トップ 自動車保険に関する用語集 他車運転特約

他車運転特約について (自動車保険用語集)

他車運転特約【たしゃうんてんとくやく】

個人が契約する自動車保険の多くに付帯されている特約で、自分や自分の家族が、他人の車を運転して事故を起こした場合、「他人の車」を契約車両とみなして、 自分の自動車保険で補償されるというもののことをいいます。


他車運転特約【たしゃうんてんとくやく】の詳細について

自動車保険とは、本来なら自分の所有する自動車を対象に契約するものです。
つまり、自分の運転する自動車を運転している際に適用されるのが原則で、他人の所有する自動車を運転して事故に遭っても、自動車保険は使えないことになります。
しかし、他人の自動車を運転する機会というのは、思いのほか多いものです。
遠出のレジャーで交代しながら運転する、やむを得ない事情で一時的に借りたなど、何かの拍子で借りることがないとは言えません。
そのような際、自動車保険を使えないのでは不安でしょう。

他車運転特約はこのような際に適用されますが、対象となる主な保険は対人、対物賠償保険や車両保険などとなります。
大まかに言えば、他人にケガをさせた、他人の物を壊した、借りている車を傷つけた場合などに、適用されるのです。
しかし、いつでも、誰でもいいというわけではありません。
まず対象としては、記名被保険者とその配偶者、さらに同居している親族などとなります。
そして、他人の車についても定義があり、契約者やその配偶者が所有していない車、というのが何よりの基本です。

ただ、上記の条件を満たしていても、運転する自動車が業務中であることや受託車の車である場合は、適用の範囲外となります。
また、言うまでもないことですが、無免許運転や飲酒運転といった重大な過失がある場合も適用されません。
当然ですが、他人の車を盗む泥棒行為についても、このような保険は適用されないのです。
多くの自動車保険でこの特約があることからもわかるように、便利なものであることは間違いありません。
ただ、他人の車を運転することのリスクは、よく考えたほうがいいでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の主な補償に関する用語


上に戻る