2015.10.21

【堺屋大地のドライブデート必勝テク4】服装は冬でもTシャツ+デニムが正解!?


こんにちは。
恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

僕がドライブにおける恋愛テクニックを紹介していく、このコラム連載。


今回は、ドライブデートにおける女性からの好感度が高い男性ファッション(服装)についてです。

ドライブでキメ過ぎファッションは当然NG。


そもそも、ドライブの“車中”というシチュエーションについてですが、“屋外”と“屋内”の中間のようなイメージってありませんか?

基本的には出先でありながら、自宅のようなリラックスムードも漂うパーソナルスペースという一面もありますよね。
ですから、ドライブデートでの車中のファッションは、しっかりキメた外出仕様ともリラックス重視の自宅仕様とも違い、その中間のコーディネートが求められます

…と、小難しい言い回しをしましたが、要するに、気張り過ぎない軽装でOKということですね。
車中でアウターは着ませんから、ポロシャツにチノパンとか、Tシャツにデニムとか、そんな感じで問題なしです。

逆にデートだから!と気合いを入れて、ジャケットにスラックスのようなフォーマル寄りのコーディネートは、ドライブデートにはあまり適しません。
シワにもなりやすいですし、避けましょう。

服だけでなく、時計やメガネでギャップ見せ。

服だけでなく、時計やメガネでギャップ見せ


ここまでがドライブファッションの基本編。
ここから応用編に入っていきます。

さて、心理学分野にはゲイン・ロス効果というものがあります。
「ゲイン=得る」と「ロス=失う」を合わせた言葉で、ゲインとロスの差が大きいほど相手に対して印象を深く残すことができるというものです。

簡単に言うと、普段おとなしい雰囲気の人が急に男らしい態度をとって好感度を上げたり、普段ワイルドでぶっきらぼうな雰囲気の人が急に優しさを見せて好感度を上げたりする、そうです、ギャップですね。

この「ゲイン・ロス効果」をドライブファッションに当てはめてみましょう!


例えば、会社の同僚女子とのデート。

いつもはカッチリしたスーツ姿で会っていて、相手の女性に「生真面目な人」と思われていそうなのであれば、前述のTシャツ+デニムのようなラフなスタイルでちょっとしたワイルドさを香らせるのが効果的だったりします。
また、普段ビジネス用にシークな腕時計を身に付けている人であれば、ドライブではG-SHOCK(ジーショック)みたいなカジュアルさをアピールできる腕時計をつけて行ってもいいんじゃないかと思います。

同じように、いつもは裸眼やコンタクトの人が、ドライブの時だけメガネをかけるのはかなりアリ。
それまでにはなかったインテリイメージが付加されたりして、相手にポジティブな印象を与えられます。
萌えってやつに近いですね。
あと、運転中は助手席の相手から横顔を見られることが多いです。
メガネはテンプル(サイドのツルのこと)にブランドロゴが入っているデザインが多いので、オシャレブランドのメガネをかけていると、さりげなくアピールできたりします。

ちなみに、ファッションではないですが、オフィスでは前髪を上げてカチッと決めた髪形をしている人が、デートでは前髪を下ろして行くだけでも優しそうな印象が増したりします。


ただし!
ギャップを狙い過ぎたあまりに、お寒い空気になるパターンも少なくないので注意も必要です。

会社では真面目なタイプの人が急にイカツいサングラスにゴリゴリのシルバーアクセサリーをつけて登場したりすると、女性は引いてしまう可能性大です。
しかも、ドン引きの部類です。
ちょい悪なイメージでギャップを出そうとして失敗するケースは実に多いので、ギャップを見せるサジ加減には十分気を付けましょう。

生乾き臭はガチNG!見た目だけでなくニオイにも配慮を。


注意ついでに語らせていただくと、服のニオイには気を遣うといいと思います。
自分で洗濯をしている独身男性に対して、「服が生乾きのニオイがする人が多くて嫌だ!」と思っている女性はかなり多いんです

洗濯時に香りのする柔軟剤を使っていますか?
晴れているのにめんどくさがって部屋干ししちゃってませんか?
長い間クローゼットにしまっていた洋服にファブリーズやリセッシュを吹きかけもせずに着ちゃってませんか?

もしかしたら、ドライブの目的地である海や夜景スポットでムードが高まって、彼女をギュっと抱きしめるような瞬間が訪れるかもしれません!
そんな折、『おい、マジか…服が臭い…』なんて思われてたら、最悪中の最悪なのは言わずもがな。


なお、香水をつけて行ってもいいと思いますが、僕個人的には香水をほとんど使いません。
その人の容姿やキャラ、雰囲気によって変わりますが、香水というのはポジティブな印象に働きかけることもあれば、ネガティブな印象に働きかけることもありますので。

僕は女性にナルシストっぽい印象を与えたくないので、香水はつけないようにしています。
それに、愛車に芳香剤を設置している人も多いと思いますし、その場合は芳香剤と香水がケンカしちゃう可能性もありますしね。

ドライブのアウターはダウンで決まり。


ところで、アウターは要らないのかと言えば、もちろんそうではありません。
海にしろ山にしろ、目的地に到着したら車から降りますので、上着は積んでおいた方が無難です。

個人的には、ダウンジャケットがドライブデートのアウターとしては最適だと考えています。
車中では肩ひじ張らない軽装でいなければいけない訳で、そこからいきなり寒い車外に出るというケースも多いと思いますが、そんな時でもポロシャツやTシャツの上にダウンを羽織るだけで、寒さ対策は万全です。

中でも、Moncler(モンクレール)のダウンジャケットは女子ウケ抜群ですよ。
というか、世界最高品質のダウンですし、安定の鉄板です。
まぁ~かなりお高いですけどね…
なお、お買い上げになる際は、ニセモノも結構出回っているので、しっかり百貨店やショップで買いましょう!




ということで、今回の服装編をまとめますと、多少は背伸びをしてカッコよく見せつつも、だからと言って気負いすぎは禁物。
“カッコつけないカッコよさ”を心掛けて、トータルコーディネートしてくださいってことになります。






<文・イラスト/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析する。『女子SPA!』にて女性向けの恋愛コラムを連載中。その他、『BusinessJournal』『AOLNews.』などのメディアでも活躍。






NEXT/STORY