」という響きが、もうダイレクトもダイレクトなので、そこは変に凝り固まった感じで誘うのは、ご法度です。
仮に何でも話せるような、かなり仲の良い間柄であっても、照れが入った感じで誘ってしまうと、それはそれは、『何コイツ…温泉とかヤバくない?!』となってしまいますので、イメージは木村拓哉さんのドラマくらいの勢いで攻めた方がいいですよ。


“最近失恋”女子/《グルメ巡り》


次は、「“最近失恋”女子」です。

落としたいな~と思っている知人女性が、『最近失恋したらしい』みたいな噂話を聞いたとしたら、これはもうドライブデートに誘う好機ですよね。
そんな時は、失恋したというのはあえて知らないフリをして、こんな会話でグルメドライブデートに誘えばOKです。


-------------


『もうすぐGWだね。○○は彼氏(or好きな人)と旅行でも行くの?』

↓↓↓


『いや…実は、失恋しちゃって(苦笑)』

↓↓↓


『あ、そうだったんだ、ゴメン。無神経なこと言って。』

↓↓↓


『いやいや、全然ダイジョブ。気遣わせちゃってゴメン。』

↓↓↓


『んじゃあ、ここは当然、お詫びに何か美味いモン奢るよ!の流れですよね。○○って、□□(スイーツやお肉など、女子人気の高いグルメ)好きだったよね?食って食って食いまくろうよ。』

↓↓↓


『なにそれ(笑)。悪いから、いいよ。』

↓↓↓


『遠慮しなくていいよっていうか、○○の失恋はあくまで口実ね。最近、いい感じのお店を何軒か見つけたんだけど、一人で行くのもちょっと寒いし、誰か一緒に行ってくれる人が見つかったら、一気に回ろうって思ってたんだよ。ということで。』

↓↓↓


『ということでって(笑)。つまりは、私の失恋を都合いいように利用しようって魂胆だよね(笑)。』

↓↓↓


『そう、その通り(笑)。だから名目は、あくまで名目は、「○○を励ます会」ってことにさせていただきまして、その分、裏テーマだらけの食い倒れツアーに付き合ってもらうという、ギブ・アンド・テイク的なグルメドライブとなります!』

↓↓↓


『はいはい、もう、分かった(笑)。とことん食べちゃお♪』

-------------


といった感じで、何軒ものお店を巡るグルメドライブに連れ出せるという訳ですよね。


ポイントはですね、女性側の失恋という重たい話を、いい意味で軽く茶化してあげているところです。
一緒になって重めに同調されても、それこそ、『あんた、関係ねーじゃん…』みたいなことになってしまって、相手もどうしたらかいいか分からなくなりますからね。

そして、恩着せがましくせず、ストレートに潔くです。
「失恋を励ます会というのはあくまで表向きで、本当は自分が食べたいグルメを巡る」というテイです。
男性側が自分の欲求で誘っているテイにすることで、女性側もその誘いに乗っかりやすくなってきますから。

そして、察しの良い女子は『んなこと言ってるけど、やっぱり私を励まそうとしてくれてるんじゃないの?』と、結構な深読みをしてくれる効果もあります。
誘った“裏”をあっさり明かすことで、女性側に「私を励まそうとしてくれる優しさ」という“裏の裏”に気付かせることができちゃいます。

そしてさらには、「失恋にかこつけて、下心丸出しで誘っている」というのが“裏の裏の裏”の真意ということになって、その純粋さでもって仕掛ける、ということですね。


はい、これぞ、トリプル・ラブ・アタック。


“家族仲良し”女子⇒【動物園や水族館】

“家族仲良し”女子⇒【動物園や水族館】


最後に、「“家族仲良し”女子」です。

まず知っておいてほしいことがありまして、両親や兄弟・姉妹と仲良しな女性というのは、誰とでも気さくに付き合っていける雰囲気は出てるのに、いざ恋愛になると、結構ガードが堅い!みたいなことがあります。
おまけに、GWみたいな連休であれば、すでに家族旅行の予定がガッツリ入っちゃってるかもしれませんよね。

では、そういう女性をドライブデートに誘うにはどうしたらいいのでしょうか。


ズバリ、おすすめスポットは動物園や水族館です。
キーワードは“動物”です。


-------------


『○○って家族と仲いいよね。GWは家族旅行?』

↓↓↓


『うん、GW中ずっとじゃないけど、泊まりで旅行の予定。』

↓↓↓


『やっぱりか~。俺みたいな、独り身のロウンリー・ゴウルデン・ウイークを送る気配な男とは、幸福度が違うね(笑)。』

↓↓↓


『言い方(笑)。GWの予定、何も入ってないの?それは寂しすぎるね(笑)。』

↓↓↓


『あ、うわ、今バカにしたよね。いやいや、予定ぐらいありますよ。動物園行ったり水族館行ったり。一人で。』

↓↓↓


『え、動物園とか一人で行くって、童心がハンパじゃないね(笑)。そもそも、なんで動物園や水族館?』

↓↓↓


『いや、今年、□□動物園でカピバラの赤ちゃんが生まれたらしくて、それ見に行きたいんだよね。あとは近々、△△水族館でペンギンの赤ちゃんが生まれるらしいし、ほら、動物の赤ちゃんが見られるのってレアだから、この機会に行っておきたい訳ですよ。』

↓↓↓


『もう、キャラがよくわかんない(笑)。でも、動物の赤ちゃんって、絶対カワイイじゃん~♪』

↓↓↓


『そう。そうなんですよ。じゃあ、一緒に連れてってあげなくもないけど!GWの前後で空いてる日とかあったら、もしも、もしも、空いておりましたら、この生粋の動物赤ちゃんマニアの俺が、もれなくエスコートして参りましょう!』

↓↓↓


『そこ「もしも」2回いる?(笑)とか何とか言って、ただ一人で行くのが寂しいだけのパターンでしょ(笑)。しょうがない。動物の赤ちゃんは見たいから、付いて行ってあげよっか?』

-------------


という会話の流れなら、動物園や水族館デートに、ものの見事に誘えちゃったりする訳ですね。


ポイントは、“寂しい男”をちょいちょい出しつつ、わざとらしく強がるところです。
これでもかと、母性本能をくすぐりますよね。
しかも、「動物の赤ちゃん」とか言ってる訳ですからね。

そして、母性本能ウンヌンはさておき、女性側には“寂しい男の寂しいGWを救う”というエクスキューズを与えられるので、デートの誘いに応じやすくなるというのは、確実に言えます。

それと、ただ単に動物園や水族館に誘うのではなく、「生まれたばかりの赤ちゃんを見に行く」というレア要素を前面に押し出して誘っているのも大きいですね。
動物園や水族館のWEBサイトをチェックすれば、最近生まれた動物の赤ちゃんの情報はすぐ入手できますしね。

あとは、『動物の赤ちゃんが好きだ』という男にどんなイメージを抱きますか?
ネガティブな意味ではナヨナヨしたイメージを抱くかもしれませんが、ポジティブに捉えると、“家族を大事にする優しい男”という印象を思い浮かべる人、少なくないと思います。
そうすると、ターゲットである「“家族仲良し”女子」からすれば、恋愛対象として好感度が高いのは言わずもがなです。


会話は逆算に逆算を重ねて!ベシャリはウィットに富んだ感じで、ちょっとファニーに!!そして、大いにセクシーに、男前に!!!


以上、3タイプの女性をGWドライブデートに誘う方法をご紹介したのですが、全ての会話テクニックの共通点に気づきましたか?


それは、ゴールを見据えて逆算に逆算を重ねてトークを展開していくというのと、表現のボキャブラリーと持ち味をトークに活かすということです。

ゴールはもちろん、誘った女性から、デートOKの返事をもらうことです。
そのゴールの言葉を引き出すために、全然関係なさそうな話題を入れ込んだりして、そこから相手がこう切り返してくるはずだというのを想定しながら、ちゃんと遊び心をもって、シンプルに楽しい言葉のキャッチボールを頭の中で考えておくのです。


スマートに面白く。
レッツ鍛錬です。





<文・イラスト/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析する。『女子SPA!』にて女性向けの恋愛コラムを連載中。その他、『BusinessJournal』『AOLNews.』などのメディアでも活躍。






NEXT/STORY