楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 保険料

保険料について (自動車保険用語集)

保険料【ほけんりょう】

保険契約者が保険契約に基づいて保険会社に支払うお金の事をいいます。


保険料【ほけんりょう】の詳細について

どの保険でも保険料は安く済ませたいものですが、一方で保険料が安い保険では、いざというときの補償を受けにくくなります。
ただ、同じ補償内容でも保険会社によって保険料に差が出るということはありますから、保険会社ごとの保険料の大小はしっかりと見極めるべきでしょう。
自動車保険に関して言えば、かつては同一人物が保険を組もうとすると、どの保険会社でも同じ保険料になっていました。

しかし、90年代末の自動車保険の自由化から状況は変わり、保険会社が独自に値段を設定できるようになったのです。
現在では保険会社が違えば自動車保険の中身はもちろん、保険料が変わるのも当たり前ですから、よく探す必要があるでしょう。

保険料を安く済ませるにはさまざまな方法が考えられます。
基本条件としては、無事故を示すゴールド免許や、事故のリスクが低いと見なされる高い年齢、安い車種を探すなどが挙げられるでしょう。
心がけてほしい点としては、定期的に自動車保険を見直すことや、家族限定保険や複数所有割引など、特定の条件で安くなる保険を探すことも有効です。

一方、自動車保険の補償範囲を絞って安くする方法も有効だと言われますが、あまりに範囲を限定しすぎると、いざというとき適用されず、保険が役に立たなくなる恐れもあります。
近年は事故を起こして保険金を受け取ると、翌年以降の保険料の支払いがかなり厳しくなる傾向にありますから、そうした保険の制度の変化についても注意したいところです。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る