トップ 自動車保険に関する用語集 特約

特約について (自動車保険用語集)

特約【とくやく】

主契約にオプション的に付加することで、保障内容をより充実させようという目的の部分のことを言います。
特約のみでの契約はできず、また複数の特約を主契約に付加することができます。


特約【とくやく】の詳細について

自動車保険本来の目的にはないものの、特別に付すことでその保険の利用価値をもっと上げる、それが特約の価値ということになります。
もっとも、現在では保険会社や自動車保険ごとに多様な特約があり、どれを選んでいいか判断に迷うことでしょう。
また、特約の厄介な点として、その適用条件をよく考えないといけないということが挙げられます。
上記にもあるように、特約だけの契約ができない、というのはまだわかりやすいでしょう。
しかし、特定の保険のみに付加できる特約があれば、別の特約とあわせることはできない特約など、さまざまな制限が加わります。
これに、利用条件まで考えるとなると、そう簡単に特約を付加していいものではないことがわかります。

もっとも、上手に利用すれば自動車保険をより良く運用できるのも特約の特徴です。
たとえば適用されれば保険料を下げる効果がある特約というのは、保険料の負担を抑える意味で有効でしょう。
特約としては一般的な補償の範囲を広げるものについても、自分の利用頻度に応じて特約の内容が合致すれば、特約を盛り込む価値は大いにあるのです。

それと、特約のなかには自動車保険を組んだ際、自動的に付加されるようなものもあります。
車両全損時臨時費用特約などがそうですが、このような特約は利用する頻度が高いからこそつくものであり、無理に外すことを考えなくても構わないでしょう。
ただし、保険会社によってはそうした特約をあえて外すこともあります。
自動車保険を考えるなら、保険の基本的な契約内容はもちろんのこと、どのような特約があるのか、逆にないのかということも知るべきでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る