トップ 自動車保険に関する用語集 保険価額

保険価額について (自動車保険用語集)

保険価額【ほけんかがく】

保険事故が発生した場合に被保険者が被る可能性のある損害の最高限度額をいいます。
保険によって時価額または再調達価額のいずれかを基準として保険価額を評価します。


保険価額【ほけんかがく】の詳細について

上記にある損害の最高限度額とは、言い換えれば保険会社が支払うべき保険金の最高限度額ともなるでしょう。
あくまでそういうお金を支払う可能性があるということですが、最高限度額に設定された金額を支払う価値がある保険だと証明することにもなります。
これが保険価額ということになるのです。
ただ、保険価額というのはこれだけで終わるものでもありません。

注意したいのは車両保険に関する話でしょう。
車両保険の保険金額をどう決めるかというのは、本来なら契約時に決めた被保険自動車の保険価額をもとに決めることとなります。
しかし、自動車の保険価額は、たとえ同じ車種であっても使用状態により評価が大きく異なるのです。
極端な話、1台も同じものがないと言っても過言ではありません。
また、使用すれば価値が大きく減っていくのも自動車の特徴であり、もっと言えば年月が経つほど減価が著しくなるのも事実でしょう。

そのため、一般的な自動車の契約では車両価額協定保険特約というのを盛り込んでいます。
これは、再調達価額をもとにした保険価額と保険金額を契約中は常に一致させるよう、契約者と保険会社が契約時に協定を結ぶというものです。
こうした協定があるからこそ、契約者も保険会社も、安心して自動車保険を使うことができるということでしょう。
なお、先ほどから名が出ている再調達価額というのは、被保険自動車と同一の車種と年式、損耗度の自動車を購入する際の価格であり、契約時の市場販売価格相当額が基準となります。
上記にもありますが、保険価額はこうした再調達価額や時価額を参考に決められるのです。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


契約前の確認事項に関する用語


上に戻る