トップ 自動車保険に関する用語集 ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約について (自動車保険用語集)

ファミリーバイク特約【ふぁみりーばいくとくやく】

記名被保険者とその同居の家族が、ファミリーバイク(125cc以下)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故(単独事故)によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる特約のことをいいます。


ファミリーバイク特約【ふぁみりーばいくとくやく】の詳細について

ファミリーバイク特約の概要は上記の通りですが、ほかの保険にあまりない特徴として、被保険者が乗るバイクを特定しないという点が挙げられます。
これは自分の所有するバイクだけに限るというのではなく、他人のバイクに乗って事故を起こしたとしても、補償の対象になるということです。
自動車保険では、所有する自動車のみに補償が限定されますから、他人の自動車に乗るなら条件を広げられる特約をつけないといけない場合があります。
ファミリーバイク特約は、この点でとてもありがたいものだと言えるでしょう。

ちなみに、ファミリーバイクには人身型と自損型の2つがあります。
人身型は対人、対物、人身傷害が対象となり、他人に被害をおよぼした場合に効果を発揮するでしょう。
ただ、こうした特約の場合は、まずベースとなる自動車保険で人身傷害を保障する内容になっていることが前提となります。
一方の自損型は、その名の通り自損事故を起こした場合に適用され、ほか、対人、対物にも効果がある特約です。

ただ、こうしたファミリーバイク特約は、あくまで特約であり、どんな状況でも即座に支払われるものではないということを忘れないようにしましょう。
仮にバイクで事故を起こした場合、まず考えられるのは自賠責保険での支払いであり、自賠責で負担しきれない部分について、はじめてファミリーバイク特約が有効だということになります。
自動車保険のバイク特約に入ってさえいればバイクの自賠責保険はなくてもいい、ということにはならないので、ここは忘れないようにしましょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


主な特約・サービスに関する用語


上に戻る