トップ 自動車保険に関する用語集 過失相殺

過失相殺について (自動車保険用語集)

過失相殺【かしつそうさい】

相手方がある事故において損害賠償額を算出する際に、被害者に過失があれば、その過失割合に応じて加害者の負担する損害賠償額を減額することをいいます。


過失相殺【かしつそうさい】の詳細について

そもそも、自動車事故というのは加害者だけが一方的に悪いとは限りません。
自分が被害者であっても、自分と相手の双方の過失で発生することもあるでしょうし、どちらか片方だけの過失というほうが少ないとも言えます。
そして、両者に過失があった場合、どちらにどの程度の過失があったか、その割合を判断するのが、上記でも触れている過失割合です。

この過失割合は、たとえば7対3、あるいは6対4というように、相手の過失と比較して決められます。
この割合をどのように決めるかということですが、これは過去に起きた同種の事故とその裁判例をもとにしています。
もっとも、厳密にすべて同一の事故というものはあり得ませんから、過失割合に納得できない場合は交渉することもあるでしょう。
そして、その過失割合に基づき、相手に負担してもらう額を決めるのが過失相殺ということになります。
もし被害額が1000万円だとしても、被害者の過失が3割ほど、つまり7対3の過失割合であれば、加害者が支払う額は7割の700万円でいいということになるのです。

ただ、この過失相殺は自賠責保険か任意保険かによって、大きく変わってきます。
自賠責保険の場合、被害者に7割以上の相当な重い過失がない限り、減額は行われません。
これは自賠責保険が被害者保護を優先するためです。
しかし、任意保険の場合は過失割合に基づき、さらに自賠責保険の適用範囲も考慮して過失相殺が行われることになります。
また、自賠責保険の場合も、被害者に一方的な事故原因がある場合は、被害者保護とはならず、自賠責が免責、つまり保険金が支給されないので注意しましょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


事故関連に関する用語


上に戻る