トップ 自動車保険に関する用語集 免責条項

免責条項について (自動車保険用語集)

免責条項【めんせきじょうこう】

保険が適用されない場合(保険金が支払られない場合)について定められた条項のことをいいます。


免責条項【めんせきじょうこう】の詳細について

一般に言う自動車保険とは、強制加入の自賠責保険とは違う、任意の自動車保険を指すでしょう。
任意の自動車保険は自賠責と比べて補償の範囲が広く、多くの人にとって万が一の際の支えとなる存在になります。
しかし、どんなときでも役に立つかというとそうではなく、保険金が支払われないケースもあるのです。

その例外を定めているのが免責条項となります。
免責とは保険会社が責任を免れるという意味であり、契約者からすればその条件を満たすと、保険金が下りないことを意味するのです。
細かく挙げるには保険会社ごとの免責事由を参照しないといけませんが、大まかな共通点としては、契約者の重大な故意や自然災害、競技や曲芸で使用した際の損害などがあるでしょう。

そのほか、自動車保険の項目別に見ても、それぞれの免責事由というのは存在します。
対人、対物賠償責任は親族間の事故で適用されない、車両保険はパンクなどタイヤのみに生じた損害で適用されないなどは、そうした免責条項の一例でしょう。
具体的にどういう免責条項があるのかを知るのは、自動車保険の契約を結ぶ、すべての人が知るべきことです。

ちなみに、免責条項は保険会社の責任逃れだけのために存在するのではありません。
自動車保険の免責条項を設けることで保険会社のリスクを軽減し、結果的に保険料が安く済む、利用しやすくなるという契約者側の利点もあるのです。
免責条項をなくす特約を結べばその分高い保険料を支払うわけで、どういうリスクを負うかは自分自身でよく考えるべきでしょう。
その意味でも、自動車保険の免責条項を知るのは大事だと言えます。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る