トップ 自動車保険に関する用語集 等級カウント事故

等級カウント事故について (自動車保険用語集)

等級カウント事故【とうきゅうかうんとじこ】

事故を起こした翌年のノンフリート等級が3等級下がる事故のことを言います。
具体的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、車両保険などが該当します。


等級カウント事故【とうきゅうかうんとじこ】の詳細について

自動車保険には、契約者が支払うべき保険料を決める等級が設定されています。
無事故、無違反で保険のお世話にならなければ、契約を更新するたびに等級が上がるのですが、逆に保険のお世話になるようなら等級が下がってしまうのです。
その等級が下がる典型的な事例が、3等級下がる扱いの事故を起こしたケースとなるでしょう。

正確に言うなら、事故を起こしたから等級が下がるのではなく、事故を起こして保険を使用すると下がる、ということになります。
また、どんな事故でも即等級カウント事故になるのかというと、そうではありません。
大まかに言うと、他人の自動車や物を壊した対物賠償保険、他人を傷つけた対人賠償保険、壁などにぶつけて契約車両を壊した車両保険などが該当します。
搭乗者傷害保険の利用など、等級に影響しないノーカウント事故とされることもあるので、覚えておきましょう。

また、自然災害や落書きなどで車両保険を使うと、かつては等級すえおき事故とされました。
しかし、現在では一部の例外を除き1等級下がる扱いとなるので、こちらも要注意です。
原則としては、1等級ダウン事故かノーカウント事故以外は、3等級ダウンの扱いとなると覚えておけばいいでしょう。

また、等級カウント事故で3等級下がるのは次回の更新時ですが、仮に複数の等級カウント事故を起こしていれば、その回数分がカウントされます。
つまり、2回の等級カウント事故を起こすと、翌年の更新時には6等級下がるということになるのです。
意外に小さいと思える事故でも、自動車保険の契約に重大な影響を及ぼすことがあるので、気をつけないといけません。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


事故関連に関する用語


上に戻る