トップ もしもの時の事故対応 事故でもめた・困った場合の相談場所

事故でもめた・困った場合の相談場所

相手のある事故では意見が食い違うのが当たり前?

相手がある自動車事故では、双方の言い分が食い違って交渉がうまくいかない場合があります。どのようなケースがあるのか、例を挙げてみましょう。

ケース1

信号のある交差点で青信号を確認し交差点内に進入。すると交差点左方から赤信号を無視した車両が激突してきた事故。事故直後現場には相手が赤信号を見落としていた事を認めていたにも関わらず、現場に警察が到着すると態度が豹変。一転、自分が青信号だったと主張を始めた。警察も民事賠償についてはお互いによく話し合うように言うだけ。後日、保険会社に連絡しても『自分が過失ゼロを主張するなら相手との交渉はできません』と。実は相手は任意保険に未加入だったことも分かった・・・。

・こんな時は「弁護士費用特約」の活用を!
明らかに100%相手に過失があってウソをつかれた場合には、自分が加入している保険会社は交渉に入ることができません。そんな時は弁護士の活用がおすすめで、役に立つのが特約付帯できる「弁護士費用特約」です。この特約は弁護士に相談したり、弁護士名で内容証明を作成してもらったりするなど、弁護士費用を補償してくれます。

ケース2

交差点内での大きな事故。後遺障害が残った被害者として、相手が加入している保険会社が提示する後遺障害の等級や慰謝料などについて、全く納得できない!

・交通事故紛争処理センターを活用しよう
相手保険会社との交渉で賠償金の提示額に全く納得がいかない場合には、「交通事故紛争処理センター」を活用しましょう。保険会社との間で弁護士が仲介し第三者的な立場から和解の斡旋をしてくれます。基本的には被害者保護の観点からの和解案提示になり、保険会社としてはここで提示される和解案を受け入れるケースが多いみたいです。

財団法人 交通事故紛争処理センター

※本ページに記載されている情報については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義・ 補償内容等が異なる場合があります。また本ページに掲載されている情報は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありませんので、保険契約の締結や変更手続き等に際しては、保険会社から提供される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

一括見積もりなら、入力は5分ほどでできますので、ぜひ気軽にお見積もりをしてみてくださいね。