トップ 自動車保険に関する用語集 リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険について (自動車保険用語集)

リスク細分型自動車保険【りすくさいぶんがたじどうしゃほけん】

リスク細分型自動車保険は免許証の色や車の使用目的をなど、自動車を運転する時や運転する人の事故のリスクを細かく分類して保険料が計算される自動車保険です。
具体的には「運転者の免許証の色」「年間走行距離」「車の使用目的」「使用地域」等を保険料計算の要素に加えています。
リスクを細分化することで、リスクが低い人ほど保険料が安く、リスクが高い人ほど保険料が高くなる仕組みになっています。


リスク細分型自動車保険【りすくさいぶんがたじどうしゃほけん】の詳細について

万が一の事故に備えるのが自動車保険ですが、その万が一を起こす可能性というのは契約する人によって大きく異なるものです。
しかし従来の自動車保険では、契約内容が同じなら契約者が支払う保険料もほぼ同一でしょう。
とすると、本来なら保険会社にとって上客である事故を起こさない人が、事故を起こす可能性が高い人より損をしている、という見方もできるのです。

そこで登場したのが、リスク細分型自動車保険になります。
これは、契約者ごとに事故を起こす可能性をさまざまな要因から判断し、リスクの大小によって支払ってもらう保険料を決めるものです。
その要因というのは上記にある免許証の色や走行距離などですが、ほかにも年齢や性別、自動車の種別など合計9つの項目があり、これは保険業法によって決められています。

たとえば年齢なら、統計的に若い人のほうが事故を起こす可能性が高いので、保険料は高くなる、という具合でしょう。
こうしたリスク細分型自動車保険を選ぶと、同一の契約内容でも保険料は人によって違う、ということになるのです。
ただ、注意したいポイントとして、リスク細分型自動車保険は必ずしも安くなるとは限らない、という点が挙げられます。
このような保険を選ぶと従来の保険より安くなる、と期待する人が多いのですが、そうとは言えません。
仮に自分が事故の多い地域に住んでいるとか、普通の人よりかなり長い距離を走行するというリスクを抱えているとなると、かえって保険料が高くなるかもしれないのです。
どの自動車保険を選ぶ際も、まずはきちんと見積もりを出し、保険の内容もあわせて確認したうえで話を進めるのが重要でしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る