トップ 自動車保険に関する用語集 免責証書

免責証書について (自動車保険用語集)

免責証書【めんせきしょうしょ】

事故の当事者(保険会社含む)が事故の解決内容を文書にしたものをいいます。
事故解決後、保険会社より被害者に署名捺印の依頼があります。

※示談書は当事者双方の署名捺印が必要であるが、免責証書は被害者側の署名捺印だけでよい。


免責証書【めんせきしょうしょ】の詳細について

般の方からすると、事故が起きたあとに交渉を行うとすると、最終的に署名捺印を行うのは示談書だと思いがちです。
しかし自分が被害者の側であるなら、保険会社からまず送られてくるのは免責証書のほうでしょう。
交渉を終わらせるという意味では基本的にどちらも違いはありませんが、両者には大きな性質の違いがあります。
簡単に言うと、免責証書とは損害賠償の請求権を持つ被害者の側が、賠償義務を負う加害者の義務を免責するというものです。
一方、示談書とは両者が交渉を終わらせることに合意するというものであり、端的に言えば最終的な契約書となります。
上記にあるように、免責証書は被害者だけの署名捺印だけで成立しますが、示談書は双方の署名捺印があって、初めて成立します。
それでは、示談書さえあればいいのではないか、と思われるかもしれません。

そもそも、免責証書を発行する理由についてですが、これは任意保険の支払いの仕方に関係するのです。
自賠責保険と違い、任意の自動車保険は被保険者と損害賠償請求権者の合意、あるいは裁判による最終的な判決がないと一切の支払いを行うことができません。

しかし、損害賠償の請求権者が、これ以上は賠償を請求しないことを書面で承諾した場合でも支払いを行うことは可能となります。
両者が合意したことを示す示談書が成立しても賠償は行われますが、こちらは加害者の合意も必要となるので、免責証書より時間がかかることになるでしょう。
そのため、むしろ被害者の迅速な救済のためにこそ、免責証書は存在すると言ってもいいのです。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


事故関連に関する用語


上に戻る