楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 重複保険

重複保険について (自動車保険用語集)

重複保険【ちょうふくほけん】

同一の保険の目的物について、複数の保険契約を結ぶ事をいいます。
日本の商法では同じ日に結ばれた保険契約は個々の保険金額の合計保険金額に対する割合で各保険者が損害を分担する、となっています。


重複保険【ちょうふくほけん】の詳細について

重複保険というのは、単純に考えれば言葉の通り、複数の保険契約を結ぶことであり、上記の通りです。
しかし、実際にはさまざまな重複のケースがあり、一言では説明できません。
ですが自動車保険に限った話で言えば、そもそも自動車保険というのは1台の車につき1つの契約と決められているので、重複保険はできない、ということになります。
もちろん、保険会社に黙って契約をすることも可能でしょうが、すぐ発覚することになるでしょうし、万が一事故にあった場合、どちらの保険からも保険金を受け取れないことにもなるでしょう。

しかし、自分と相手の保険の双方から同じ効果を望むことはできる、というのも事実です。
もし事故にあって自分がケガを負うとすれば、自分の自動車保険から搭乗者傷害保険などを受け取り、相手の自動車保険からは対人賠償保険を受け取ることができるでしょう。
もちろん、そうした自動車保険に双方が入っているのが前提であり、相手の過失があると認定されれば、ということになりますが、こうした効果の重複は認められるのです。

また、自動車保険とほかの保険で効果が重複する場合も、これが認められます。
たとえば自動車事故にあった際、契約者がケガを負うか亡くなるようなことになれば、自動車保険だけでなく生命保険や医療保険といった、その状況に見合った保険の請求ができるのです。
場合によっては、事故にあうことで損害以上の保険金を受け取ることもあるでしょうが、これは認められる範囲でしょう。
重複保険というのは契約そのもので見ればあってはならないようにすべきではありますが、個々のケースによっては効果が重複するものもあり、そこは留意すべきだと言えます。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る