2015.07.01

【ドライブで行く】子どもと行く富士山周辺ドライブ!~富士山は何よりも大きかった。~

富士山 × ドライブ

日本の象徴であり、誰もが一度は登ってみたい、登るべきだと思う富士山。

2013年6月の世界文化遺産(「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」)登録を機に、富士山ブームにも拍車がかかり、人気に衰えは感じられない。

子どもにも、富士山の思い出を残してあげたいと思うのが親心。
でも子連れで登山は大変だし、ドライブで五合目まで行けるとはいえ、シーズンにはマイカー規制がかかって、渋滞も激しい。

それなら、富士山の裾野にある広々とした施設で思いっきり遊ぶのがいい!
楽しい休日の思い出に富士山の風景がプラスされて、いいドライブになるはずだ。

富士サファリパーク(静岡県裾野市)

富士山の南麓に広がる「富士サファリパーク」は、「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」の2つに分かれている。

サファリゾーンでは、富士山を背景に世界中から集まった動物たちが、クマゾーン、ライオンゾーン、トラゾーン、ゾウゾーンと待ち構え、次々と現れる。
ゾウゾーンからの富士山は絶景で、心なしか、象が小さく見えてくるほど。

ふれあいゾーンには、ふれあい牧場、どうぶつ村、ネコの館などがあり、珍しい動物からおなじみの動物まで、一緒に遊んでエサやり体験もできる。

また、レストランやショップも充実している。

車を持ったパパなら、一度は必ず子どもを連れて行きたい「富士サファリパーク」。

テレビCMなどでいつも見ていた場所を、マイカーでサファリドライブできるなんて、子どもたちは大興奮間違いなしだ。
(当然だが、絶対に窓やドアを開けないように!)

富士サファリパーク(静岡県裾野市)

サファリは1周約50分のコース。何を尋ねられてもいいように、パパは動物の予習をしっかりしておこう!


・アクセス
東名高速道路御殿場IC→県道401号線→国道469号線

・休園日
無休

・入園受付時間
3月16日~9月30日は9:00~17:00
10月1日~10月31日は9:00~16:30
11月1日~3月15日は10:00~15:30
※開園時間変更日あり
※ナイトサファリ実施日・時間などはHPで確認

・駐車場
1,400台(利用者無料)

・住所
静岡県裾野市須山字藤原2255-27

・URL


富士山こどもの国(静岡県富士市)

「富士山こどもの国」は、富士山の裾野に広がる自然あふれる公園。

広さ94.5haの園内は、「街」「水の国」「草原の国」のエリアから成り、大地と自然がそのまま遊び道具になる、元気な子どもたちにオススメのスポットだ。

ゲートをくぐると現れるのが「街」のエリア。
エリア内にある溶岩長城の南端・みはらし塚まで登り、まずは各国を眺めてみよう。
「水の国」エリアでは、池でカヌー体験、水の遊び場ですべり台、水深5㎝のせせらぎでは小さな子でも水遊びができる。
「草原の国」エリアに入ったら、わんぱくの森で自由に遊び、そうげんの丘で思う存分走り回ってから、園内で一番高い展望の丘(標高940m)に立とう。

ここまで遊び尽くせば、全エリアを制覇した気分になれるかも!?

他にも遊牧民族の住居を模した、常設テント・パオの集落などがあり、予約すれば宿泊も可能だ。
この体験で子どもたちの経験値も跳ね上がり、たくましく育ってくれることだろう。

雄大な富士山をバックにした広大な自然公園。
大人でも時間が経つのを忘れて、遊び回った子どもの頃を思い出すかもしれない。

富士山こどもの国

顔の石像がユニーク。


・アクセス
東名高速道路富士IC→県道72号線→県道76号線→県道24号線→国道469号線

・休園日
火曜日
※5月~10月、冬休み、年末年始、春休み、GW、祝日は無休

・営業時間
4月~9月は9:00~17:00
10月~3月は9:00~16:00

・駐車場
1,600台
無料

・住所
静岡県富士市桑崎1015

・URL


ぐりんぱ(静岡県裾野市)

子ども連れで、思いっきり遊べる遊園地「ぐりんぱ」は、富士山二合目にある。

富士裾野の大自然の中で、頭を使って身体を動かし、楽しめるアトラクションがいっぱいだ。

2014年夏にオープンした「アリス・ト・テレス」は、5階建ての立体アスレチックで、13種類の関門を突破してゴールを目指すもの。
「頭を使って進む」ことをコンセプトにしたアスレチック「ピカソのタマゴ」は、運動系、バランス系、迷路系など、遊ぶだけで想像力や運動能力が自然と鍛えられる。

知恵を絞って、アトラクションをクリアした後は、「みんなのかんらんしゃ」に乗ってゆったりと風景を楽しもう。
最高地点1,280mの日本で一番高い観覧車からは、伊豆半島や大島まで見渡せてしまうのだ。

「M78ウルトラマンパーク」に行けば、ウルトラヒーローのアトラクションがお目見えだ。
パパママはちょっとお疲れかもしれないが、子どもがこれほど目一杯に身体を動かせる機会も少ないはず。
家族一丸となって汗を流せば、富士山の自然が心をリフレッシュさせてくれることだろう。

ぐりんぱ(静岡県裾野市)

標高1,200mにある「ぐりんぱ」。気温は平地より4~5℃くらい低いので、夏でも上着の準備を!


・アクセス
東名高速道路御殿場IC→富士山スカイライン

・休園日
不定休(HPで確認のこと)

・営業時間
平日9:30~17:00
土日祝日9:00~17:00
※2015年4月時点
(季節により変動あり、HPで確認のこと)

・駐車場
1,200台
1,000円

・住所
静岡県裾野市須山字藤原2427

・URL


最後に

人気の観光スポットである富士山周辺は交通渋滞が心配なので、余裕を持った計画を立てたいところ。

当日は、早起きしてドライブをスタートさせよう。
宿泊施設も多いので、一泊プランがオススメだ。

日没時や、夜明け前の富士山は、言葉にならないほどの美しさなので要チェック。





NEXT/STORY