トップ 自動車保険に関する用語集 休業損害

休業損害について (自動車保険用語集)

休業損害【きゅうぎょうそんがい】

自動車事故でケガをした人が、仕事を休んだことにより、本来得られるはずであった収入が得られなくなることによる損害をいいます。


休業損害【きゅうぎょうそんがい】の詳細について

自動車事故でケガを負い、入院や自宅療養を余儀なくされることはあり得ます。
そうなると、普段行っている仕事を休まざるを得なくなるのも場合があります。
自動車保険は、こうした休業損害をもとにした休業補償も考えることになるのです。
この補償額は、休業損害で認定された日数と1日あたりの金額をもとに算出します。

その対象となる日数ですが、これは実休業日数、つまり実際に休んだ日数を最初に出し、そのうえで被害者のケガの状態や治療期間などを考慮し、判断するのです。あまりに長期間となると加害者の保険会社と交渉が必要になることもありますが、事故の状況は1件ごとに違うので、明確なルールというものが存在しないのが実状でしょう。
ただ、基本的には治療期間の範囲内で常識的に考えられる程度、と考えていいはずです。
そして、1日あたりの金額ですが、これは原則として1日5700円とされています。
ただし、源泉徴収票などを提出してもっと収入があることを証明できれば、1日あたり1万9000円を最高額として、適正な補償額が算出されます。
この金額ならば年収が400万円台の方と同等の金額となります。
また、収入が安定しない自営業者は、こうした補償額を決めるのが難しく、交渉が長引くこともあります。

また家事従事者、つまり専業主婦の場合は、1日5700円ながら休業補償が認められます。この金額の場合、休まず働いても年収は200万円前後ということになりますが、あくまで補償ということを考えると、収入を証明できないこともあり、やむを得ないのかもしれません。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


事故関連に関する用語


上に戻る