トップ 自動車保険に関する用語集 時価(時価額)

時価(時価額)について (自動車保険用語集)

時価(時価額)【じか】

自動車保険においては、補償の対象となる車の一般的な市場販売価格相当額のことををいいます。


時価(時価額)【じか】の詳細について

交通事故が起き、自分の自動車が全損あるいはかなりの修理を要するようになった際、その費用を自動車保険から出してもらおうと考えるのは当然のことでしょう。
しかし、その費用を希望額どおり出してもらえるかというと、そう簡単な話ではなく、一定の枠というものが存在します。
その枠というのが、補償の対象となる自動車の現状の価値、つまり時価ということになるのです。

しかし、この時価というのは自分で考えているより、はるかに安くなることが多いと言えます。
その理由としては、多くの方がその自動車の時価を、市場価格そのままで捉えてしまうからでしょう。
確かに、時価と名がつく以上は市場価格と同義と考えるのも無理はないのですが、市場での価格というのは業者の利益なども加味してつけられます。
そのため、自動車保険で考えられる時価というのは市場価格よりもっと安く、どちらかと言えば下取りに出した際の価格のほうが近いと言えるでしょう。

もちろん、これもあくまで近いという話であり、下取り価格と同義ではないことに留意すべきです。
そして、この時価が適用されるのは自動車保険のなかでも対物賠償保険であり、車両保険ではないことを覚えておきましょう。
この対物賠償保険では、時価を上回った場合の備えとして対物全損特約などが用意されていますが、こうした特約でも確実に備えられるかは難しいところです。
ただ、より手厚い自動車保険になるのも事実ですから、考えてみる価値はあるでしょう。


※各用語の説明については一般的なものとなっており、保険会社によっては定義が異なる場合があります。
ご契約をされる際は必ず保険会社のウェブサイト等で、商品内容をご確認くださいますようお願いいたします。


自動車保険の仕組みに関する用語


上に戻る