楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 免責金額

免責金額について (自動車保険用語集)

免責金額【めんせききんがく】

契約で決めた事故時の損害に対する自己負担額のことです。
主に金額の小さい損害について設定される自己負担で、自動車保険では車両保険に免責金額を設定することができます。
免責金額を設定することで保険料は安くなります。


免責金額【めんせききんがく】の詳細について

免責金額をいくらに設定するか、というのは自動車保険の車両保険を考えるうえで、かなり重要です。まず、事故を起こした際に払う額ですが、仮に免責金額を10万円としていると、車両の修理費が100万円かかる事故が発生した際、10万円分は自分で負担し、90万円を補償してもらえることになります。
もちろん、この場合は免責金額がゼロなら、すべての額を補償してもらえるのです。
また、費用が10万円までの場合はまず自己負担を優先するので補償が発生せず、自分ですべて負担しなくてはならないということになります。

それならば免責金額ゼロのほうがいいのでは、と思われますが、そうすると普段支払う保険料が高くなるのです。
車両保険を利用するようなことにならなければ、保険料は安いほうがいいわけですから、よく考えるべきだと言えるでしょう。
また、免責金額の設定は1回目の事故で5万円を負担し、2回目以降は10万円を負担するというように、ある程度の幅を持たせるのが通例です。
保険会社でよく見られる設定は、今述べた5万円から10万円という設定ですが、常にゼロという設定ももちろん可能となります。

それと、保険会社によっては免責金額ゼロ特約というものを盛り込んでいるところもあるのです。
これは1回目の事故で相手の車が確認できれば、免責金額をいくらに設定していてもゼロにできるというものになります。
こうした免責金額の設定と特約をうまく組み合わせることが、自動車保険を上手に使うコツと言えるでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る