楽天自動車保険一括見積りを初めてご利用の方 エントリー+条件達成でぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

エントリー+条件達成で 楽天自動車保険一括見積を初めてのご利用の方 ぬいぐるみがもらえる!

トップ 自動車保険に関する用語集 示談

示談について (自動車保険用語集)

示談【じだん】

民法上の紛争の解決方法のひとつで、裁判によらず賠償額などを当事者間の交渉によって決める和解契約のことをいいます。


示談【じだん】の詳細について

自動車保険に関する示談というのは、交通事故を起こせばほぼ確実に発生する作業の1つと言えます。
上記のように当事者間で交渉を行い、基本的には加害者から被害者へ相応の金額を渡し、これ以上は請求をしないという契約を交わすことになるのです。

ただ当事者間の交渉というと、加害者と被害者が面と向き合って話し合うようなイメージにがありますが、実際には保険会社や弁護士などが担当します。
任意の自動車保険に入っていれば、まずはその保険会社に任せるべきでしょう。
示談交渉から保険金の支払いまで行ってくれる保険会社であれば、万が一の際の安心感は強いものです。

しかし、仮に自動車保険は自賠責しか入っておらず、任意の自動車保険に入っていないという場合は、自分で行うか弁護士などに相談する必要が出てきます。
また、自分が交通事故の被害に遭い、加害者が任意の自動車保険に入っていないという場合も要注意です。

それと、先にも申し上げましたが、示談というのは話し合いが終わればこれ以上請求しない、という契約を交わすことになります。
そのため、あとになって障害が残っていることがわかったので追加で請求したいとなっても、示談後の勝手な条件の追加や請求はできないのが常識です。
そのため、被害者の立場であれば、どこまでで示談とするかというのは慎重に考えるべき点だと言えます。
とくに、傷害事故の場合は示談をはじめるタイミングからよく考え、あとになって悔やむことがないようにすべきでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


事故関連に関する用語


上に戻る