楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険 選び方 もしもの時の事故対応

もしもの時の事故対応

こんな時はこんな保険が使える

事故のケースはさまざまです。それによって、どんな保険が適用されるのか、あらかじめ知っておきましょう。

事故を起こしたらすぐにすること

交通事故は滅多に起こるものではありませんし、頻繁に起こすものでもありません。ただし、万が一そのようなことになってしまった場合、少しでも慌てずにいられるように、事故時の対応については知っておきましょう。

過失割合と過失相殺

相手車両のある事故の場合、示談交渉の中で必ず出てくる言葉が「過失割合」です。
相手車両が「停車」している所に一方的に追突した(された)場合などは過失割合100対0として処理されることになりますが、どちらの車両も移動している事故のケースでは過失割合を判断し、自分の過失割合に応じて賠償金を支払う事になります。このように、それぞれの損害額を双方の過失割合に従って負担しあうことを「過失相殺」と言います。

事故に役立つ各種サービス

自動車保険は基本補償や特約以外に、事故時に役立つサービスを各社が用意しています。見積もり時にも比較対象にした方が良い内容ですのでチェックしておきましょう。

事故から保険金請求までの流れ

相手がある事故の場合、そのほとんどが示談で解決します。示談で話がまとまらなかった場合には調停あるいは裁判ということになります。事故当事者同士で話がまとまってから保険金の請求・支払を受けることができるため、よほどの事故でない限りは早期可決をはかりたいものです。

保険金請求の期限は?

2010年4月1日施行の保険法により保険金請求の時効が3年になりました。3年を計算するうえでの起算日は、約款上に定められている保険金請求権が発生した日の翌日からとなっています。

事故でもめた・困った場合の相談場所

相手がある自動車事故では、双方の言い分が食い違って交渉がうまくいかない場合があります。どのようなケースがあるのか、例を挙げてみましょう。

車を修理する際に保険を使用するには?

もしもあなたの車が、事故や災害によって壊れてしまったら?
万が一に備えるために、ここで車両保険について考えてみましょう。

一括見積もりなら、入力は5分ほどでできますので、ぜひ気軽にお見積もりをしてみてくださいね。