楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 中断証明

中断証明について (自動車保険用語集)

中断証明【ちゅうだんしょうめい】

車が不要になって廃車にしたり、長期海外出張などでしばらく日本では車に乗らなかったりする時に、今の自動車保険の契約を、中断証明を発行してもらうことで一時中断することができます。
条件を満たせば、再度車に乗る時に中断前の等級を引き継ぐことができる仕組みです。


中断証明【ちゅうだんしょうめい】の詳細について

何らかの理由で自動車を手放す、所有しなくなるというとき、契約中の自動車保険もやめようと考えるのが普通でしょう。
しかし、自動車保険を解約するということは、そこまで積み上げてきた等級が消えるということを意味します。
そうなると、現時点で10等級だった人が解約し、その何年かあとに再び自動車を所有して保険に入ろうとしても、等級は新規時の6等級からスタートするということになるのです。

そこで、自動車保険を中断するという手続きが重要になります。
この中断という手続きを行うことで、現時点の契約を一時的に止め、数年後に再開するというのであれば、その等級を維持することができるのです。
先の例で言うと、現時点で10等級なら、再開時は10等級の自動車保険をスタートさせられるということになります。
この中断手続きはとても簡単なもので、保険会社に申し出て中断証明書を発行してもらえばいいのです。
再開する際は中断時の保険会社に限らず、大抵の保険会社で手続きを行うことができるでしょう。
中断証明書や新規自動車の車検証の写しなど必要なものをそろえ、早めに申し出るのが吉です。

ただ、どんなケースでも中断証明書をもらえるかというと、そうではありません。
原則として7等級以上でないと自動車保険を中断する意味がなく、自動車保険の解約日、満期日までに自動車を手放していることも中断証明書をもらえる条件となるでしょう。
中断証明書を発行してもらえる期間というのもあるので、保険会社ごとの注意点はよく見ておくべきです。
また、中断期間も無期限ではなく、中断日から10年以内となるので注意しましょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


契約中の変更や手続きに関する用語


上に戻る