トップ 自動車保険に関する用語集 記名被保険者

記名被保険者について (自動車保険用語集)

記名被保険者【きめいひほけんしゃ】

保険契約の対象となる車を主に運転する人であって、保険証券に記名被保険者として記載されている人のことをいいます。


記名被保険者【きめいひほけんしゃ】の詳細について

まず、自動車保険の契約者とは、保険会社と契約をして、保険料を支払う人のことであり、自動車を運転するかどうかは関係ありません。
一方、記名被保険者は上記の通り、保険契約の対象となる車を運転する人を指します。
つまり、自動車保険の補償の対象となる人のことです。
大事なのは、この記名被保険者を誰にするかということで、支払うべき保険料が変わってくるということでしょう。
たとえば、夫婦のどちらも運転はできるが、夫はゴールド免許でなく、妻はゴールド免許という家族があるとします。この場合、記名被保険者に選ぶべきはゴールド免許を持つ妻のほうです。

また、子も車を運転する家族があるでしょうが、保険料は年長者のほうが安く済むので、親を記名被保険者にしたほうがいいと言えます。
また保険料は、使用目的などでも変わってくるので、事前に確認したほうがいいでしょう。
ちなみに、記名被保険者の名義はいつでも変更可能ですが、変えることができるのは記名被保険者の配偶者か、同居している親族のいずれかになります。
単身赴任などで別居している配偶者ならば名義の変更は可能ですが、離れて暮らしている子どもは対象外となるので、注意しましょう。

名義の変更など考えないという人もいますが、記名被保険者があまり車を運転しなくなった、ほかの家族のほうが積極的に使うようになったという場合は、変更を検討しましょう。
また、自動車保険の割引等級についても引き継げますから、その意味でもよく考えるべきだと言えます。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る