楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 新車特約(車両新価特約)

新車特約(車両新価特約)- 用語集について (自動車保険用語集)

新車特約(車両新価特約)【しんしゃとくやく】

自動車事故で車が壊れて、修理費用が新車価格の50%以上になった場合に新車に買い替えができる特約です。
ただし、保険期間の最後の月が初度登録から一定の期間内であること等、条件が付く場合があります。


新車特約(車両新価特約)【しんしゃとくやく】の詳細について

この特約は保険会社によって名称がさまざまで、車両新価特約、新車取得費用補償特約などとも呼ばれることがあります。
ただ、その趣旨についてはどこも同じでしょう。
要するに、新車が大きな損害を受けた際、同じ新車を購入することができるというものです。

もう少し具体的に述べると、たとえば600万円の新車を購入してすぐ事故に巻き込まれ、新車の修理代が400万円かかるとします。
そのまま修理するのも1つの選択肢ですが、なかには同程度の新車を購入し直したい、と思う方もいるでしょう。
しかし、自動車保険の常識で言えば、この事故で補償されるのは修理代の400万円であり、新車の価格の600万円ではありません。
そこで、この特約の出番となります。
この特約があれば、修理代の400万円ではなく、新車の価格の600万円を補償してもらえるので、再び新車を購入することができる、ということになるのです。

ただし、上記にもありますが、この特約が利用できるようにするにはいくつかの条件があります。
まず、新車を購入していることが大前提であり、車両保険などの一般的な自動車保険に入っていることも必須です。
そして、新車が大きな損害を受けたという目安ですが、一般的には50%以上の修理費用を見込むでしょう。
次に期限ですが、保険会社によって2年から3年など、かなりの開きがある点も注意すべきなのです。

なお、もしこの特約の利用条件を満たす事故に遭って、それでも新車を買い替えないというのであれば、普通に修理費用の補償がされます。
新車の万が一を考えれば入っておくに越したことはないのですが、保険会社によって条件に細かな違いも多く、注意すべきではあるでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


主な特約・サービスに関する用語


上に戻る